[ネタバレ注意]『満州アヘンスクワッド』最新第5巻|勇たち、青幇、ロシアンマフィアの三つ巴の抗争勃発!

Pocket

今回は、新天地・哈爾濱ハルビンを舞台に勇たちが予想だにしない出来事に巻き込まれていく『満州アヘンスクワッド』第5巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

満州アヘンスクワッド(5) (コミックDAYSコミックス)

雪の降る中でクールにタバコを咥えて表紙を飾っているのは、ロシア人の天才「逃がし屋」キリルですね。

前巻までは大きくは勇たちと関わることのなかった彼ですが、この第5巻では彼をきっかけに1つの大きな作戦が動き出すこととなります。

また、この記事のタイトルにもあるようにかなり大きな抗争にも巻き込まれていくことにもなるので、終始手に汗握る展開が続く1冊となっていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『満州アヘンスクワッド』の第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『満州アヘンスクワッド』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『満州アヘンスクワッド』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1350ポイント分もらえるので、この『満州アヘンスクワッド』第5巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のコミック.jp以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『満州アヘンスクワッド』4巻の振り返り

以下の記事に『満州アヘンスクワッド』第4巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『満州アヘンスクワッド』5巻の見どころ&感想[ネタバレ]

キリルとともに青幇チンパンからナターシャを奪還せよ!

前巻の最後で大観園から姿を消していたキリルの想い人・ナターシャ。

実は彼女は「哈爾濱の“悪魔”」と呼ばれる青幇幹部の馮英九フォンインチューの部下によって攫われており、人身売買のオークションに売りに出されようとしていたのです。

その事実を知ったキルリは偶然再開した麗華に事情を説明して勇たちと手を組むことになり、大観園に住む子供たちの協力も受けてオークション会場の襲撃を実行します。

オークションが終わったタイミングで自作のダイナマイトを使って会場を爆破する勇。

そしてその襲撃から逃げようとする“ナターシャを買った男”の車を、キリルと麗華が車で追ってナターシャを救い出そうとしたのですが、その最中に両者の車は何者かが仕掛けた有刺鉄線によってパンクしてしまいます。

有刺鉄線を仕掛けた犯人、それは近辺を縄張りとするロシアンマフィアでした。

こうして“ナターシャを買った男”は彼らに射殺され、ナターシャとキリルと麗華の3人は彼らに拘束されることになってしまいました。

 

上記ではさらっと書いてしまいましたが、実際には人身売買に関するシーンはかなり卑劣な様子で描かれているんです。

ただ、それもキリルと勇たちが手を組めばなんとかしてくれるだろうと思っていたにもかかわらず、ロシアンマフィアが新たに関わってきたのは予想外でしたね…。

この出来事をきっかけに、事態は勇たちと青幇、そしてロシアンマフィアの三つ巴の抗争へと発展していきます。

 

皇帝ツァーリ」の知られざる裏の顔が明らかに!

ロシアンマフィアに拘束されてしまったキリルと麗華はこの状況を切り抜けるために、「麗華が青幇の大ボス、杜月笙の娘」であることを伝え、人質としての利用価値を訴えます。

ただ、最初は信じてもらえずマフィアの男の1人に殺されそうになるのですが、その男を止めたのが彼らのボスであり表の世界では「皇帝ツァーリ」と呼ばれているアレクセイ・ロジャエフスキーでした。

彼はこれまでにもキャバレーで働く女性たちにお金を配ったり身寄りのない人に食べ物を与えたりと、まさにロシア人の救世主だったのですが、このタイミングでこんな場所に現れたのには驚きましたね。

また後のシーンでわかることなのですが、なんと彼は白系露人事務局の局長室の地下で拘束した人間を拷問をするというとんでもない秘密も抱えていたのです。

そんな裏の顔を持つ彼はロシアンマフィアたちに「麗華を青幇との抗争の切り札として活かして捕らえておけ」と指示し、キリルを放り出した後、ナターシャを「ロシアのために仕えさせてやろう」と言って連れて行ってしまいました。

窮地に陥った麗華とナターシャ。
ここから不穏な緊張感が漂う展開が繰り広げられていきます。

 

「皇帝」の表の顔がいい人すぎて「本当にただのいい人なんじゃ…」と思っていた矢先に、その理想は見事に打ち砕かれることになってしまいました(笑)

また今回の一件の裏では青幇も麗華を捕らえるのではなく殺すために動き出しており、まさに八方塞がりといった状況ですが、はたして彼女はまた勇たちと再会することはできるのでしょうか…?

 

青幇とロシアンマフィアと勇たちの三つ巴の抗争が始まる!

麗華を捕らえたロジャエフスキーはさっそく青幇幹部の馮英九フォンインチューに電話をかけ、彼女を餌に青幇をスンガリーの埠頭へと呼び出します。

そして「女を返して欲しければ傅家甸フージャデンを渡せ」と条件を告げ、「青幇には哈爾濱から消えてもらおう」という要求を提示しました。

それを聞いて、麗華を手に入れることを最優先とし、「我々は哈爾濱から退こう」と彼の条件を飲んだ馮英九フォンインチュー

しかし次の瞬間、彼が口にした合言葉を合図に青幇の構成員たちがロシアンマフィアたちに向けて一斉に発砲を始めたのです。

これをきっかけにして青幇とロシアンマフィアの銃撃戦が始まり、麗華はこの混乱に乗じて拘束から逃げ出すことができました。

しかしその去り際、彼女の身に予想外のことが起こり、更なる窮地に追い込まれてしまうことになります。

いったい彼女に何があったのか、ぜひその衝撃のラストシーンは絵と一緒に、ご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『満州アヘンスクワッド』第5巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

まとめ

「三つ巴の抗争」とはいったものの、この第5巻では勇たちは準備を整えたり作戦を練ったり抗争の現場に遅れて到着したりと、まだ「三つ巴」の中には入れていません。

また、青幇とロシアンマフィアがやり合っている裏で、前巻でロジャエフスキーの秘書として雇われたニーナという女性が地下室からナターシャを救い出していたりと、様々な場所でいろんな動きが見られ出した1冊となっていました。

今回は「アヘン売買」で大きな動きが見られることはありませんでしたが、組織同士のぶつかり合いも緊張感があって読み応えがありますね。

勇たちの動きが大きくなるほど追手もより強大になってくると思うので、この先も今以上にどんな手に汗握る展開が繰り広げられるのかが楽しみです。

 

『満州アヘンスクワッド』6巻の発売日は?

『満州アヘンスクワッド』第6巻は2021年11月ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『満州アヘンスクワッド』第6巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『満州アヘンスクワッド』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『満州アヘンスクワッド』を電子書籍で読むなら初回50%OFFクーポンがもらえるDMM電子書籍常にセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

『満州アヘンスクワッド』第5巻をDMM電子書籍の初回半額で読んでみる

『満州アヘンスクワッド』第5巻をebookjapanでお得に読んでみる↓

 

『満州アヘンスクワッド』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『満州アヘンスクワッド』第5巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp

 

さらにコミック.jp以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください