[ネタバレ注意]『ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと』第12巻|ゾンビ世界を救うワクチン研究者を追え!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、ゾンビ溢れるパンデミックな世界を一変させる可能性を秘めたワクチン研究者と抗体持ちの少女を追う『ゾン100』第12巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(12) (サンデーGXコミックス)

夕焼けが映える海辺で楽しそうに遊ぶアキラたち一行が描かれています。

小さくですが左上の方でタケミナとチョップさんが肩を組んでいるのも微笑ましいですよね。

 

〜追記〜
第13巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと』の最新記事一覧

 

さて、この第12巻ではこれまでアキラたちが日本縦断しながら追い求めてきた、ゾンビ世界における切り札とも言える“ワクチン研究者”が登場します。

そしてその研究者と同時にゾンビウィルスに対する抗体を持った少女も登場し、物語は大きな転機を迎えようとしていました。

しかし最後にはかつてないほどの絶望的な展開も描かれており、1冊を通して希望と絶望が渦巻く展開が繰り広げられていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『ゾン100』の第12巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『ゾン100』を無料で読む方法!

文字だけでなく『ゾン100』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『ゾン100』第12巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年5月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『ゾン100』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事には上記以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ゾン100』11巻の振り返り

以下の記事に『ゾン100』第11巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第12巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『ゾン100』12巻の見どころ&感想[ネタバレ]

ついにシズカさんがアキラに秘めた想いを伝える!?

前巻の最後にゾンビだらけとなった豪華クルーザーから海に落ちたアキラとシズカさんは、そのまま潮に流されて無人島へと流れ着いていました。

人間が2人しかいないこの島で、助けが来るまで力を合わせて生き延びなくてはならなくなった2人。

ですがシズカさんはクルーザーでアキラが他の女性と「寸前」な状態だったことにまだ腹を立てており、彼らは別々に無人島で生き延びる術を探ることにします。

ただ、その過程でアキラに対する怒りがアキラへの恋心から来ていることに気がついたシズカさん。

そして彼女はアキラとのギクシャクした空気が解消されたタイミングで、薪を拾いに行ったアキラに背中越しに「あなたのことが好きみたいなのよ」と想いを告げたのです。

しかしその相手は実際はゾンビだったので結局2人はまたゾンビに追われる展開となり、彼女の想いはまだアキラには伝わりませんでした。

今は自分の想いに気づきそれを口にできただけで満足そうなシズカさん。

いつか彼女の想いがちゃんとアキラに伝わるといいですね。

 

アキラとシズカさんがワクチン研究者の痕跡を見つける!

無人島でゾンビに追われ、森の中のうさぎの通り道を逃げ進んでいくことにしたアキラとシズカさん。

そんな2人が行き着いた先は、クルーザーの持ち主だったジョージさんが遊び場にしていた拠点でした。

そこでアキラは「ゾンビになるまでにしたい1のこと」と書かれた、ワクチン研究者の手帳を見つけます。

その中には日記が書かれており、「ゾンビウイルスの抗体を持った人物を見つけた」ことや、「福岡の沿岸部にある薬品工場でワクチンの研究を続けることにする」といった内容が記されていました。

そしてそれを読み終えたタイミングでケンチョたちがクルーザーで無人島まで迎えに来てくれ、彼らはここからワクチン研究者と抗体持ちの人物が目指している“福岡の薬品工場”に向かうことにします。

 

アキラたちとワクチン研究者がついに合流!

福岡にたどり着き「SLを運転する」というやりたいことを叶えながら薬品工場へと向かっていた矢先、アキラたちはついにワクチン研究者のツルさん抗体持ちの泉奈という少女の2人を見つけ合流することができました。

そして2人をキャンピングカーに乗せて、一行は目指していたワクチン研究施設のある薬品工場へとたどり着きます。

しかしその工場は自家発電で現在でも厳重なセキュリティ機能が稼働しており、彼らは生きている人の気配もない工場へどうやって入れば良いのか頭を抱えることになりました。

しかしそんな彼らを横目に泉奈はゲートの横にいた警備員のゾンビに向かって腕を伸ばし、そのまま噛まれることなくICカードを手にしてみせたのです。

どうやら彼女は抗体を持っている影響でゾンビウイルスが襲う対象者から外れているみたいですね。

そうして彼らは薬品工場へと入れるようになったのですが、ここでシズカさんの身にかつてないほどの絶望が襲いかかることになります。

そんな状況になって大声で泣きながら、リストに書かれた「最愛の女性と出会う」という項目をすでに達成していたことに気が付くアキラ。

はたしてシズカさんはその絶望的な状況から無事に生還することができるのでしょうか?

彼女の身にいったい何が起こったのかは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『ゾン100』第12巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

北は北海道まで足を運んだアキラたちの旅路もようやく九州に入り、日本縦断も物語の展開もいよいよクライマックスといった感じになってきましたね。

ちなみに今回は「無人島に住む」「断食してみる」「ドラム缶風呂に入る」「SLを運転する」「最愛の女性と出会う」の5つの項目を達成していました。

それによってアキラたちの「ゾンビになるまでにしたい100のこと」も60個達成したことになり、まだ100個出揃ってはいませんがこちらも順調にオールクリアに向かって進んでいるみたいです。

とはいえ次巻はシズカさんを襲った緊急事態を乗り切るため、かなり緊張感のある展開が描かれていきそうなんですよね。

はたして彼らはシズカさんを救い、ゾンビ世界を救うワクチンを手にすることができるのでしょうか?

どうかシズカさんには無事でいてもらって、アキラと共にお互いに対する想いを伝え合って欲しいものです…。

 

〜追記〜

『ゾン100』13巻の感想記事

以下の記事に『ゾン100』第13巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『ゾン100』第12巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ゾン100』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『ゾン100』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『ゾン100』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『ゾン100』は無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「サンデーうぇぶり」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『ゾン100』第12巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp