[ネタバレ注意]『怪物事変』第7巻|祝!TVアニメ化決定!夏羽や織がカラーで動きだす!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、みごとTVアニメ化も決まった「ジャンプSQ」で大人気の“怪物”ファンタジーマンガ『怪物事変』、その第7巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

怪物事変 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

オンラインゲーム中毒の吸血鬼(ヴァンパイア)・ミハイが不敵な笑みを浮かべて表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第8巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『怪物事変』の記事一覧

 

さて、冒頭にも書きましたが、『怪物事変』TVアニメ化おめでとうございます!

ブログでは全然紹介記事を書けていませんでしたが、単行本が出るたびに購入して読み続けていた作品なので個人的にすごく嬉しいです。

TVアニメの公式サイトはあるのですがまだアニメ化が決まったという情報しか出ていないので、今後更新されていくのが楽しみですね。

TVアニメ『怪物事変』公式サイト

 

今回の記事では、そんな『怪物事変』第7巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『怪物事変』第7巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『怪物事変』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『怪物事変』第7巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『怪物事変』6巻の振り返り

以下の記事に『怪物事変』第6巻の見どころをまとめています。

冒頭から結と晶の故郷である雪の里で2人に起こった出来事と、晶が隠神さんのもとにやってきた経緯が描かれた第6巻。

そして、零結石によって命が失われようとしている結を救うために夏羽が近づくと、なぜか突然夏羽の体内にある命結石が口から出てきてぽろっと落ち、なんと零結石と合体してしまったのです。

ただ、それによって結の体から零結石は取り出され、彼の命は助かりました。

その後、このくっついた石をめぐって犬神さんはその秘密を確かめるために、夏羽と(紺も)一緒に四国の屋島を訪れます。

そこには幻結石という石があり、夏羽はその石を譲り受けるために、太三郎という狸の爺さんから「1日1回の挑戦で石を奪う」ことになりました。

はたして夏羽はこの超強い爺さんにから石を奪い、それらの秘密を解くことができるのでしょうか。

 

では、さっそく第7巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『怪物事変』7巻の見どころ&感想[ネタバレ]

夏羽へのヤキモチから紺が暴走してしまう!

太三郎の爺さんに挑んではやられ(死に)、それから爺さんの動きをそのままコピーできる伊予姫と繰り返し鍛錬をするという日々を送っていた夏羽。

そうしていくうちに彼には、死なないからと言って全ての攻撃を受けきる次の段階、攻撃を避けるべきか受けるべきか見極めていく力が必要となっていました。

しかしその間ほったらかしにされていた紺は、狸の里の全吉に唆されて偽の幻結石を盗んできたと夏羽に告げ、それによって夏羽には「返してきて」と怒られ狸たちには責められたことで、妖狐の姿になって泣き喚き始めたのです。

結果的に夏羽が紺をなだめるも彼女は感情を高ぶらせて意識を失ってしまったことで事態は収束したのですが、どうやら彼女は夏羽にとっても稲荷さんにとっても“一番”でありたくなってしまい混乱していたようでした。

ただ、この騒動のおかげで夏羽は非を詫びた全吉からアドバイスをもらうことができ、爺さんから石を奪うまでもうあと一歩となります。

 

紺は稲荷さんに好かれようと一直線なのですが、その感情を利用されているかわいそうなキャラなんですよね。

この四国での出来事を通して、彼女の境遇に何かプラスになるようなことでも起きてくれればいいのですが…。

 

スポンサーリンク

織はミハイの作ったVRゲームで修行を開始する!

ミハイに「強くなりたいから稽古をつけてくれ」と頼んだ織はその後、彼の作った“ゲーム内のダメージが現実に反映されるVRゲーム”ミハイクエストをプレイさせられていました。

しかしこのゲームでは敵を倒しても経験値やアイテムが貰えるわけでもなく、即死レベルのダメージを負いかねないドラゴンを前に織はずっと最初の街にすらたどり着くことができていませんでした。

そんな中で、彼はミハイのPCにハッキングをしてこのゲームをプレイしていた“ツナマヨ”という違法プレイヤーと出会います。

そして話の流れで2人はパーティを組むことになり、ツナマヨがこのシナリオが織専用のものだと気づいたことで、織はドラゴンと闘うのではなく“擬態糸”を纏って戦闘を避けるという選択をし、みごと最初の街にたどり着くことができました。

夏羽のようなパワータイプとは違う、糸を使って敵を翻弄するという自分のスタイルに合った戦法を身につけた織。

次の戦いでは、夏羽の隣でこれまでとは違う戦い方をする織が見れそうですね。

 

このVRゲーム内ではゲームの中なのに食事や睡眠が取れるのですが、なんとそれを現実で織に用意していたのはミハイさんでした。

プロ並みの手際でチャーハンを作ったりふわっと優しく織に布団をかけてあげるミハイさんはちょっと面白かったです。

 

夏羽はついに幻結石を奪い取るも紺の身に悲劇が…!

太三郎爺さんから幻結石を奪い取るのに必要な残りのピースが“引っ掻きの鍛錬”だということを実感した夏羽は紺に謝って仲直りをし、指の力を一点に集中する引っ掻き方を教えてもらいます。

そしてその甲斐あって、彼はみごと爺さんとの激しい攻防を制し幻結石を奪い取ることができました。

しかしその日の夜、稲荷さんからの任務を遂行するために夏羽の持つ幻結石を取り込んだ命結石を盗んだ紺。

ただ下手くそな嘘でみんなからバレバレのなか、ただ1人自分を信じ続けてくれる夏羽を裏切る罪悪感に耐えきれなくなり、彼女は「紺の一番は夏羽がいい」と稲荷さんを裏切ったのです。

次の瞬間、紺の胴体はいきなり現れた野火丸によって爆破されてしまいました。

遅れてやってきた織と妹のアヤの糸のおかげで紺はなんとか一命を取り止めはしたものの、これを皮切りにこれまで同盟関係にあった隠神さんと稲荷さんは敵対関係に。

ここから夏羽と織は2人で島根にある流結石を追うことになるのですが、そのエピソードは次巻第8巻へと持ち越しです。

 

まとめ

紺は性格的に憎めないキャラで個人的には気に入っていたのですが、今回の切り捨てられ方はちょっとかわいそうでしたね。

その分、また今度目を覚ました時に夏羽たちと和解して協力して戦ってくれる時が楽しみです。

そして、いよいよ次巻からは稲荷さん率いる狐軍との戦いが幕を開けます。

この第7巻の最後には赤城と花楓と呼ばれる稲荷さんの部下が登場していたので、彼らと成長した夏羽と織の戦いはきっと白熱することでしょう。

先の展開に期待が膨らみます。

 

〜追記〜

『怪物事変』8巻の感想記事

以下の記事に『怪物事変』第8巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『怪物事変』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
集英社
¥528 (2020/09/18 19:21:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

『怪物事変』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『怪物事変』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『怪物事変』第7巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください