[ネタバレ注意]『死役所』最新第22巻|唯一無二な経験を経て亡くなったお客様が死役所へとやってくる

Pocket

今回は、ゴミ収集作業員、美容整形をした女性、独立を目指していた料理人という3名の死が描かれる『死役所』、その第22巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

死役所 22巻【電子特典付き】 (バンチコミックス)

冒頭に紹介した「美容整形をした女性」が、美容整形をする前の容姿でウエディングドレスを着ている姿が描かれています。

目から流れる涙の真意はわかりませんが、“前の容姿”で結婚したかったという想いの現れでしょうか?

彼女のエピソードでは、いくら彼女がそうしたくても世間がそれを許さなかったというような、容姿に関する世間の冷たさと無神経さが読んでいて辛くなるくらい露骨に描かれていました。

この第22巻も、様々な死の形を通していろいろなことを考えさせてくれる1冊となっていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『死役所』の第22巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『死役所』を無料で読む方法!

文字だけでなく『死役所』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「マンガBANG」でも第20巻まで無料で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガBANG」をインストール

それ以降のエピソードが気になる方や巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『死役所』第22巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『死役所』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事には上記以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

 

『死役所』21巻の振り返り

以下の記事に『死役所』第21巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第22巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『死役所』22巻(103話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

最期に小さな命を救った変わり者のゴミ収集作業員

1つ目は、一緒に働く人たちからも“変わり者”認定されている、バイク好きなゴミ収集作業員のおじさんについてのエピソードです。

彼はゴミ収集作業中に収集車に巻き込まれ腕や頭が潰されてしまうという、何とも悲痛な最期を遂げていました。

しかし彼がそのような死に方になってしまった理由は、なんとゴミ袋に入れられて捨てられていた猫を助けようとしたからだったのです。

当の本人は猫を助けるというより捨てた人間に文句が言いたかったからゴミ袋を破いたと言っていましたが、きっと後のことなど考えずに手が動いてしまったんでしょうね。

ちなみに、死役所では「他の命を身を挺して助けた人」が書く「挺身申請書」というものがあるようで、彼の名前もその書類にしっかりと記載されていました。

正直、終始“変わり者”な面が描かれていたために「変なおじさん」という印象で話が終わってしまいそうでしたが、最後に彼の優しい一面が見れて少し心が温まりました。

 

ブスだとバカにされてきた女性が整形を選んだ結果…

2つ目は、表紙にも描かれている美容整形をした女性についてのエピソードです。

彼女は小学生の頃に「ブスランキング1位」と書かれた紙をランドセルに入れられたことをきっかけに、自分の容姿にコンプレックスを抱き始めたようでした。

そこから、高校生や大学生になっても容姿に対する心無い言葉を浴びせられた彼女は、「顔を変えたい」と強く思うようになり、その後自分で貯めたバイト代で整形を行なったようですね。

そしてその後、複数回の整形を行った彼女は“理想に近い自分”として生活を送っていたのですが、最初の整形から10年以上経った頃に乳がんで死役所を訪れることになりました。

これだけ書くと、このエピソードでは「軽い嫌がらせでも自尊心を奪うのには十分すぎる」というメッセージを伝えたかったのかな、と思われるかもしれません。

しかし、僕が本当に印象に残ったのは、彼女と「女性でありながらトランスジェンダーに悩み子宮頸がんで亡くなった女性」との本心をさらけ出した会話のほうでした。

お互いに相入れない悩みや考えを元に繰り広げられる2人の会話は、男の僕でもなぜか惹きつけられるものがあったので、気になる方はぜひ絵と一緒にご自身で読んでみてください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『死役所』第22巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

上記の見どころでは割愛しましたが、3つ目の「独立を目指していた料理人」のエピソードは、簡単にいうと「寄ってきた女の人に手を出したらその彼氏にボコボコにされた」という話でした。

ただ、彼の死役所に来てからの行動と彼の過去を知ると、自業自得な面はあるとはいえさすがに可哀想でしたね…。

どのようなエピソードか気になる方は、こちらもぜひご自身で読んでみてください。

また、話は変わりますが、巻末には「業務報告書」として作者のあずみきし先生の「目の下のクマを取りに整形外科に行ってきた」レポが収録されていました。

先生の行動力にも驚かされましたが、簡単な整形の様子や流れを見る事ができたので、この巻を読む際はぜひそこも合わせてチェックすることをオススメします。

 

死役所』23巻(108話〜)の発売日は?

『死役所』第23巻は2023年の春ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『死役所』第22巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『死役所』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥554 (2023/01/29 06:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

『死役所』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『死役所』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『死役所』はマンガアプリ「マンガBANG」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガBANG」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『死役所』第22巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp