[ネタバレ注意]『呪術廻戦』最新第17巻|死滅回游の平定に向けて呪術師たちが動き出す!

Pocket

今回は、加茂憲倫が仕掛ける呪術を与えられた者たちが殺し合う「新章:死滅回游編」がスタートする『呪術廻戦 』第17巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

呪術廻戦 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)

禪院直毘人の息子で特別1級術師の禪院直哉が、“血”を頭からかぶり不敵な笑みを浮かべて表紙を飾っています

 

さて、「死滅回游編」に突入していくこの第17巻には、巻全体のサブタイトルとして「あしふくむ」という言葉が付けられています。

この言葉は「葦を啣むかり」ということわざが元になっており、意味は「雁(という鳥)が海を渡って遠くへ飛ぶときに海上で羽を休めるために枯れ葦を口にくわえて行くこと」から、「物事を行うときの準備が完全なこと」だそうです。
参考:ことわざ辞典ONLINE.

そしてこの巻に収録されている5つの「葦を啣む」の話では禪院真希と真依の姉妹にスポットが当てられており、このことわざの意味を知った上で読むとかなり心に響くエピソードとなっていましたね。

死滅回游に向けてどんな「準備」が進められていくのか、必見です。

 

今回の記事では、そんな『呪術廻戦』の第17巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』第17巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『呪術廻戦』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『呪術廻戦』第17巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『呪術廻戦』16巻の振り返り

以下の記事に『呪術廻戦』第16巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第17巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『呪術廻戦』17巻の見どころ&感想[ネタバレ]

死滅回游のルールが明かされ虎杖たちが動き出す!

前巻の最後の戦闘からしばらく経った後、乙骨は実は悠仁の味方で、これまでの戦闘は総監部に対して悠仁の死を偽装するために打っていた芝居だということを彼に明かしてくれました。

しかしそれでも自分(の中の宿儺)が大勢の人を殺したことで自責の念にかられている悠仁に対し、伏黒は「オマエ独りで勝手に諦めるな」と言い、「ただひたすらに人を助けるんだ」という言葉に続けて「まずは俺を助けろ」と伝えます。

じつはこの時、加茂憲倫によって仕組まれた呪術を与えられた者たちの殺し合い“死滅回游”が動き出しており、それに伏黒の義姉である伏黒津美紀も巻き込まれているというのです。

そして「お前の力が必要だ」と言われた悠仁は、乙骨に「今度俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」と頼み、死滅回游という未曾有の呪術テロに備えるために高専へと戻ります。

 

上記のシーンの最中に死滅回游の〈総則ルール〉が書かれているのですが、この演出がすごく『HUNTER×HUNTER』っぽくて、ジャンプ掲載時にSNSでも話題になったみたいですね(笑)

その1〜8まであるルールの中の1つに「泳者プレイヤーがルールを追加できる」というものがあるのですが、これによって死滅回游がどんどんおもしろいものになっていくのではと期待しています。

まだ少し先にはなりそうですが、死滅回游の本格的なスタートが待ち遠しいです。

 

天元様から加茂憲倫の目的と獄門疆の解き方が明かされる!

乙骨、伏黒、脹相とともに高専へと戻った悠仁は、そこで九十九さんとなんとか一命を取り留めていた真希と合流し、その後呪術界の要であり不死の術式を持つ天元様に加茂憲倫の目的獄門疆の解き方を聞きに薨星宮こうせいぐうへと向かいます。

そこではすぐに天元様に会うことができ、早速彼らはその2つの質問を天元様に問うのですが、それに応える代わりに「乙骨、九十九さん、脹相の3人のうち2人が彼の護衛につく」という条件を提示されました。

なぜ不死であるはずの天元様が護衛を求めるのか、それは進化を果たした今の彼は人間よりも呪霊に近いらしく、加茂憲倫が使う呪霊操術の術式対象になっているためでした。

そしてその加茂憲紀の目的が「人類と天元の同化による日本全土を対象とした人類への進化の強制」であるため、「接触した時点で取り込まれるかもしれない」ということを危惧しての条件提示だったようです。

それを聞いて3人のうち九十九さんと脹相が護衛に名乗り出てくれ、次に天元様は五条先生の開放に必要な獄門疆「裏」を取り出し「これをこじ開ければ『表』に封印されている五条悟を解放できる」と教えてくれました。

しかしそのこじ開けるために必要な道具はこの世、もしくは日本には無く、その代わりに彼らは死滅回游泳者であり“あらゆる術式を消滅させる術式”を持つ「天使」と名乗る1000年前の術師・来栖華と接触するために、それぞれの目的をもって行動を開始します。

 

この天元様から話を聞くシーンはあまりにも新たな情報や状況説明が多く、上記の見どころはこれでもかなり端折っています。

なのでこの先の展開を十分に楽しむためにも、ぜひこのシーンはご自身でじっくり読み込んで欲しいですね。
(読み込んでも正直よくわかりにくい部分はいくつかあったのですが…。)

個人的には五条先生がどのタイミングで解放されて、その無茶苦茶な力で死滅回游を無双してくれるのかが非常に気になります。

 

禪院甚爾と“同じ”に成った真希が禪院家を終わらせる

天元様のところで解散した後、組屋鞣造のアトリエに寄って呪具「竜骨」を手にした後、禪院家の忌庫へと呪具を取りに行った真希。

しかしそこには彼女の父親である扇と、彼にすでにやられている真依の姿がありました。

どうやら彼をはじめとする禪院家は「五条悟解放を企てた謀反者として伏黒恵と真希、真依を誅殺」し、勢力争いに遅れを取らないようにするだけでなく、実の娘の死を利用して総監部からの信頼を得ようとしていたのです。

そして真希と扇の戦いが始まったのですが、真希は扇の刀の刀身を折ることには成功したものの、踏み込んだタイミングで呪力によって補填された刀身で腹を切り裂かれてしまい、真依とともに大量の呪霊がいる懲罰房へと放り込まれてしまいました。

この時点で真希は意識を失っており、その後2人は真依からの口付けによって精神世界で会話をすることになります。

そこで真依から「構築呪術で刀を作り終わったら死ぬから」「呪術も何もかも持っていってあげる」「全部壊して」と伝えられた真希が目を覚ますと、彼女の体は禪院甚爾と同様の完全なフィジカルギフテッドを得ていたのです。

そこから真希は呪霊を消滅させ扇を殺した後、禪院直哉も含む禪院家の人間を皆殺しにしてしまいました。

このシーンの真希は圧倒的な強さで鳥肌が立つほどかっこよく、全てを力でねじ伏せていくのでかなりの迫力がありましたね。

ぜひここは絵と一緒に、ご自身の目でご覧いただきたいです。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『呪術廻戦』第17巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

まとめ

最後の真希と真依の会話のシーンで「全てを持っていってあげる」と言った真依が、「これだけは置いていくわ」と言って真希に渡したのが“葦の穂先”でした。

これによってまさにこの巻のサブタイトルの「あしふくむ」の意味通り、真希は「準備が完全」となり「葦を啣むかり」になって「禪院家」から羽ばたいていったんですよね。

正直、これまではどのマンガでも割とサブタイトルに使われている言葉の意味とかはスルーしがちだったのですが、この巻のおかげでちゃんと言葉の意味を調べてから読むことの重要性を学べた気がします。

また上記では割愛しましたが、この第17巻では夜蛾学長の死が描かれることとなります。

1話分のエピソードでパンダ先輩の想いも相まって胸を打つシーンが描かれていたので、ぜひそちらもご自身で読んでみてください。

舞台が高専から離れ「それぞれが死滅回游に向けてやるべきことをやる」という展開になってきた中で、次巻以降ではどんなストーリーが展開されていくのか、予想がつかない新章に期待が膨らみます。

 

『呪術廻戦』18巻の発売日は?

『呪術廻戦』第18巻は2021年12月25日に発売予定のようです。

今から続きが待ち遠しいですね。

 

以上、『呪術廻戦』第17巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『呪術廻戦』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥484 (2021/10/19 17:49:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

『呪術廻戦』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『呪術廻戦』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『呪術廻戦』第17巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください