[ネタバレ注意]『カクカゾク』第2巻|合体家族同士の戦いはさらに激しさを増していく!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、“物理的な意味”で家族が1つになるバトルパニックマンガ『カクカゾク』、その第2巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

カクカゾク(2) (サンデーうぇぶりコミックス)

縁の友達のモジャ一家が“合体家族”となった姿が描かれています。

この第2巻では、冒頭から縁一家VSモジャ一家の激闘が繰り広げられていきますよ。

 

〜追記〜
第3巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『カクカゾク』の記事一覧

 

 

今回の記事では、そんな『カクカゾク』の第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『カクカゾク』を無料で読む方法!

文字だけでなく『カクカゾク』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『カクカゾク』1巻の振り返り

以下の記事に『カクカゾク』第1巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『カクカゾク』2巻の見どころ&感想[ネタバレ]

再び1つになった縁一家の反撃開始!

前巻の最後、縁と父親を食べた祖父(地球外生命体)がそのまま他の家族も全員食べることによって、再び合体家族の姿になった縁一家。

そしてその姿でモジャ一家との戦闘に臨もうとするのですが、まだモジャとの友情関係に未練がある縁のせいで家族の意思が揃わず、彼らは思ったように体を動かせずにいました。

しかしそんな縁に父親が喝を入れ、間一髪のところでモジャ一家の攻撃を避けることができた彼らは徐々に体制を立て直していきます。

そして「もう家族を失いたくない」「だから友達はいらない」と言って攻撃をしてくるモジャに対し、縁は「まだ友達でいたい」「でも俺にだって失いたくないものがある」と覚悟を決め、合体家族の力を発揮してモジャに渾身の頭突きを喰らわせたのです。

その一撃がきっかけとなり、ひとまず縁一家はモジャ一家に勝利を納める事ができました。

 

この戦いの後、モジャが家族に心境を吐露しており、やはり彼も本心では縁との友情を切り捨てる事ができていなかったようですね。

そしてそれを聞いて彼の家族もモジャの考えに歩み寄ろうとしてくれたのですが、ここからまた彼ら2つの家族に予想外の出来事が巻き起こります。

 

宇宙人に支配されたモジャ一家を止められるのか!?

戦意を喪失したモジャ一家に対して縁の父親が協力しようと手を差し伸べたのですが、その直後に彼らの体は宇宙人に操られ縁たち合体家族に再び襲いかかってきました。

そして致命傷レベルの傷を負わされた縁一家も宇宙人の支配下に陥ってしまい、彼らは縁とモジャの意思に反して食うか食われるかの殺し合いを再開させられます。

しかしそこに突然エリスという女性が現れて、持ってきたトラックで2つの合体家族を潰すような形で戦闘を止め、自分の体の一部を食わせることに彼ら2つの家族を助けてくれたのです。

どうやら彼女は合体家族でありながら単体でも相当な強さを持っているようで、更にはこの現状を引き起こしている宇宙人に関しても縁たちが知らない部分まで詳しく知っているようでした。

ただ彼女は彼らを助けた後、宇宙人に関する注意と合体の解除方法を教えてどこかへ行ってしまったのですが、またこの先のストーリーでキーパーソンとして縁たちの前に現れることになりそうです。

 

ひとまず、エリスが去った後で縁とモジャがお互いにちゃんと謝って仲直りしていたのは安心しました。

2人の信頼感はより厚いものになったようで、彼らの体が再び宇宙人に乗っ取られる事がない限りは頼もしい味方でいてくれる事でしょう。

 

「ダディ」率いる謎の新興宗教が縁一家を襲う!

モジャ一家との一件が終わった後、今度は姉の凛が信頼していた先輩一家の合体家族に襲われることになります。

ただその一家との戦いは凛と母親が互いに理解を深めあったことによって、特に苦戦することなく縁一家の勝利となりました。

しかしそこから徐々に「ダディ」と呼ばれるボスが率いる合体家族たちが集まる新興宗教の存在が明らかになってきたのです。

彼らは“家族”を増やすことを目的としているようで、そこに集まる合体家族は縁一家やモジャ一家よりも体を使いこなしているようでした。

そしてこの第2巻の最後には、縁たちの家の前にその新興宗教の合体家族が何体も集まっており、更にはエリス率いる機動隊もその場に乱入してきます。

突如巻き起こった三つ巴の状況。
合体家族をめぐる戦いは次巻以降さらに白熱していくことになりそうです。

 

まとめ

第1巻は驚きの設定で物語が幕を開けそのまま圧倒された印象がありましたが、この第2巻で宇宙人の秘密などストーリーの深いところにも少しずつ触れられるようになってきましたね。

縁たちも合体家族の力を少しずつ使いこなせるようになったもののまだまだ謎な部分も多いようなので、ここから先どんな殴る蹴る以上の戦闘が繰り広げられていくのかが楽しみです。

さて、続く第3巻の予告では「末娘の紬が新興宗教に攫われ、母親が警察の監視下に置かれてしまう」との一文が記載されていました。

はたして彼らは新興宗教と警察から大切な家族を取り戻す事ができるのでしょうか?

次巻以降の展開からも目が離せません。

 

〜追記〜

『カクカゾク』3巻の発売日は?

以下の記事に『カクカゾク』第3巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『カクカゾク』第2巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『カクカゾク』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『カクカゾク』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『カクカゾク』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『カクカゾク』は無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「サンデーうぇぶり」をインストール

 

さらにマンガを無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください