[ネタバレ注意]『終末のワルキューレ』第13巻|零福から現れた第六天魔王・波旬の猛攻が釈迦を襲う!

Pocket

今回は、アニメでも注目を集めついに累計1000万部の大台を突破した神VS人類の大人気バトルマンガ『終末のワルキューレ』、その第13巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

終末のワルキューレ 13巻 (ゼノンコミックス)

12巻と13巻の表紙だけを見た人は「あれ?釈迦の相手の零福は?」と思われるかもしれませんが、この右側に描かれているのは前巻の最後に突如零福の中から現れた第六天魔王「波旬はじゅんです。

この第13巻では、そんな波旬と釈迦の予測不能すぎる激闘から幕を開けることとなります。

ちなみに「波旬とは一体何者なのか?」「なぜ零福が波旬になったのか?」なども含めて、この巻で完全決着まできっちりと収録されているので、読んだ後にはかなりの満足感を味わうことができましたよ。

 

〜追記〜
第14巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『終末のワルキューレ』の記事一覧

 

今回の記事では、そんな『終末のワルキューレ』の第13巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『終末のワルキューレ』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『終末のワルキューレ』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『終末のワルキューレ』第13巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

※本ページの情報は2022年8月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のコミック.jp以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『終末のワルキューレ』12巻の振り返り

以下の記事に『終末のワルキューレ』第12巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第13巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『終末のワルキューレ』13巻の見どころ&感想[ネタバレ]

波旬とは何者で、なぜ零福から現れたのか…?

前巻の最後で突如零福の中から現れた“波旬”という存在を、ブリュンヒルデも神側のヘルメスやゼウスでさえも知りませんでした。

そんな中、弟であるポセイドンの死を聞きつけてやってきた冥界ヘルヘイムの王であるハデスが、“冥界の伝説”である“波旬”について教えてくれました。

どうやら彼はハデスが冥界を治めることになる前に冥界を半壊させた怪物であり、破壊のかぎりを尽くした末にある日突然消滅し、それ以来2度と復活することはなかったみたいですね。

では、なぜそんな波旬が零福の体内から現れたのか?
それはベルゼブブの仕業でした。

彼は冥界で消滅した波旬の残穢を入手し培養、そして種子のようなものを作り出し、ただの興味本位で零福にそれを植え付けたようなのです。

こうして、波旬の乱入という形になったラグナロクですがそのまま試合は続行となり、ここから釈迦と圧倒的な力を持つ波旬の激闘が繰り広げられていくことになります。

 

ちなみにかつて冥界に現れた波旬が消滅した理由は「自身の強大すぎる力に体が耐えきれなかったから」でした。

ただ、零福を媒体として生まれた今回の波旬はどうやらその力に耐えうる体を持っているようで、“消滅”による自滅は期待できなさそうです。

前巻までの「対零福戦」が釈迦の圧勝だったので、初めて読んだ時はその落差にどんどん絶望感が込み上げてくるのを実感しながら読み進めていました…。

 

波旬の猛攻に釈迦は一気に劣勢に追い込まれる!

釈迦と波旬の戦いが始まると、完全な闇の魂を持つ波旬に対して釈迦は『未来視』を行うことができず、その圧倒的な力による連撃で一気に劣勢へと追い込まれていきました。

そして、神器『六道棍』を廻して出した「七難即滅アヒムサーの楯」も簡単に貫かれてしまい左目を負傷、その後も腕、腹、足に攻撃を受けて、釈迦は着実に体力を削られていってしまいます。

しかし、波旬の「零福はとっくに消化した」という言葉を聞いた彼は、それによってかつて“毒”として捨てた感情「憎悪」を抱き、六道棍を彼自身も初めて使う禍々しい鎌の姿へと変形させたのです。

ただ、その鎌による一撃必殺の攻撃も波旬に受けられてしまい、そのカウンターで彼は脇腹を貫かれてしまいました。

明らかに致命傷を負った釈迦。
ですがそれでも彼は戦う姿勢を波旬に向け続け、ここからさらなる起死回生の一撃必殺を狙っていきます。

 

波旬の規格外の強さに加えどんどん怪我を負って消耗していく釈迦を見ていると、正直全く勝ち目が見えない戦いを見せられているようでした…。

せめてもの救いだったのが、脇腹を貫かれた後でも釈迦が不敵な笑みを浮かべて波旬を挑発してくれていたことですね。

この辺りまでは絶望感の方が大きかったのですが、彼の笑みを見てからは「何を狙ってどういう一手で波旬に一矢報いてくれるのか」という期待感の方が大きくなってきていました。

 

釈迦が「斧爻ふこう」を手にし零福と神器蓮生ヴェルンドを行う!

重傷を負いながらも不敵な笑みを浮かべ倒れない釈迦に恐怖を覚えた波旬は、その恐怖を打ち消すためになんと自らの左腕を引きちぎり、それを武器へと作り替えました。

そして互いに武器を構え、釈迦は先ほどと同様の斧による一撃必殺攻撃を繰り出したのですが、それを上回る波旬の攻撃で斧は砕かれてしまい、その後元の形に戻った六道棍すらも完全に破壊されてしまったのです。

その攻撃を受けて大きく突き飛ばされ、とうとう地面に倒れた釈迦。

もはや万事休すかと思ったその瞬間、彼は倒れた位置に落ちていた“とあるもの”を掴んで高笑いをし、それを持ったまま再び立ち上がりました。

彼が手に取ったもの、それは零福の斧爻ふこうでした。

そしてそのまま彼は零福に「一緒に闘おうぜ」と呼びかけ、零福との神器蓮生ヴェルンドを行い「大円寂刀・零」という究極の神器を手にしたのです。

ここから再び釈迦と波旬の凄まじい撃ち合いが描かれていくのですが、深傷を負っている釈迦の方が分が悪く、依然として不利な状況であることは明らかでした。

はたして、釈迦に逆転の目はあるのでしょうか?

最大級の緊張感を纏った釈迦と波旬が繰り広げる予測不能の激闘の結末は、ぜひ絵と一緒に、ご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『終末のワルキューレ』第13巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

飄々としていて掴みどころがない釈迦はもともとかなりのお気に入りキャラだったのですが、今回の戦いを通してますます彼のことが好きになりましたね。

また、「絶望的状況からの敵だった零福との共闘」という展開には、少年心をくすぐられすぎてワクワクしながら最後までページをめくっていたことを覚えています。

今回で6回戦が終了し、次の7回戦でようやく全13試合の折り返しということを考えると、まだまだこんなにアツい激闘が見られるということがただただ嬉しいです。

そんな第7回戦ですが、次回予告には人類代表の「始皇帝」の姿が描かれていました。

実は始皇帝は公式スピンオフの『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』に少しだけ登場しており、そこでは「中華統一を初めて成し遂げた“始まりの王”」として紹介されていたんですよね。

目隠しをしており独特な雰囲気を纏った彼ですが、一体どんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

まだ明かされていない対戦相手の発表も含めて、次巻への期待が高まります。

 

〜追記〜

『終末のワルキューレ』14巻の感想記事

以下の記事に『終末のワルキューレ』第14巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『終末のワルキューレ』第14巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『終末のワルキューレ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『終末のワルキューレ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『終末のワルキューレ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『終末のワルキューレ』第13巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp