[ネタバレ注意]『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』最新第8巻|中学受験に挑む全ての親子に読んでほしいリアル受験マンガ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、TVドラマの放送が今か今かと待ち望まれている中学受験を圧倒的なリアリティーで描く話題作『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』、その最新第8巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(8) (ビッグコミックス)

髪を下ろした黒木先生と、彼がフェニックス講師の時から繋がりのあるショーマが表紙を飾っています。

 

さて、このマンガ内の時期も前巻から10月に入り、それこそまさに受験前のようなピリピリした雰囲気が伝わってくるシーンが多くなってきました。

特にこの第8巻では黒木先生たち塾講師と不安にまみれた現役小6受験生の保護者たちとの面談ラッシュが描かれ、彼らの様々な心境を目の当たりにすることになります。

 

今回の記事では、そんな『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第8巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』7巻の振り返り

以下の記事に『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第7巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第8巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』8巻の見どころ&感想[ネタバレ]

多種多様な保護者の不安を黒木先生たちが捌きまくる!

この第8巻では冒頭から桜花に通う生徒の保護者との怒涛の志望校面談が描かれていきます。

その保護者の心境や希望、不安も家庭によってそれぞれで、自分の子供の実力を把握できていない、自分の見栄のために学校を選別、学校の制度に対する知識不足など、様々な要因が悩みの種となっていました。

しかし、そこはさすが中学受験のプロ達です。

黒木先生をはじめ先輩塾講師たちは保護者の悩みに先手で次のプランを用意して面談に臨んでおり、ほとんどの保護者たちの悩みを解消へと導いていったのです。

ただそれでも、どうしても明確な答えを提示できなかったり、それを受け入れようとしない保護者もいました。

夫家系の「親族はみんな同窓に入れなきゃいけない」という思想から志望校を妥協できない母親だったり、「親子関係を悪くしてまで受験を続ける意味なんてない」と泣きながら訴える母親だったり…。

特に、これまでのエピソードで何度も父親との関係の悪さが描かれてきていた島津家に至っては、母親が面談に来れないほど家庭内で意見が割れているようでした。

この第8巻の後半では、そんな島津家の状況を改善すべく、黒木先生が動き出します。

 

この巻を読んでいると、自分も高校受験の時に塾の先生と面談をしたことを思い出しますね。

僕の親はあまり勉強にうるさい親ではありませんでしたが、それでもずっと気にかけていてくれたんだろうなと、今改めて思いました。

こういうエピソードを読んだ時に、改めてこのマンガのリアルさを実感しますね。

 

スポンサーリンク

島津くんのお父さんが暴走して警察沙汰に!?

志望校面談がひと段落し「志望校別特訓」が始まった頃、嶋津くんの家では彼のお父さんがこれまでにも増して暴走していました。

嶋津くんの成績が落ちている原因を「塾に頼っているからだ」とし、志望校特訓のあと自習室には行かせずに家でみっちり過去問をやらせると息巻くお父さん。

そしていざ島津くんが家に帰ってくると、ご飯をゆっくり食べさせる暇さえ与えず、脅しにも近い物言いで彼を机に向かわせます。

しかし、自分が大学受験を根性で乗り切った経験を押し付け、問題が解けない彼に対してあからさまにイライラし、「これができるようになるまで寝るなよ!」という乱暴な指導に、「順が壊れちゃう」と先に根をあげたのは彼のお母さんでした。

そのタイミングで島津家に電話をかけていた黒木先生は、受話器の向こうから誰かが暴れるような音と「助けて」という言葉を聞いて、血相を変えて塾を飛び出していきます。

その後、彼が島津家にたどり着いた時には荒れた部屋の中に島津くんとお母さんの姿はなく、その場にいたお父さんから「息子が暴力をふるったから警察を呼んでやった」という説明を受けました。

それを聞いて「お子さんの未来に傷をつける行為になり得る」「18歳の受験と12歳の受験は違う!」と語気を強めて思いをぶつける黒木先生。

すると塾から電話がかかってきて、「島津君が桜花に向かっている」という連絡を受けて彼が戻ると、そこには島津くんとお母さんがいて、お母さんは「夫から順を引き離したいから受験を諦める」という相談をしていたのです。

しかし当の島津くん本人はまだ受験を辞めるつもりはないようで、「家で問題が解けなくてイライラしたからヒントだけ欲しい!」と黒木先生に詰め寄っていました。

はたして、彼はまず無事に受験を続けていくことができるのでしょうか?
そして家庭内の受験に対する意識の差は埋まるのでしょうか?

黒木先生にはまだ策があるようですが、その内容が明らかになるのは次巻のようです。

 

まとめ

今回は様々な受験に対する保護者たちの悩みを目の当たりにした1冊でしたね…。

読んでいる途中に何度も「そういえば小学校の時受験するって言ってたアイツも同じような境遇だったのかな?」と変に過去に想いを馳せてしまいました(笑)

ただ、どの親の悩みや狂気っぷりも根底には「子供のため」があるので、一応全て理解はできるんですよね…。

願わくば全員が笑顔で受験を終えて欲しいと思っているので、ここからの黒木先生の手腕にはこれまで以上に期待してしまいそうです。

次巻以降も受験に近づいていくに連れてますますピリついた雰囲気になっていくとは思いますが、それ以上にこの先の展開が楽しみです。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』9巻の発売日は?

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第9巻は2020年8月7日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
小学館
¥650 (2020/08/07 14:47:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、ありがとうございました。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください