[ネタバレ注意]『地獄楽』第2巻|アプリで大人気!今読むべきマンガはこれ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、アプリ「少年ジャンプ+」で大人気連載中の“浪漫活劇”『地獄楽』、その第2巻の見どころ&感想記事です。

2巻の表紙がこちら。

地獄楽 2 (ジャンプコミックス)

画眉丸の打ち首執行人・佐切が妖艶に表紙を飾っています。

僕が今すっかりハマってしまったこのマンガ。

絵もきれいでストーリーのテンポも良く、かなりのお気に入りとなっています。

こういう作品をみると、無料マンガアプリもどんどんクオリティが上がってきていることを実感しますね。

さて、今回の記事では、そんな『地獄楽』第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

スポンサーリンク

『地獄楽』1巻の振り返り

『地獄楽』1巻の見どころについては以下の記事にまとめています。

1巻では画眉丸をはじめとする罪人たちが島に送られ、「不老不死の仙薬」をめぐるサバイバルが始まりました。

2巻は画眉丸と島のバケモノや他の罪人たちとの戦いがさらに加熱してきます。

では、さっそく内容の方に入っていきましょう。

『地獄楽』2巻の見どころ

頭が魚の神仏?島のバケモノとの戦い

2巻の1コマ目は頭が魚、6本生えた腕で拝むように手を合わせたバケモノの姿でした。

2巻ではこんな感じのキモめなバケモノがわんさか登場します。

ただ、そのバケモノたちはみんな数珠などの仏具を身に付けていて、ずっと微笑んでいるんですよね。

神さま、仏さまのような格好をしたものもいます。

本当にこの島は極楽浄土なのではないか、そんな疑問が湧いてくる展開でした。

画眉丸と佐切の心の変化

罪人の画眉丸と処刑執行人の佐切、二人は殺し殺される関係にあります。

しかしお互いに相手への興味関心を抱き、人間性への理解が深まりつつある中でそう割り切ることができません。

相反する関係性の2人がともに変わっていき、成長していく様子は今後への期待を膨らませてくれます。

最後は一体どうなるんでしょうかね?

画眉丸は佐切に処刑されるのか、それとも2人も無事に島を抜けられるのか、はたまた島で力尽きてしまうのか…。

楽しみに見届けていくとしましょう。

徐々に明かされていくの謎

始めは「本当に何もわからない島」という感じでしたが、徐々にその全貌が明らかになってきました。

人の顔が付いた蛾やムカデがウジャウジャいる。

バカでかいバケモノたちもウジャウジャいる。

「不老不死の仙薬」は本当にこの島にある可能性が高い。

などなど…。

そして2巻の最後には、罪人たちを「人間」と呼ぶ2人の女(?)が登場します。

見た目は普通ですが、怒って女から男に変わったりと明らかに人間ではありません。

彼女たちは一体何者なのか、そんな気になる展開を迎えて、この『地獄楽』2巻はおしまいです。

まとめ

1巻の時から思っていましたが『地獄楽』ストーリーの展開がテンポよく、黙々と集中して読むことができますね。

島の謎もどんどん増えてきて、読み応えがますます出てきました。

3巻の展開にも期待が膨らみます。

 

〜追記〜

『地獄楽』3巻の感想記事

『地獄楽』第3巻の見どころを以下の記事にまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください