[ネタバレ注意]『親愛なる僕へ殺意を込めて』最新第4巻|京花ちゃんの秘められた過去が語られる…。

スポンサーリンク


Pocket

今回は、真実と虚構が入り混じる話題沸騰の“二重人格”クライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意を込めて』、その第4巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

親愛なる僕へ殺意をこめて(4) (ヤンマガKCスペシャル)

エイジの協力者でありながら未だ謎の多い女子大生・真明寺麗が表紙を飾っています。

そしてその顔の下にはなぜか首を絞められている彼女の様子が…。
この表紙は一体何を意味しているのでしょうか?

 

このマンガは前巻第3巻でストーリーの1つの区切りを迎えました。

これまでは凶悪組織の悪事を暴くスリリングな展開が多かったですが、この第4巻からは一転、エイジの周りの人間にスポットが当てられたエピソードが繰り広げられます。

まさに“謎が謎を呼ぶ”展開。
しかもその謎は深まるほどに不気味になっていくのです。

 

今回の記事では、そんな『親愛なる僕へ殺意を込めて』第4巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『親愛なる僕へ殺意をこめて』を全巻無料で読む方法>

文字だけでなく『親愛なる僕へ殺意をこめて』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むと31日間マンガが読み放題になるので、この『親愛なる僕へ殺意をこめて』全巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『親愛なる僕へ殺意を込めて』3巻の振り返り

以下の記事に『親愛なる僕へ殺意を込めて』第3巻の見どころをまとめています。

サイの魔の手が京花ちゃんにまで及び、ついにエイジが彼と決着をつけることとなった第3巻。

彼1人では凶悪なサイに手も足も出ませんでしたが、京花ちゃんや真明寺の助けもあり間一髪のところで彼を警察に引き渡すことができました。

そして一件落着の後、エイジが京花ちゃんにB一のことを打ち明けたのをきっかけに始まったのは「B一の正体を探れ作戦」。

しかしその作戦の途中、明らかになったのはB一のことだけではありませんでした…。

 

では、さっそく第4巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『親愛なる僕へ殺意を込めて』4巻の見どころ&感想

エイジ、メンタルクリニックへ行く

自身の“二重人格”に向き合うため、意を決してメンタルクリニックへ足を運んだエイジ。

するとどうやら人格が入れ替わっている間にB一もこのクリニックへ来ていたようで、エイジは初対面なのにも関わらず、看護婦さんや他の患者さんは知った顔で彼に話しかけてくるのです。

そしてエイジは診察室に呼ばれます。
ドアを開けるといきなり「どうしたのかね?」と親しげに尋ねてくる先生。

当然戸惑うエイジ。
しかし先生はその反応で、エイジがこれまでの人格とは別の人格であることをあっさり見抜いてしまいました。

結局、先生はエイジに「彼(B一)がここに来た理由は君と同じ「解離性同一障害」(二重人格)の治療だが、今はその最適な治療法がわかっていない」とだけ伝え、それ以上のことは深く教えてくれませんでした。

 

この先生の目にはB一は一体どのように映っていたのか、そしてB一がこのクリニックに来た本当の目的は一体なんなのか…。

彼への興味はますます深まる一方です。

 

“7歳以降”の京花ちゃんの過去が明らかに

クリニックの帰り、エイジは突然京花ちゃんに今から実家に遊びに来ないかと誘われます。

出迎えてくれたのは彼女のお母さん。
出前のお寿司に手料理の天ぷらでエイジを快く出迎えてくれました。

それからしばらくしてお母さんが京花ちゃんにアイスのおつかいを頼み家に2人になった時、お母さんがうっかり口を滑らせたこともあり話題は“京花ちゃんの過去”に移ります。

なんと彼女は7歳の時に養子として引き取られた子で、それまでは養護施設に預けられておりこのお母さんとの血の繋がりはないというのです。

そしてそれ以前のことは彼女があまり話したがらなかったそうで、お母さんも両親が死別した“らしい”というような、詳しいことはわからない様子でした。

京花ちゃんが自分と似た境遇にいたということを知ったエイジ。
その帰り道、京花ちゃんをハグする彼の表情はとても優しそうでした。

 

このシーンの2人は本当に幸せそうだったのですが、サスペンスの要素が顔を出すのはここからです。

もうこの見出しの付け方からお気付きの方もいらっしゃると思いますが、秘密があるのは京花ちゃんの“7歳まで”の過去。

ここから、衝撃の事実が明かされます。

 

京花ちゃんがエイジに近づいた衝撃の真実が語られる…。

京花ちゃんの実家から2人でエイジの家に帰った夜、彼女のスマホにあのメンタルクリニックからの着信が入っていたことをきっかけにエイジは彼女に疑いの目を向け始めます。

そして彼がたどり着いたのは彼女が“7歳まで”育った養護施設。

そこで明らかになったのは、彼女がこの施設に来るまでのことは誰も知らず、そのきっかけは5歳の時に公園でホームレス生活をしていたところを警察に保護されたから、ということでした。

この事実を知ってしまったエイジは「君の過去を調べた」と京花ちゃんに正直に打ち明け、その上で彼女の心を救いたい一心で「何か君の力になれないかな?」という申し出をします。

涙を流す京花ちゃん。
そして彼女は「連れて行きたい場所がある」と言って、エイジをとあるアパートの一室に案内します。

そこは、彼女が虐待を受けて育った部屋でした。
お母さんから酷い仕打ちを受け、暗い押入れの中で自分自身を殺そうする日々を送っていた彼女。

では、そんな彼女がどうやってその部屋を抜け出し、公園で生活するようになったのか?

そのきっかけになった人物こそが、エイジの父親・LLだったのです。

LLが姉を殺し、それをきっかけにお母さんが自殺。
何事にも無関心だった父親と彼女だけが残り、彼女は家を飛び出した…。

そんな過去を彼女はあっさりと語ったのです。

つまり、彼女が見ていたのはエイジを通したLLの影。
これが彼女の“秘密”だったのです。

しかし、そんな話を聞いてもエイジはまだ彼女を受け止めるつもりでいました。

その決意を揺るがせたのは、その部屋の押し入れにあった白菱正人の死体
そして「実は私たち 本当の親子なのでしたー」と言う京花ちゃんの笑顔でした。

 

怒涛の急展開で脳の理解が全く追いついていないのですが、ここで第4巻はおしまいです…。

 

まとめ

これまでこのマンガの癒し要素的な存在だった京花ちゃんが、この第4巻になっていきなりこんなサスペンス要素たっぷりのホラー展開を運んでくるなんて…。

前巻までのサイはわかりやすい悪として描かれていましたが、僕はこの京花ちゃんのような狂ったサイコ的悪意の方が恐ろしく感じてしまいまいました。

ここから先、彼女は一体どういう立ち位置でエイジに絡んでくるのでしょうか。

謎が謎を呼び、どんどん膨らんでいきます。

いろんな意味で、次巻が楽しみですね…。

 

『親愛なる僕へ殺意を込めて』5巻の発売日は?

『親愛なる僕へ殺意を込めて』第5巻は2019年8月6日に発売予定だそうです。

今から発売が待ち遠しいです。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『親愛なる僕へ殺意を込めて』全巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください