[ネタバレ注意]『東京卍リベンジャーズ』最新第23巻|マイキーと再開したタケミチに衝撃の展開が待ち受ける!

Pocket

今回は、アニメと実写映画で一気に話題となり勢いそのままに累計2000万部と突破したサスペンス不良マンガ『東京卍リベンジャーズ』、その第23巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

東京卍リベンジャーズ(23) (週刊少年マガジンコミックス)

大きな紫のフードを羽織って気だるそうにしているのは、あの稀咲の相棒的存在だった男・半間修二です。

この23巻では、後半の“番外編”で彼にスポットが当てられたエピソードが描かれることとなります。

 

さて、2021年4月に発売された前巻22巻の帯には「累計1000万部突破!」の文字があったのですが、まさかたった3ヶ月でその数字が倍の「2000万部突破!」に塗り替わるとは、さすがの人気っぷりですね。

またマンガだけでなくアニメや実写映画も好調のようで、次巻以降でこの「〇〇万部突破!」の文字がさらに加速度的に伸びていってもなんら不思議ではないと思っています。

そんな『東京卍リベンジャーズ』の第23巻ですが、前巻でたどり着いた「最高の現在」において、タケミチの身に作品史上最高レベルに衝撃的な出来事が襲いかかります。

もはやページをめくるのが怖く感じるくらいでしたが、それも含めて次巻から始まる“新章”へ向けての期待感を一気に高めてくれる1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな第23巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『東京卍リベンジャーズ』第23巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『東京卍リベンジャーズ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『東京卍リベンジャーズ』第23巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『東京卍リベンジャーズ』22巻の振り返り

以下の記事に『東京卍リベンジャーズ』第22巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第23巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『東京卍リベンジャーズ』23巻の見どころ&感想[ネタバレ]

12年前のタイムカプセルの中に入っていたものとは…?

この第23巻は、12年前の東京卍會解散の日に東卍の主要メンバーたちで埋めたタイムカプセルを、12年後の現在でまたみんなで集まって開けるシーンから始まります。

ただ、現在“梵天”のトップであるマイキーだけはいつまで経っても現れなかったため彼抜きで開けることになり、その後はそれぞれが12年前に詰め込んだ思い出の品々を懐かしみながら語り合っていました。

そうして最後に残された“マイキーが書いた手紙”をみんなで読んで、「想い続けていれば繋がっている」ということを再確認したところでその日は解散となったのですが、1人残ったタケミチが箱の底に1つのビデオテープを見つけます。

それを彼が再生すると、そこにはマイキーがタケミチだけに宛てたビデオレターが収録されていたのです。

そこには、「自分の中には制御できない“黒い衝動”がある」「12年後の俺に近づくな」というメッセージと、満面の笑みで「幸せになれ」と告げる彼の姿が映されていました。

それを見たタケミチはマイキーの頼みを聞いて1度は彼を探すことを辞めようとしたのですが、後に彼が「辛い時にほど笑う」と気がつき、改めて「行かなきゃ」とマイキーに会う決意を固めたようでした。

 

ヒナとの結婚を控えた今、自ら危険なことに足を突っ込まずに幸せを謳歌してほしかったのですが、“最高の現在”でもそれが“マイキーのこと以外”ならタケミチにとっては“完璧な現在”ではないんでしょうね。

この辺りからページをめくる指がだんだんと重たくなっていったことを覚えています。

ちなみに冒頭のタイムカプセルの中身には、かれらの当時の“夢”や大切だったもの、そして“想い”など、それぞれの“らしい”ものがたくさん詰め込まれていましたよ。

 

12年後のマイキーと再開したタケミチに悲劇が襲いかかる!

マイキーを探すことに決めたタケミチは一虎に教えてもらった“梵天”の手がかりをしらみ潰しに当たっていくのですが、そこでは何一つ彼につながる手がかりを得ることは出来ませんでした。

その後、“梵天”の溜まり場だったという廃ボウリング場を訪れたタケミチは、そこで突然「振り向いたら撃つ」と“梵天”No.2の三途春千夜に銃を突きつけられることになります。

身動きの取れないタケミチ、するとそこにマイキーがやってきてタケミチの背後に座り、「いい未来だろ?」と話しかけてきたのです。

そして2人はその状態のまましばらく会話をし、マイキーが頼んで三途に席を外してもらってからもタケミチはあのビデオレターで話していたことについて尋ねて、みんなを守ってくれた感謝を伝えてから「今度はオレが君を救う番です」と言って彼の方へと振り返りました。

しかし次の瞬間、タケミチの体はマイキーの放った弾丸によって貫かれてしまったのです。

その後も何発もタケミチに向けて銃を撃つマイキー。

そうして彼は「会いたくなかった」「こうするしかなくなるから」と言って彼の元を去って行きました。

 

マイキーがタケミチに向かって銃を撃つまでは、どこかで「マイキーはマイキーなりの考えがあって“梵天”のトップに立っていて、本心では東卍のころのままの仲間想いの彼なんだろう」という淡い期待を抱いていました。

それが最悪の形で裏切られたとあって、初めてこのシーンを見た時の衝撃は計り知れませんでしたね…。

しかも心臓付近を撃たれており明らかに致命傷で、もうループもできないとあって、状況はかなり絶望的です。

ただここから先、この絶望を覆すようなさらなる予想だにしない展開が待ち受けていました。

 

タケミチは現代のマイキーを救うことができるのか!?

瀕死のタケミチの元を去ったマイキーは、「ここで全部終わらせる」と言ってその廃ボウリング場の屋上へと向かっていました。

そして屋上の淵に立った彼は昔の東卍時代のことを思い出しながら、「いくぞオマエら!」と叫んで満面の笑みでそこから飛び降りたのです。

「これで終わりだ」と、やり切ったような表情をして落ちていくマイキー。

そんな彼の腕を掴んだのは、なんと致命傷を追っているはずのタケミチでした。

「君を死なせない!」と言って、必死に手を掴むよう呼びかけるタケミチ。

しかしマイキーは「もう楽にさせてくれ」と言って一向に彼の手を掴もうとはしませんでした。

はたして、この2人の命運は一体どうなってしまうのか。

 

この緊張感張り詰めるシーン、そして予想外の展開を迎えるラストのシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『東京卍リベンジャーズ』第23巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

まとめ

「これまでもそうだったように、今回もきっとタケミチがなんとかしてくれるだろう」と気楽に読んでいたら、それこそまさに胸を弾丸で貫かれるような衝撃を受けた1冊でしたね…。

ちなみに最後のシーンはネタバレを避けましたが、「次巻から新章が始まる」と聞いて予想がつく方も多いかもしれません。

ただ、その次巻予告には“これまでと大きく異なる点”が1点あり、知った顔の男たちもまた違う感じでヤバそうな雰囲気をかもし出していました。

最終章と銘打たれた新章でも、どんな闘いが繰り広げられていくのかが楽しみですね。

また、冒頭でも少し触れましたが、この巻では話数合わせの関係で半間修二と三途千夜春にスポットが当てられた番外編がそれぞれ1話ずつ収録されています。

これまでの補足、そしてこの先の展開にも少なからず関係してそうな内容のエピソードだったので、気になる方はぜひこちらも読んでみてください。

 

『東京卍リベンジャーズ』24巻の発売日は?

『東京卍リベンジャーズ』第24巻は2021年9月17日に発売予定のようです。

今から続きが待ち遠しいですね。

 

以上、『東京卍リベンジャーズ』第23巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『東京卍リベンジャーズ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『東京卍リベンジャーズ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『東京卍リベンジャーズ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『東京卍リベンジャーズ』第23巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください