[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』第26巻|梵、六波羅単代、関東卍會による三天戦争が勃発!

Pocket

今回は、重版に次ぐ重版でついに累計5000万部を突破した、今もっとも熱くて切ないタイムリープ不良マンガ『東京卍リベンジャーズ』、その第26巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

東京卍リベンジャーズ(26) (週刊少年マガジンコミックス)

東京最大の勢力を持つ六波羅単代の総代であり、“無双のサウス”と称される寺野サウスが堂々と表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第27巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『東京卍リベンジャーズ』の記事一覧

 

さて、この第26巻では前巻の最後で揃い踏みとなった“三天時代”の3チームが直接激突する「三天戦争」が1冊を通して描かれていきます。

それぞれのチームの幹部やトップによる激闘が次々と描かれていき、緊張感の漂うシーンの連続でありながら、その一進一退の攻防に最後までページをめくる手が止まらない1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな『東京卍リベンジャーズ』の第26巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』第26巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『東京卍リベンジャーズ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『東京卍リベンジャーズ』第26巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。
無料期間中の解約なら料金はかかりません。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」が気になる方はこちらから↓

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

※本ページの情報は2022年7月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

マンガを無料やお得に読むならコレ!オススメの電子書籍サイトやマンガアプリまとめ

 

『東京卍リベンジャーズ』25巻の振り返り

以下の記事に『東京卍リベンジャーズ』第25巻の見どころをまとめています。

[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』第25巻|梵の千咒と行動を共にするタケミチに悲劇が襲いかかる!

では、さっそく第26巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』26巻の見どころ&感想[ネタバレ]

ブラフマン』ベンケイ&ワカVS『六波羅単代』寺野サウス!

この第26巻最初のメインとなる戦闘は、梵の“最強コンビ”「ベンケイ」こと荒師慶三あらしけいぞうと「ワカ」こと今牛若狭いまうしわかさの2人、そして六波羅単代の総代である寺野サウスの3人で繰り広げられます。

今は梵の大幹部であるベンケイとワカは、もともと関東を二分するチームのトップ同士で互いにバチバチだったみたいですね。

しかしそんな2人をマイキーの兄である佐野真一郎がまとめ上げ、彼らは初代黒龍ブラックドラゴンのメンバーとして“最強コンビ”の名を轟かせていたようです。

ただ、対するサウスの実力も相当なもので、ブラジルのギャングスターに“生きる術”を叩き込まれた彼は、灰谷兄弟や鶴蝶カクチョーを純粋な暴力でねじ伏せて六波羅単代に引き入れチームを大きくしてきました。

力と速さのコンビネーションを見せつけるベンケイとワカ、そして“暴力に愛された男”サウス、そんな彼らが繰り広げる激戦は必見です。

 

第24巻の初登場時からただならぬ雰囲気をまとっていたベンケイとワカですが、やはり初代黒龍メンバーというだけあってその実力と頼もしさはピカイチですね。

個人的には持ち前の身軽さを活かしたトリッキーな戦い方をするワカの戦闘シーンが特に見応えがありました。

 

トップ同士の激闘!“無比”の千咒VS“無双のサウス”!

上記の戦闘に千咒が「もう見てらんねぇよ」と言って乱入してきたことをきっかけに、梵と六波羅単代のトップである千咒とサウスの激闘が幕を開けます。

しかし彼女の兄である明石武臣は2mの巨体を持つサウスに「勝てるわけがない」と必死に止めるのですが、「このままじゃ梵が終わっちまうから」と真正面からサウスに立ち向かっていく千咒。

そしてサウスが拳を振りかざした瞬間、なんと彼女は手を抜くことを辞めてそのパンチを避け、直後に彼の頭部に3発もの足技を決めてみせたのです。

どうやら彼女は自分の力が武臣の目を金に曇らせていると気がついた時から、彼をこれ以上悪くしないようにと手を抜いて戦っていたみたいですね。

ただ、その攻撃を受けてもサウスは余裕で立ち上がってきて、ここからさらにギアを上げた彼と“本気”の千咒との、もう一段上の激闘が繰り広げられていきます。

 

僕も正直「小柄な千咒の攻撃じゃ全部受け切られて返り討ちにされちゃうんじゃ…」と思いながら読んでいたのですが、まさかサウスと対等に渡り合えるくらいの実力があるとは予想外でした…。

やはり初代黒龍メンバーを率いる“梵のトップ”という肩書きは伊達じゃありませんね。

彼女の首領らしい一面をしっかりと見せつけられた、カッコいいワンシーンでした。

 

“黒い衝動”に駆られたマイキーがついに動きだす!

実はこの三天戦争が始まった時から関東卍會のトップであるマイキーはその場にいたのですが、戦闘は幹部たちに任せて自分は最後尾で戦局を静観していました。

しかし鶴蝶がそれらを倒してマイキーの前に辿り着き攻撃を仕掛けてきたことをきっかけに、彼は“黒い衝動”に駆られて鶴蝶を倒し、千咒とサウスの戦いに乱入していったのです。

その後、千咒はそんな彼から放たれる禍々しい殺気に動けなくなり、逆にサウスは待ってましたと言わんばかりに勢いよく彼に殴りかかっていきます。

しかしこのマイキーの乱入の直前、タケミチはあるひとつの未来視ビジョンを見ていました。
それは「ボコボコにやられたサウスが死んでいる」というもの。

はたして、マイキーの乱入によってこの三天戦争はどのような展開へと進んでいってしまうのでしょうか?

また、タケミチは“黒い衝動”に駆られたマイキーを止めることはできるのでしょうか?

気になるこの第26巻のラストを飾る衝撃のシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『東京卍リベンジャーズ』第26巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

マンガを無料やお得に読むならコレ!オススメの電子書籍サイトやマンガアプリまとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

冒頭では「それぞれのチームの幹部やトップによる激闘が次々と描かれていく」と書いたものの、この記事の見どころ紹介の内容はサウスが絡んだ戦闘ばかりになってしまいましたね(笑)

ただその分、「サウスが他を寄せ付けないほど圧倒的に強かった」ということが伝わったかと思います。

ただそれでもマイキーの方が遥かに強く、そのためにタケミチはあのようなビジョンを見ることになってしまったのですが…。

ちなみに、この巻では三天戦争は終わらず、次巻予告のページに「決着」の文字が記載されていました。

闇堕ちしてしまったマイキーはこの抗争にどんな決着をもたらすのでしょうか?

次巻も楽しみではありますが、読むのに少し覚悟が要りそうな予感がしています。

 

〜追記〜

『東京卍リベンジャーズ』27巻の感想記事

以下の記事に『東京卍リベンジャーズ』第27巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』第27巻|マイキーへの“リベンジ”に向けタケミチが動き出す!

 

以上、『東京卍リベンジャーズ』第26巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『東京卍リベンジャーズ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『東京卍リベンジャーズ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『東京卍リベンジャーズ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『東京卍リベンジャーズ』第26巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>