[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』最新第27巻|マイキーへの“リベンジ”に向けタケミチが動き出す!

Pocket

今回は、ブラフマン、六波羅単代、関東卍會による“三天時代”編から、最高に心湧き立つ“新展開”へと進んでいく『東京卍リベンジャーズ』第27巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

東京卍リベンジャーズ(27) (週刊少年マガジンコミックス)

鮮やかな衣装に身を包んだ瓦城千咒が可愛らしく、そしてカッコ良く表紙を飾っています。

 

さて、前巻から始まった“三天時代”の3チームが直接激突することになった「三天戦争」ですが、なんとこの第27巻の冒頭であっさりと終幕を迎えてしまいます。

しかしその後、これまでは梵の一員として目立った活躍のなかったタケミチが、ようやく“主人公”らしい動きを見せてくれるんです。

しかもそれをきっかけに作品史上最高にアツい展開へと進んでいきそうで、ここから先の展開に対する期待感を一気に高めてくれるような1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな『東京卍リベンジャーズ』の第27巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』第27巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『東京卍リベンジャーズ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『東京卍リベンジャーズ』第27巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。
無料期間中の解約なら料金はかかりません。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」が気になる方はこちらから↓

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

※本ページの情報は2022年5月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

マンガを無料やお得に読むならコレ!オススメの電子書籍サイトやマンガアプリまとめ

 

『東京卍リベンジャーズ』26巻の振り返り

以下の記事に『東京卍リベンジャーズ』第26巻の見どころをまとめています。

[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』第26巻|梵、六波羅単代、関東卍會による三天戦争が勃発!

 

では、さっそく第27巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』27巻の見どころ&感想[ネタバレ]

三天戦争、終結。タケミチの安否は!?

この第27巻は満身創痍のタケミチが病院のベッドで横たわっているシーンから幕を開けます。

前巻の最後で彼は“黒い衝動”に駆られたマイキーに殺されそうになっていましたが、そこに千咒が割って入って彼を助けたみたいですね。

ただ、すでに戦える状態じゃなかった彼女はマイキーに頭を下げ「梵の解散」を宣言したことで、抗争は終結となったそうです。

そしてその結果、三つ巴だった三天時代は終わりを迎え、六波羅単代を吸収した関東卍會が天下を取る形となりました。

 

前巻の最後のシーンのマイキーを見ていると、本当にタケミチを殺しかねない冷酷な表情をしていたので不安だったのですが、ひとまず一命を取り留めていたようで安心しました。

それでも、ボロボロの状態で千冬から「ドラケンくんが死んだのはオマエが過去に戻ってきたせい」と責められるタケミチの姿は正直見てられなかったですね…。

ただ、その後にヒナからかけられた言葉をきっかけに、タケミチは覚悟を決めて「みんなを頼って巻き込んで一緒にマイキーを助ける」ための行動を開始します。

 

タケミチが“最高のチーム”を作るために仲間を集める!

退院したタケミチは、不幸なマイキーを助けるための“最高のチーム”を作るために仲間集めを開始します。

まず千冬、次に八戒、イヌピーと、かつての仲間たちを訪ねていくタケミチ。

そんな急な誘いにも関わらず、彼らは「タケミチの頼みなら」とみんな快くチームに入ることを承諾してくれました。

特に三ツ矢は、「日本服飾文化新人賞」というデザイナーとして栄誉ある賞の最優秀賞を辞退してまでタケミチのチームに入ってくれたのです。

そして彼の加入後、パーちんとペーやん、スマイリーとアングリーもチーム入りしてくれ、これで“新生チームタケミチ”は9人となりました。

ここからタケミチは、後もう1人「どうしても誘いたいヤツ」に声をかけにいきます。

 

最終章に入ってバラバラだったかつての東卍のメンバーたちが、タケミチの声かけでまた1つのチームになっていく展開はかなりアツいものがありますよね。

タケミチが彼らに信頼されているのをみていると、なんだかこっちまで嬉しくなってきます。

また上記では割愛しましたが、三ツ矢が「日本服飾文化新人賞」に挑むシーンでは彼が『双龍』をテーマにデザインした服を実際に見ることができます。

かなりカッコイイデザインになっていたので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

 

タケミチが総長を務める「二代目 東京卍會」誕生!

タケミチが10人目のメンバーとして声をかけに行ったのは、元「梵」のトップである千咒でした。

三天戦争で自分の力不足を痛感し、またチームを解散させてしまったことですっかり塞ぎ込んでしまっている千咒。

そんな彼女にタケミチは「関東卍會をひっくり返しに行こう」と誘い、彼女はそれに応えます。

こうして、タケミチを総長とし、スマイリー、パーちん、三ツ矢、イヌピー、千咒を隊の隊長に置いた、総員50人を超える「二代目 東京卍會」が発足しました。

この第27巻は、決起集会でタケミチが関東卍界への、そしてマイキーへの“リベンジ”を誓ったところでおしまいとなります。

 

タケミチが千咒を誘うシーンでは、「千咒が抱えるマイキーの“衝動”についての“責任”」に関する過去エピソードが描かれていました。

そこではマイキーが最初に“衝動”に駆られたきっかけと、三途春千夜の口が裂けた原因が明かされ、それを語った千咒は「自分のせいでみんなが変わった」と後悔の念に駆られて涙を浮かべていました。

一体彼らの過去に何があったのでしょうか。

その気になる過去エピソードは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『東京卍リベンジャーズ』第27巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

マンガを無料やお得に読むならコレ!オススメの電子書籍サイトやマンガアプリまとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

最終章は梵と六波羅単代と関東卍會の三つ巴の抗争をメインにずっと続いていくものだと思っていたのですが、それにあっさり終止符が打たれたのには驚きました。

しかし、それ以上にタケミチがかつての仲間たちを集めて「東京卍會」を再結成する、という展開へのワクワク感の方が大きかったですね。

しかも第4巻の最後で彼が言っていた「俺が東卍のトップになる」という伏線がこのような形で回収されるとは思っておらず、感動すら覚えました。

そして次巻では、いきなり「東京卍會トーマン」vs「関東卍會トーマン」の決戦が幕を開けるようです。

はたして、タケミチたちはマイキー率いる「関東卍會」に対してどのような戦いを繰り広げていくのでしょうか?

次巻以降の展開に目が離せません。

 

『東京卍リベンジャーズ』28巻の発売日は?

『東京卍リベンジャーズ』第28巻は2022年6月17日に発売予定のようです。

今から発売が待ち遠しいですね。

 

以上、『東京卍リベンジャーズ』第27巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『東京卍リベンジャーズ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『東京卍リベンジャーズ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『東京卍リベンジャーズ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『東京卍リベンジャーズ』第27巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>