[ネタバレ注意]『約束のネバーランド』最新10巻|「絶望の猟場」編はいよいよクライマックスへ

スポンサーリンク



Pocket

今回は「週刊少年ジャンプ」で大人気の脱獄ファンタジーマンガ『約束のネバーランド』、その最新第10巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

約束のネバーランド 10 (ジャンプコミックス)

鬼たちに追い詰められ壁に追い込まれるエマ、なんとも緊張感のある表紙です。

 

前巻から続いている“秘密の猟場”で行われている命をかけた鬼ごっこ。

続く第10巻では、さらに戦況は激化します。

まさに息つく暇もない展開。読み応えは『約ネバ』史上最高レベルかもしれません。

 

今回の記事では、そんな『約束のネバーランド』第10巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』9巻の振り返り

『約束のネバーランド』第9巻の見どころは以下の記事にまとめています。

またしても始まったあの残酷な“鬼ごっこ”。

しかし今回が今までと違うのは、“獲物”が“鬼を狩る”鬼ごっこだということ。

さあ、ここからエマたちの反撃が始まります。

ではさっそく、内容の方に入っていきましょう。

『約束のネバーランド』10巻の見どころ&感想

VS ノウス&ノウマ

狙撃によってノウマの仮面を割る事に成功したサンディたち。

ノウマを失った悲しみにくれるノウスでしたが、そのあと彼が取った行動はなんとノウスを喰べるといった衝撃的なものでした。

ノウマを取り込んだことによって急激に強くなったノウス、そんな彼にサンディたちは全滅寸前まで追い込まれます。

しかし、そんなピンチに現れたのはなんと、レイオジサンの2人でした。

「ガキ共は下がってろ」と行って、銃を構えるオジサン。

姿も気配も何もかもを消したオジサンの一撃は、みごとノウスの仮面を貫きます。

 

オジサン、かっこ良すぎじゃありませんか?

この世界で長年生き抜いてきた貫禄を感じます。

レイもゴールディポンドに到着したということで、エマとの共闘が楽しみですね。

 

VS バイヨン

想定外の場所に現れたバイヨンと戦うことを選んだナイジェルとジリアン。

ですがバイヨンの圧倒的なスピードの前にジリアンは捕らえられ、ナイジェルは反乱の首謀者・ルーカスの居場所を問われます。

しかしそこから逃げるふりをして本拠地となる地下壕へ誘導することに成功。

地の利を利用して戦いを有利に進めるオリバーとルーカスたちでしたが、バイヨンの最期の攻撃でオリバーは腹部に重傷を負います。

 

結果的には勝利したものの、重大なダメージを与えられたバイヨン戦。

けが人も増えてきましたが、このまま誰も命を落とすことなくこの悪夢のような“鬼ごっこ”を終わらせることができるのでしょうか。

 

まとめ

 

第10巻は先の読めない頭脳線のオンパレードでしたね。

何手も相手の先を読み、戦況に合わせて臨機応変に戦い方を変える、本当に頭のいい子供達だと改めて関心させられました。

レイとおじさんの登場もアツかったですね。

強敵レウウィスもきっと彼らのチームワークなら打ち倒すことができるでしょう。

次巻が楽しみです。

 

『約束のネバーランド』11巻の発売日は?

『約束のネバーランド』第11巻の発売日は、2018年11月2日のようです。

発売まで、首を長くして待つとしましょう。

 

では、ありがとうございました。

購入はコチラ↓

スポンサーリンク

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください