[ネタバレ注意]『サイコアゲンスト』第3巻|動き出した巨大な悪にレオンがメスを入れる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、信念を持った悪が悪を裁く断罪SFアクションマンガ『サイコアゲンスト』、その第3巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

サイコアゲンスト 3 (ジャンプコミックス)

この第3巻から登場する新キャラのブラドミア・ペトロフ(通称:ブラッド)と彼の妹のリーシャが表紙を飾っています。

どうやらこの表紙はレオンの描かれた第1巻の青白い表紙と対照的に描かれているようで、実際に1巻と並べてみるとその違いや共通点がよくわかりますよ。

 

〜追記〜
第4巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『サイコアゲンスト』の記事一覧

 

それにしても巻を重ねるごとに(敵か味方かはさておき)レオンと関わりのある人物が増えてきて、マンガとしての読み応えはどんどん増してきているように感じますね。

この第3巻からのストーリーの広がりも期待が膨らみます。

 

今回の記事では、そんな『サイコアゲンスト』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『サイコアゲンスト』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『サイコアゲンスト』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『サイコアゲンスト』2巻の振り返り

以下の記事に『サイコアゲンスト』第2巻の見どころをまとめています。

セカンド受刑者専用監獄から囚人たちが脱走するという大事件から幕を開けた第2巻。

この事件での一番の脅威はその脱走のきっかけを作った八蛇剛という男で、身長4メートルを超える特化型セカンドが監視局のアカデミーを襲います。

そんな彼を如月さん、内藤さん、エリスの監視局隊長クラスの3人がセカンドの能力を駆使して止めようとするのですが、彼の力の前にはなす術がありませんでした

最終的にはそのピンチに駆けつけたレオンによって八蛇を倒すことには成功したのですが、ピンチを救ったことなどおかまいなしに彼を「逮捕する」と宣言する如月さん。

果たしてレオンはこのまま捕まってしまうのか…?

 

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サイコアゲンスト』3巻の見どころ&感想

 

ピンチを救ったレオンは逮捕されてしまうのか?!

レオンはエリスたちのピンチを救ったとはいえ「犯罪者殺し」として監視局に追われる身であり、如月さんに「逮捕する」と言われてしまっても仕方のない立場にいます。

しかし監視局員であるエリスはそんな彼との関係を隠そうともせず、さらに内藤さんも「そんなもので彼を足止めできると思わない」と逮捕には協力的ではありませんでした。

そんな2人を見てすんなりと銃を下ろした如月さん。
そして彼はエリスに「ありったけの煙幕弾を投げろ」と言い、なんとレオンを追わずに見逃してくれたのです。

どうやら彼の目にはレオンがただの悪人には見えなかったようですね。

こうしてレオンにエリス以外の監視局側の味方ができました。

 

“対立する立場の2人が理解しあって味方となる”という展開は、やはりどんなジャンルのマンガでも胸が熱くなるシーンですよね。

そんな彼らはさっそくまた次のエピソードから一緒に捜査をすることになります。

 

スポンサーリンク

如月、内藤とともに1晩で300人が消えた村へ!

ある日、レオンとエリスが拠点としている廃墟に突然如月さんがやってきました。

なんでも「監視局長によって闇に葬られた“1晩にして人口300人すべてが消えた村”の捜査協力を頼みたい」とのことで、道中で内藤さんも合流し4人はその村へと向かいます。

到着後、その村での捜査中になにやら怪しげな洞窟を見つけたエリス。

レオンと一緒にその洞窟へと入っていくと、なんとそこには村人たちで人体実験を行っている巨大な施設が存在していたのです。

そして更に奥へ進んでいくと、その施設を管理しているコナー博士が彼らの前に姿を現しました。

セカンド並みの強さを誇る20体の人体実験済みの人間を盾に挑発を繰り返す博士。

しかしレオンは同じ白衣を着る物として彼の行いに激怒し、襲ってきた人間を制圧した後で、これまで犯罪者たちを裁いてきたのと同様に彼にも人体改造の裁きを与えました。

これで、ひとまずは村で起きた事件は真相解明です。

 

レオンが監視局と手を組んだことで、これまでの一方的な裁きとは違って探偵マンガのような謎を暴いていくエピソードが描かれましたね。

しかしこの事件をきっかけに、彼はミリテックという世界最大の軍事企業を敵に回すことになってしまいました…。

 

レオン VS ブラッド!彼の実力はいかに!?

元ロシアの監視局職員でありながら投獄されていたブラッドは、前巻の脱獄事件で脱走したところを監視局長に拾われ、今では日本の監視局の職員となっています。

そんな彼は局長の命令で村の事件を嗅ぎ回っている如月さんを殺すために村へとやってきたのですが、そこで局長がミリテックとつながっていることを知りその命令を反故することに。

そしてレオンにも興味を持っていた彼は、施設での事件を解決して洞窟から出てきたレオンにいきなり勝負を申し込みました。

「監視局の人間を傷つけません」と言うレオンでしたが、ブラッドは問答無用で彼に襲いかかり、強烈な打撃と炎での攻撃を浴びせてきたのです。

それでも争う意思を見せないレオン。

このまま一方的にやられてしまうのか、とも思いましたが、その場はひとまずエリスと内藤さんの介入もあり、なんとかこの事態を収束させることができました。

 

どうやら個人的ミリテックに恨みを持っている様子のブラッド。

今回の件で局長を裏切った彼はレオンと同様にミリテックを敵に回すことになってしまいましたが、はたして今後この2人が協力して戦うことはあるのでしょうか?

新たな巨大な敵に彼らはどう立ち向かっていくのか、気になるところではありますがこの第3巻はここでおしまいです。

 

まとめ

今まで無敵の強さを誇ってきたレオンでしたが、どうやらブラッドの実力は彼と互角かそれ以上のようですね。

同じミリテックを敵に回すもの同士、手を組むような展開となれば個人的にアツいのですが、そこはまだ予想がつきません。

そしてこの第4巻の最後にはミリテックの兵士が日本へとやってくる様子も描かれていました。

かなり強そうな兵士だったので、次巻はレオン、もしくはブラッドとの激闘が繰り広げられるかもしれませんね。

今から第4巻が楽しみです。

 

〜追記〜

『サイコアゲンスト』4巻の感想記事

以下の記事に『サイコアゲンスト』第4巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『サイコアゲンスト』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『サイコアゲンスト』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『サイコアゲンスト』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『サイコアゲンスト』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください