[ネタバレ注意]『地上100階〈脱出確率0.0001%〉』第3巻|樹の失われた記憶が少しずつ明らかに…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」でランキング第1位を獲得し、累計20万部を突破した『地上100階<脱出確率0.0001%>』、その第3巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 3巻 (LINEコミックス)

小石絹代を挟んで樹とアスマがにらみ合っています。

 

〜追記〜
第4巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『地上100階 〈脱出確率0.0001%〉』の記事一覧

 

このマンガ、タイトルだけ見ると淡々とデスゲームをこなしていくストーリーかと思いがちなのですが、意外とそうではありません。

実際に2巻までにあった大きなミッションは1つだけで、それ以外は人間関係やダンジョンの秘密などが描かれ、物語としてしっかり入り込んで読み進めていくことができます。

タイトルだけで避けてしまっている人は、ぜひ実際に手にとって読んでみてもらいたいですね。

 

今回の記事では、そんな『地上100階<脱出確率0.0001%>』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

<『地上100階<脱出確率0.0001%>』第3巻を無料で読む方法>

文字だけでなく『地上100階<脱出確率0.0001%>』をマンガとして読みたい方には、以下のフジテレビの動画見放題サイト「FODプレミアムへの無料おためし登録」をオススメしています。

以下のリンクからAmazonアカウントを利用して「FODプレミアム」に申し込むと、最大1300円分のポイントをボーナスとしてもらえるので、この『地上100階』第3巻を無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料おためし登録してみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

FODプレミアム(31日間無料)

 

『地上100階<脱出確率0.0001%>』2巻の振り返り

以下の記事に『地上100階』第2巻の見どころをまとめています。

『円柱水路の間』クリアしたのは20人中半分以下の7人のみ。

しかも全員が無事というわけではなく、樹とアスマは命に関わる重傷を負っています。

そんな彼らの前に回復アイテムが現れたのですが、それに見合った対価として「小石絹代の体」が要求されます。

果たして彼女はこの要求に応えてしまうのか…?

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『地上100階<脱出確率0.0001%>』3巻の見どころ&感想

ミッション『アンフィル』クリアで『中回復』ゲット

回復アイテムの対価として「体」を要求された絹代は、なんとその要求に素直に従います。

どうやら彼女は樹への罪悪感からこの無茶な要求に応えているようなのですが、途中で彼女が彼に言った「これくらいしなきゃ私は絶対許してもらえない…」という言葉が非常に気になりますね。

しかし絹代が自分の罪を全て告白しようとした時、アンフィルがその言葉をさえぎり、怪我をしている4人全員に『中回復』のスキルコードが与えられました。

実は、このステージは元から全員を回復させるつもりで、その「回復の程度をアンフィルが見せるショーの内容で客に決められる」というミッションだったのです。

 

このミッションで樹の失われた記憶と絹代の抱える罪が少し明らかになりました。
ですが、謎はさらに深まっていくばかりです。

ミッションクリアと同時に、絹代の「樹に関する記憶」も消されてしまったため、回復できたとはいえ、まだまだ彼らには困難が待ち受けていそうですね。

 

樹の記憶にあるかつての仲間の少女が登場!

樹は今は記憶が消されてしまっていますが、このバベルダンジョンに来る前に『みさき』という男の子ともう一人の女の子、この3人でバベルダンジョンの攻略法を調べていたようなのです。

その女の子が、次のミッション『索道の間』で登場します。

ケーブルカーに乗り、順に通過していく13の駅のどれか一つを選んで降りるというこのミッション。

しかし、そんなに単純なはずもなく、ケーブルカーには爆弾を持った大量の猿のバケモノが襲いかかってきます。

そんな状況で、樹たちを助けてくれたのがあの樹の記憶にある少女でした。

彼女は強力なコードをいくつか体に宿しているようで、遠くのケーブルカーから槍を投げて猿を撃退してくれたのです。

 

残念ながら乗っているケーブルカーが違うため合流はできませんでしたが、これから先ダンジョンを攻略していけばいつか彼女に会えそうですよね。

樹の記憶の秘密にも関わっている彼女、再び登場する時が楽しみです。

 

『牛の駅』でミッション『眠り牛の間』開始!

ケーブルカーを『牛の駅』で降りた7人を待っていたのは、次のミッションである『眠り牛の間』でした。

このミッションのクリア率は8%、三角形のエリアの周りには3つの牛のオブジェがあります。

樹、水嶋、土田の3人がその3つのオブジェを調べた結果、真ん中の牛のオブジェの口の中にチェーンソーと人数分の『全回復』のコードが、そして左右のオブジェに秤(はかり)のようなものがありました。

そしてクリア方法は、「左右の牛に20kg」または「眠り牛に60kg」、どちらか好きな方を選べというあいまいな条件しか伝えられていません。

しかし、その3人がオブジェを調べている間に、中央の三角形のエリアではとんでもないことが起きていました。

なんと、長壁がアスマを宙に浮いたこのエリアから突き落としてしまったのです

見たこともない凶悪そうな表情を浮かべる長壁。
彼の目的は一体何だったのでしょうか。

 

ミッション、長壁の行動、ともに気になるところではありますが、この第3巻はここでおしまいです。

 

まとめ

ようやく『円柱水路の間』に続く新たなメインミッションが始まりましたね。

チェーンソーと秤(はかり)、これだけでなんとなく想像がつきそうですが、次巻はどうやらこれまで一緒に戦ってきた仲間同士で争うことになりそうです。

それにしても、主役級のキャラだと思っていたアスマが、モブ的なポジションだと思っていた長壁に突き落とされてしまいました…。

こんなところであっさりリタイアしてしまうとは少し考えにくいのですが、アスマのことですし、きっとまだなんとか生きていることでしょう。

次巻以降の展開からも、目が離せませんね。
楽しみです。

 

〜追記〜

『地上100階<脱出確率0.0001%>』4巻の感想記事

以下の記事に『地上100階<脱出確率0.0001%>』第4巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

「FODプレミアムへの無料おためし登録」で『地上100階<脱出確率0.0001%>』第3巻を無料で読む場合はこちら

FODプレミアム(31日間無料)

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください