[ネタバレ注意]『呪術廻戦』最新第13巻|TVアニメ放送スタート!人気の勢いは止まらない!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、TVアニメの放送がスタートしコミックスも累計850万部突破と高い人気を誇るダークアクションバトルマンガ『呪術廻戦』、その第13巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

丸い月を背景に、刀を構えた1級術師の日下部さんが表紙を飾っています。
めちゃくちゃカッコよく決まってますが、正直あんまり活躍は描かれません(笑)

 

さて、冒頭にも書きましたが、2020年10月2日からついにTVアニメが始まりましたね。

『呪術廻戦』のダークな作風がアニメーションでクールに映えており、『鬼滅の刃』のようにアニメきっかけでまた爆発的な人気が出ることも期待できるクオリティとなっていました。

まだアニメを見れていない方は後で紹介するU-NEXTでも31日間の無料トライアルで見ることができるので、ぜひアニメもマンガも両方をお楽しみいただければと思います。

 

今回の記事では、そんな『呪術廻戦』第13巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』第13巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『呪術廻戦』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『呪術廻戦』第13巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『呪術廻戦』12巻の振り返り

以下の記事に『呪術廻戦』第12巻の見どころをまとめています。

では、さっそく第13巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『呪術廻戦』13巻の見どころ&感想[ネタバレ]

復活した伏黒甚爾が特急呪霊・陀艮を祓う!?

この第13巻は前巻の最後に真依と七海さん、禪院直毘人の3人が遭遇した特急呪霊の陀艮との戦いから幕を開けます。

初めは直毘人の投射呪法を駆使した高速攻撃で圧倒できていたのですが、それを受けた陀艮がすぐに領域展開「蕩蘊平線たううんへいせん」を発動したことによって、そこから彼らは一気に追い込まれることになりました。

しかしそこに領域を押し合うような形で伏黒が「嵌合暗翳庭かんごうあんえんてい」を展開しながら入ってきてくれたおかげで、陀艮の領域から脱出するチャンスを得た3人。

ただ予想外だったのは、その領域の穴から突然第11巻で“イタコ”のオガミ婆によって復活させられた禪院甚爾が入ってきて、真依の特級呪具・遊雲を奪ったかと思いきやそのまま1人で陀艮を祓ってしまったのです。

それによって結果的に彼らは陀艮の領域から出ることができたのですが、伏黒は禪院甚爾によって建物外へと連れて行かれ、残った3人は後からやってきた漏湖に焼かれてしまいました。

 

ここまで色々と端折って淡々と書いてきましたが、内容的にはかなり衝撃的な展開の連続でしたね。
この要約だけでこのシーンを済ませてしまうのは正直もったいないです(笑)

伏黒は禪院甚爾が自害したことによって殺されることはありませんでした(その後サイドテールの呪詛師に斬られてはいました)が、漏湖に焼かれた3人は硝子さんの反転術式で回復できるのでしょうか?

七海さんと真依がこんなにあっけなく死んだら悲しすぎます…。

 

スポンサーリンク

10本の指を取り込み宿儺が目覚める!

脹相との戦いに敗れ気を失っていた悠仁に宿儺の指を1本取り込ませた夏油一派の菜々子と美々子。

その直後、指が解放された気配を感じ取った漏湖がその場に現れ2人を攻撃し、宿儺を起こして肉体の主導権を得させるために10本もの指を一気に悠仁に取り込ませます。

そうして目覚めた宿儺はまず菜々子と美々子を殺し、その後「虎杖悠仁の肉体の主導権を永劫得るための“縛り”を作れ!」と言う漏湖に対しては、それを拒否したものの「指の礼に一撃でも入れたら呪霊の下についてやる」という提案をしました。

そこから宿儺と漏湖の戦いが始まったのですが、この2体の戦いはあまりにも宿儺の一方的な展開が続き、漏湖の必死の攻撃も彼は戯れるかのように躱し少しのダメージを負うことはありませんでした。

そして「興が乗ってきた」と言う宿儺は「■」「フーガと唱え手から炎を出し、炎の術式を使う漏湖に対して火力勝負を挑み始めたのです。

はたして、この規格外の特級呪霊同士の戦いは一体どんな決着を迎えるのでしょうか?
この続きは次巻へと持ち越しです。

 

やっぱり宿儺の力は圧倒的ですね…。

彼には彼の目的があるようなのですが、それによって呪術師にとっても呪詛師にとっても敵にも味方にもなり得るので、彼が登場すると先の展開の読めなさに常にハラハラさせられてしまいます。

これまでもこれからも、宿儺の動向からは目が離せません。

 

まとめ

前巻までの「渋谷事変」はどちらかと言うと夏油のシナリオに沿っていたように思えますが、今回は禪院甚爾や宿儺をはじめ、イレギュラーな要員による荒れた展開が繰り広げられた印象を受けました。

悠仁が脹相から受けた致命傷も、主人格が宿儺に変わったことで回復した点だけはとりあえず一安心ですね。

ただ、七海さんや真依、伏黒の容態も気になりますし、誰がいつ死んでもおかしくないような緊張感はここから先も続いていくことになるでしょう。

はたして彼らは呪詛師たちに打ち勝ち、封印された五条先生を救い出すことができるのでしょうか?
先の展開に不安と期待が入り混じります…。

 

『呪術廻戦』14巻の発売日は?

『呪術廻戦』第14巻は2021年1月4日に発売予定のようです。

今から発売が待ち遠しいですね。

 

以上、『呪術廻戦』第13巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『呪術廻戦』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥460 (2020/10/25 22:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

『呪術廻戦』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『呪術廻戦』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『呪術廻戦』第12巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
以下の記事をチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください