[ネタバレ注意]『怪物事変』第8巻|島根・天ヶ淵編突入!夏羽と織を狐の軍勢が襲う!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、夏羽と織のタッグと狐の軍勢のバトルが描かれる「島根・天ヶ淵編」が収録された『怪物事変』第8巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

怪物事変 8 (ジャンプコミックス)

稲荷さんの部下であり、今回夏羽たちの前に立ち塞がる妖狐である赤城と花楓が表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第9巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『怪物事変』の記事一覧

 

さて、今回から夏羽と織がメインの「島根・天ヶ淵編」が始まります。

前巻では夏羽は四国の狸の里で、織はミハイさんのVRゲームでバッチリ修行していたので、これまでとは一皮向けた2人の活躍が期待できますね。

 

今回の記事では、そんな『怪物事変』第8巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『怪物事変』第8巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『怪物事変』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『怪物事変』第8巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『怪物事変』7巻の振り返り

以下の記事に『怪物事変』第7巻の見どころをまとめています。

太三郎の爺さんに挑んではやられ、それから爺さんの動きをそのままコピーできる伊予姫と繰り返し鍛錬をするという日々を送っていた夏羽。

そんな彼に必要なのは攻撃を避けるべきか受けるべきかを見極める力でした。

そして全吉からは相手を観察することを、紺からは強力な引っ掻き方を教えてもらった夏羽は、みごと太三郎爺さんから幻結石を奪うことに成功します。

一方その頃、織もミハイさんが作った織専用のVRゲームで訓練をし、これまでとは違う“糸を使って敵を翻弄する”という自分のスタイルに合った戦法を身につけていました。

今回はそんな2人が島根にある流結石の回収に向かうのですが、そこにはすでに稲荷さんの部下である狐の赤城と花楓がすでに到着しているようでした。

 

では、さっそく第8巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『怪物事変』8巻の見どころ&感想

流結石を求め夏羽と織は八ッ首村へ…

流結石が稲荷さんの手に渡る前に回収するため、夏羽と織は石のある島根県の八ッ首村というところにやってきました。

ただ、その村はどういうわけか人の気配が全くせず、代わりに大量の狐の石像が置いてあるという不気味な村でした。

その後、夏羽と織は昼食を取っている時に財布を盗まれそうになったのですが、それをきっかけに地元の人らしきお姉さんと環と呼ばれる子供と出会います。

夏羽たちから八ッ首村の様子を聞いて異変を感じた彼女を連れて再び彼らがその村へ戻ると、そこには稲荷さんの部下の花楓がおり、2人を見つけるや否や炎で殺そうとしてきたのです。

間一髪で織の糸で敵の目を覆うことで2人を助け出すことはできたものの、狐たちとの激闘がここから始まります。

 

スポンサーリンク

織の糸は花楓の炎に太刀打ちできるのか!?

夏羽に2人を逃すよう頼み、織はその時間を稼ぐために撹乱役を引き受けます。

しかし、炎特化型の狐である花楓の広範囲かつ超火力の攻撃で擬態糸は意味をなさず、炎の熱でタンパク質性の糸は固まってしまうため敵との相性は最悪でした。

防戦一方で逃げ回るしかできない状況で、自分の役割を必死に考える織。

そして彼は、逃げ込んだ森の崖から崖に熱で溶ける融解糸で作った橋を架け、その橋の上に花楓を誘導したのです。

その結果、花楓は自ら出した炎の熱で足場となる橋を溶かし、頭上に放った火の玉を自分の顔に食らいながら谷底へと落ちて行きました。

ミハイとの鍛錬で学んだことを存分に発揮した織の勝利です。

 

花楓と赤城のタッグを制し流結石を手にできるのか!?

実は大蛇という怪物だったお姉さんから、大蛇の里である八ッ首村に隠されていた流結石を受け取った夏羽と織。

しかし、その帰りの道中で幻使いの赤城によって環が奪われ、夏羽がこれまで集めてきた石との取引を持ちかけられます。

ただ、環は潔癖症の赤城におしっこを引っ掛けることによって自ら脱出し、加えて織の糸で幻術のトリガーだった“除菌ウェットシート”まで奪えたことで一気に形成は逆転したかのように思えました。

しかし、ここで織が谷底に落としたはずの花楓が、赤城の匂いをたどって再び彼らの前に現れたのです。

とっさの判断で今度は夏羽が2人の相手を引き受けるのですが、彼は花楓の炎と赤城の幻術の連携で一気に追い込まれてします。

もはや絶体絶命かと思ったその時、なんとそこに水神様の生まれ変わりである環が大蛇の姿となって大量の水と共に駆けつけてくれたのです。

そして突然の洪水に連携が崩れた隙をついて、夏羽は渾身の一撃を花楓の左目に打ち込むことができました。

果たしてこれで決着となったのか?
戦いの終幕は次巻へと持ち越しです。

 

まとめ

夏羽がパワーで織がサポートという、お互いの修行の成果がうまく噛み合ったバトルが繰り広げられていたと思います。

ただ狐の花楓と赤城の力も強力で、ここから先夏羽たちはこのレベルの敵と戦っていかなくてはならないのかと思うとなかなか厳しい道のりとなっていきそうですね。

次巻第9巻では久々の晶メイン回で彼も狐と勝負を繰り広げることになり、結石をめぐる戦いからはますます目が離せなくなりそうです。

 

〜追記〜

『怪物事変』9巻の感想記事

以下の記事に『怪物事変』第9巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『怪物事変』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
集英社
¥528 (2020/11/29 04:28:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

『怪物事変』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『怪物事変』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『怪物事変』第8巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください