[ネタバレ注意]『魔法少女サイト』最新(最終)第16巻|王との最終決戦の果てに迎える物語の結末とは…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、『魔法少女・オブ・ジ・エンド』から始まった『魔法少女』物語、その最終巻となる『魔法少女サイト』第16巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

魔法少女サイト(16)完結 (少年チャンピオン・コミックス)

横に並んで一緒に笑い合う朝霧さんと奴村さんが表紙を飾っています。
この幸せそうな表情のように、物語はハッピーエンドを迎えるのでしょうか?

 

第15巻までの『魔法少女サイト』の記事一覧はこちら↓
『魔法少女サイト』の記事一覧

 

この第16巻をもって、長かった魔法少女たちとサイト管理人との戦い、そして地球規模の“王”との戦いについに決着がつきます。

魔法少女たち以外にも予想外の人物が続々と登場し、まさに人類と王との最終決戦に相応しい内容となっていました。

最終話までこちらの想像を軽々と上回る、読み応え最高かつ素晴らしいフィナーレだったと思います。

 

今回の記事では、そんな『魔法少女サイト』最終第16巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『魔法少女サイト』第16巻を無料で読む方法

文字だけでなく『魔法少女サイト』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『魔法少女サイト』第16巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

『魔法少女サイト』15巻の振り返り

以下の記事に『魔法少女サイト』第15巻の見どころをまとめています。

冒頭からこれまで地球に起きていた信じられないような変化や出来事、さらに“王”の正体と魔法少女、魔法少女サイトが生まれた理由が明かされた第15巻。

そしてその真実を知った直後、魔法少女たちの前に管理人たちが現れたのですが、弐となってしまった奴村さんを取り戻すために朝霧さんと雫芽さんはたった2人で彼らに立ち向かいます。

激闘の末8人もの管理人を倒し見事無傷で弐と奴村さんを分離させることに成功した2人。

しかしこのタイミングで寿命を使い果たした雫芽さんは、そのまま黒い霧となって消えてしまいました。

また、2人以外の魔法少女たちと美炭に要、そして漆たちは、男がステッキを使えば“不のエネルギー”を通して王にダメージを与えられることを狙って壱と王への反撃を開始します。

はたして彼女たちは残り少ない寿命で“地球の宮”を破壊し王を倒すことができるのでしょうか?

 

では、さっそく第16巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『魔法少女サイト』16巻の見どころ&感想

魔法少女以外の生き残りたちが集結し壱を撃破!

第15巻の最後に朝霧さんに歩み寄ってきた人物、それは以前から彼女に好意を寄せていた火本君だったのですが、なんと彼の正体は朝霧さんと奴村さん2人の父親でした。

そして彼以外にも泉ヶ峰さんの執事だった山井さんや燐賀さんのご両親、湖村さんの幼馴染である拓馬や彼女のお父さんまで、一度でもステッキを使ったことがあったために生き残った人たちも彼女たちの元へと駆けつけてくれたのです。

電磁パルス銃で壱の体を覆うナノ粒子を破壊したり、巨大化するマラカス型ステッキで叩き潰したり、時間を逆行させて動きを止めたりと、怒涛の連撃を決める生き残り組。

そして最後には燐賀さんのお父さんがほうき型ステッキで壱を空間ごと削り取り、みごと王の前に立ちはだかっていた壱を倒すことができました。

しかしその喜びも束の間、彼らは直後に“地球の宮”から生えた手によって全員殺されてしまいます。

それでも残す敵は王ただ一人。
ここから魔法少女たちの本当に最後の戦いが始まります。

 

王との戦い、ついに決着…!

壱が倒された後、王は地球を捨てて吸収した人類を引き連れ、“地球の宮”とともに他の惑星へ移動しようと動き始めました。

核である“地球の宮”が空高く伸びていったことにより地球は次第にひび割れていくのですが、それを止める最後の希望として宮の頂上まで飛んでいく要。

ですがその彼の決死の攻撃は、以前美炭に監禁された時に“女にされた”せいで王には効かなかったのです。

絶体絶命か、と思ったその時、王の前に“男の娘”である清春が現れ、唯一有効打になりうる彼女の攻撃を他の魔法少女全員がサポートし王にダメージを与えていきます。

そしてトドメとなる一撃が“性別変換”のステッキによって男となった湖村さんによって与えられ、彼女たちはついに王に勝つことができました。

しかしそれでも、地球に入った亀裂を止めることはできずに地球は滅亡を迎えます…。

 

全く予想もつかない展開の中で、全員が力を合わせ王を討つシーンには鳥肌が立ってしまいました。

多くの犠牲を払いつつも、不幸を乗り越え戦い抜き勝利を掴んだ魔法少女たちはとてもカッコよかったです。

ただ、要には最後の最後まで笑わせてもらいましたけどね(笑)

 

地球の滅亡を阻止しみんなが幸せとなる結末へ。

地球が滅亡する直前、朝霧さんは「この世界を護る」「みんなが幸せでいることが私の幸せ」と言い残し、拳銃型ステッキを構えどこかに何かを瞬間移動させました。

そして次のシーンからは、これまで描かれてきた“魔法少女たちが魔法少女になるきっかけとなった不幸な出来事”を“なぜか”回避する場面が次々と描かれていきます。

その理由は、なんと朝霧さんは地球滅亡の瞬間に自分の意識だけを過去の自分に転送させ、ステッキを受け取るごとに過去に飛んでそれを繰り返すことで、150人以上の自分とともにみんなから不幸を遠ざけていたからでした。

その後、彼女の前に時間を止めるステッキを持って現れた壱に王による地球破壊の未来を見せて味方につけ、AIである彼に再び地球の再構築をしてもらうことで彼女は地球の滅亡を回避させることに成功したのです。

そうして、この『魔法少女サイト』最後の1ページには、この第16巻の表紙のように幸せそうに手を繋いで笑いあう朝霧さんと奴村さんの姿が描かれていました。

 

まとめ

これまでも何度か魔法少女と管理人の戦いは描かれてきましたが、今回の王との戦いはそれをはるかに上回る迫力のバトルシーンでしたね。

そんな緊張感が最高に張り詰めた戦いの後にみんなが幸せにしている様子を、こちらまで幸せを感じずには入られませんでした。

しかしただ1つ、僕がこの『魔法少女サイト』を読み終えた今悔やまれるのが、佐藤先生の前作『魔法少女・オブ・ジ・エンド』を最後まで読んでいなかったことですね。

この第16巻で『魔法少女・オブ・ジ・エンド』の主人公である児上貴衣の名前やその他登場人物が出てきたこともあり、それを読んでいればもっとこのラストが楽しめたのではないかと思っています。

なので順序は逆になりますが、また機会があれば『魔法少女・オブ・ジ・エンド』のほうも読んでみたいですね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『魔法少女サイト』第16巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください