[ネタバレ注意]『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』最新第9巻|黒木先生の過去と引きこもりの生徒との関係が語られる…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、これまで語られなかった黒木先生の過去と引きこもりの生徒との関係が明らかになる『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』、その最新第8巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(9) (ビッグコミックス)

学習塾の入ったビルを背景に、夜の街に黒木先生と桂先生が表紙を飾っています。

 

さて、この第9巻ではこれまで何度か描かれてきた黒木先生と引きこもりの生徒との関係、そして彼の過去と「フェニックス」から「桜花ゼミナール」にやってきた理由も明らかになります。

これまで拝金主義者のように描かれてきた黒木先生ですが、今回のエピソードを読んだ後は彼に対する見方が大きく変わってくるはずですよ。

ただそれと同時に、中学受験の本当の恐ろしさも目の当たりにすることになるのですが…。

 

今回の記事では、そんな『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』8巻の振り返り

以下の記事に『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第8巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』9巻の見どころ&感想[ネタバレ]

島津家が離婚の危機でも受験を辞めずに済む方法とは?

前巻の父親の警察沙汰をきっかけに「離婚することになるかもしれないので経済的に受験も私立進学も続けられないです。」という島津くんのお母さん。

しかしそれを聞いて黒木先生は「順くんの気持ちはどうするんですか?」「そもそもその気にさせたのはあなた方ですよね?」と詰め寄り、その後島津くんが受験を辞めなくてもいい3パターンをプレゼンし始めました。

プラン1は「奨学金制度のある学校を受験する」こと。

島津くんの実力なら中堅校で確実に特待を抑えた上で上位高の特待にもチャレンジでき、お母さん思いの彼なら特待維持のために進学先でも頑張ってくれる見込みがあるとの提案でした。

プラン2は「国公立の中学を受験する」こと。

都内だけでも19校ある公立中学は学費が私立に比べて格安で、「都立」は他の学校とは違う「適性検査」というテストを受けることになりますが島津くんなら今からでも対応可能とのことでした。

そしてプラン3は、島津くんの第一志望である「関成中学の奨学金制度を利用する」こと。

ただその制度には「年間所得が一定基準以下の世帯」という学力とは別の選考基準があり、これは島津家のご両親が離婚をする前提での提案でした。

それを聞いて当然戸惑いを見せるお母さんでしたが、黒木先生と話しているうちに最初は「受験を辞める」と言っていた島津くんが、改めて「関成受験したい!」「自分の力を試したい!」とお母さんに打ち明けたのです。

そうして彼らはここから残り3ヶ月、黒木先生を信頼して関成中学合格へ向けて受験を続けていくことになりました。

 

今回のエピソードは黒木先生が珍しく不安や迷いのある表情をよくしていたので、読みながらどんな結末になるのかドキドキしながらページをめくっていたのですが、結果的に島津くんとお母さんを救うような形になって安心しました。

島津くんはこれまでのエピソードで何度もスポットが当てられてきた分、自然と感情移入しちゃってますね(笑)

お母さんと一緒に受験を乗り越え、ぜひとも第一志望合格を掴み取って欲しいものです。

 

スポンサーリンク

黒木先生自身からの“生徒を潰した”過去が語られる!

島津くんの一件の際、黒木先生の口から「私は自分の生徒を潰した過去があります。」「私は2度と自分の生徒をあんな目に遭わせないと誓って桜花に来た。」というカミングアウトがありました。

それから一段落がついたタイミングで、黒木先生は桜先生と桂先生にフェニックス時代の自身の「罪」の話をし始めます。

当時フェニックスの最上位クラスを受け持っており、クラス替えテストでそのクラスから落ちた1人の生徒の腕に母親によってつねられた痣が数か所あるのに気が付いた黒木先生。

そしてその生徒を救いたい一心で塾外でも勉強を教え、それが母親にバレて正式に家庭教師を頼まれ、塾講師のタブーであると分かっていても彼を虐待から守るためにそれを引き受け、なんとか志望校に合格させてあげることができたそうです。

しかし、これが悲劇の幕開けでした。

なんと、その生徒は親主導で選んだ学校の授業についていくことができずに部屋に閉じこもるようになってしまい、高校への進級が厳しいと判断されたことによって親から「理想の息子じゃない」という烙印を押されてしまったのです。

そして彼はその言葉をきっかけにバットを手に取って部屋をめちゃくちゃにし、後から駆けつけた黒木先生によって取り押さえられてようやく落ち着きを取り戻すことができました。

黒木先生がたまに痛みで頭を抑えているのは、この時彼につけられた傷が原因のようですね。

そうして現在中3になったその生徒は祖母の家で引きこもり生活を送っており、勉強のサポートは黒木先生が通いでフォローをしているそうです。

こういったことを踏まえて、黒木先生は自身の「想像力」と「共感力」の無さを自覚し、「この仕事の本質は何なのか、学びとは何なのかを知るために桜花に来ました」と言っていました。

受験まで残り3ヶ月。
先生たちはこれから島津家やその生徒の家庭のように危険域に入っていく親のメンタルから生徒たちをフォローしきって、見事全員合格を掴み取らせることができるのでしょうか?

次巻以降、さらに緊迫した雰囲気が続いていくことになりそうです…。

 

まとめ

これまでもこのマンガでは中学受験に関する様々なトラブルを描いてきましたが、今回は一段とリアリティーと恐ろしさがあるエピソードでしたね…。

ただ、これまでの黒木先生の謎だった行動に対する理由が明らかになったので、もう一度第1巻から読み返してみるとまた違った見方ができるシーンも多そうです。

また、この第9巻の最後で黒木先生が「受験までの残り3ヶ月で親御さんのメンタルに3回の危機クライシスが来る」と言っていました。

受験が直前に迫るにつれ、どこかの家庭で今回の島津家以上の家庭崩壊が起こってしまう可能性もあるのでしょうか?

もう今後このマンガで受験が終わるまで、気を休める展開は来なさそうです…。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』10巻の発売日は?

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第10巻は2020年1月12日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
¥650 (2020/11/29 10:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、ありがとうございました。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください