[ネタバレ注意]『サイコアゲンスト』第2巻|第二進化型人類“セカンド”同士の激闘が始まる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、大迫力の能力バトルシーンで「少年ジャンプ+」でも人気を集めている『サイコアゲンスト』、その第2巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

サイコアゲンスト 2 (ジャンプコミックス)

第二進化型人類<セカンド>を超える力を持つ第三進化型人類<サード>の黒崎レオンが全身に電撃をまとって佇ずんでいます。

 

〜追記〜
第3巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『サイコアゲンスト』の記事一覧

 

前巻第1巻はレオンが犯罪者を裁いていくエピソードがメインでしたが、この第2巻から監視局も絡んだセカンド同士の激しいバトルが繰り広げられます。

登場するセカンドたちはそれぞれ違った能力を持っているため、先の読めない戦いにかなり読み応えのある1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな『サイコアゲンスト』第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『サイコアゲンスト』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『サイコアゲンスト』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『サイコアゲンスト』1巻の振り返り

以下の記事に『サイコアゲンスト』第1巻の見どころをまとめています。

自分の誕生日に愛娘の命を奪われたレオンはその犯人に復讐しようとしたのですがうまくいかず、逆に拳銃で頭を撃ち抜かれてしまいました。

しかしそれがきっかけで、彼の体にセカンドを超える能力であるサードが発現したのです。

その力を持って悪を裁くと心に誓ったレオン。

そして彼に興味を持つ監視局のエリスがパートナーとなり、今日も彼らは弱気を虐げる犯罪者をさばき続けます。

 

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サイコアゲンスト』2巻の見どころ&感想

セカンド受刑者専用監獄から囚人たちが脱走!

前巻の最後に描かれた、セカンド受刑者専用監獄の鉄筋コンクリートの檻を素手でブチ抜くほどの筋肉を持った大男。

彼は八蛇剛という死刑囚で、身長4メートルを超える特化型のセカンドでした。

そんな彼が看守を50人以上殺して監獄から脱走し、その混乱に乗じて120人ものセカンド受刑者が世に解き放たれてしまったのです。

これを受けてセカンド監視局も動きだし、ここから囚人たちと監視局のセカンド同士の激しい戦いが幕をあけます。

 

ここにきてセカンドの登場人物が一気に増えましたね。

レオンとエリスの戦いはもちろんですが、2人以外のセカンド同士の戦いも必見ですよ。

 

スポンサーリンク

八蛇剛が監視局アカデミーを襲う!

監獄を脱走した八蛇が人質確保のために選んだ場所は、監視局を目指す学生が通う監視局アカデミーでした。

壁を壊して侵入し、次々と生徒を殺していく八蛇。

そんな状況に、近くに一緒にいた監視局特殊部隊の隊長である如月一輝と内藤冥愛、そしてエリスの3人が駆けつけました。

如月さんはトンファーを、内藤さんは丈夫なセカンドの筋肉や骨を切ることができる特殊なケン「ムゲンムソウ」を武器に八蛇に立ち向かいます。

またエリスは両目特化のセカンドで、その眼で全ての攻撃を見切ってかわし素早い打撃でダメージを重ねていきます。

そして見事な連携で八蛇を討ち取った、と思いきや、なんと激昂した彼の筋肉はそこからさらに膨張し、もう一度立ち上がってまた猛威を振るい始めたのです。

さっきまで通用していた攻撃も効かなくなり、一気に形成は逆転されてしまいました。
3人にピンチが訪れます。

 

八蛇も特化型のセカンドというだけあって、そう簡単に倒せる相手でもないようですね。

個人的には如月さんのセカンドとしての活躍ももう少し見たかったのですが、それはまたの機会に期待するとしましょう。

 

エリスのピンチにレオンが駆けつける!

如月さんは戦闘不能、内藤さんは八蛇に捕まり骨を折られ、エリスは眼の使いすぎで脳の疲労がピークに達しもう動くことができません。

そんな絶体絶命のピンチに、すでに他のところで脱走者を殲滅し終えたレオンが駆けつけてくれました。

傷つけられたエリスを見て怒りをあらわにするレオン。

彼はセカンドを超えるサードとして、八蛇のとてつもない威力の拳を全て受け切ってみせます。

そして電撃を纏わせた強烈な連撃をお見舞いし、最終的には彼の肉体ではなく脳に直接電撃を浴びせることで、みごと勝利を収めたのです。

しかし彼は「犯罪者殺し」として追われる身です。
ピンチを救ったことなどおかまいなしに如月さんに「逮捕する」と宣言されてしまいました。

果たしてレオンはこのまま捕まってしまうのか。
続きが気になるところではありますが、第2巻はここでおしまいです。

 

まとめ

八蛇という強敵を前に、激闘続きの1冊でしたね。

しかしそんな八蛇ですら圧倒的に制圧してしまったレオンの戦闘シーンは、読んでいてスッキリするような清々しさすら感じることができました。

さて、次巻はどうやらレオン対監視局の攻防から幕をあけることとなりそうです。

おそらくレオンは逃げようと思えば逃げられるのでしょうが、彼の性格を考えるとその選択はしなさそうな気がします。

どんな展開になるのか、続きが楽しみです。

 

〜追記〜

『サイコアゲンスト』3巻の感想記事

以下の記事に『サイコアゲンスト』第3巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『サイコアゲンスト』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『サイコアゲンスト』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『サイコアゲンスト』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『サイコアゲンスト』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください