[ネタバレ注意]『ホームルーム』第5巻|「コミックDAYS」で圧倒的人気の学園サイコラブコメ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、キャラの濃すぎるサイコな登場人物たちがカオス100%の状況を次々と生み出す学園サイコラブコメ『ホームルーム』、その第5巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

ホームルーム(5) (ヤンマガKCスペシャル)

オレンジの背景に、幸子の親友であるマルが満面の笑顔で表紙を飾っています。
それにしても彼女のどアップはなかなか迫力がありますね…(笑)

 

〜追記〜
第6巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『ホームルーム』の記事一覧

 

この『ホームルーム』第5巻ではプレゼント企画が実施されているのですが、なんとその景品が“ラブリンの抱き枕”なんです。

実物の写真は掲載されていなかったのですが、両面印刷ということなのできっと「優しい先生」と「変態ストーカー」の一面が裏表になっているのではないでしょうか?

応募締め切りは2019年10月31日なので、まだ間に合います。
(8月の5巻の発売からこの記事の公開が遅れて申し訳ありません。)

応募券はコミックスの帯についているので、「ラブリンの抱き枕が欲しい」という方はぜひ下記リンクからご購入ください。
※電子版には帯が付かないので注意してください。

created by Rinker
講談社
¥693 (2020/09/27 11:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の記事では、そんな『ホームルーム』第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ホームルーム』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『ホームルーム』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ホームルーム』4巻の振り返り

以下の記事に『ホームルーム』第4巻の見どころをまとめています。

男にとって1番無防備なタイミングを幸子にのぞかれてしまった愛田先生、ですがなんとか彼女に引かれることなく事態を収束させることに成功しました。

また学校では、ヤン沢たち不良グループと仲が良く、過去に先生に手を出させるように誘導し辞職に追い込んだ夏目ゆあが謹慎から復学してきます。

そして様々な偶然が重なり合った結果、なんと彼女に幸子の部屋のベッドの下に全裸で忍び込んでいるところを見られてしまったのです。

次の日の英語の授業で互いに同じ学校の先生と生徒だと認識し合う2人。
愛田先生はこのかつてないピンチを切り抜けることができるのでしょうか?

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ホームルーム』5巻の見どころ&感想

ラブリンと夏目ゆあのマウンティングバトル、決着!

愛田先生のこれ以上ない弱みを掴んだ夏目ゆあは「服従の儀」と称して彼に足を舐めさせようとするのですが、先生は意外にもそれをあっさり受け入れ従います。

想像以上の快感に白目を向きぐったりしてしまう彼女。

そして愛田先生が従順なのをいいことに、彼女はまた夜の見回りも来ないような部室に彼を呼び出し、今度はその様子を録画してヤン沢たちに見せようと罠を張って待っていました。

ですが、そこはやはり先生の方が一枚上手でしたね。

なんと彼は夏目に罠にハメられ職も家族も信頼も失った元教師をその場に呼び出し、彼女を襲わせようとしていたのです。

盗撮用のスマホもしっかり回収し、「大人を舐めるなよ」と去っていった彼の表情はもはや悪人そのもののようでした。

 

このマンガに登場するのは目的のためには手段を選ばないような人たちばかりなので、毎回予想をはるかに超える展開が繰り広げられ終始ハラハラさせられるんですよね。

ちなみに、この第5巻の残りのエピソードに夏目は一切登場しませんでした。
はたして彼女がまた先生の前に現れることはあるのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

マルが愛田先生の罠に嵌められる!

前巻第4巻の最後に幸子にキスをし告白をしたマルですが、「やっぱり友達としてしか見れない」とフラれたことで、これからは彼女の愛田先生への恋を応援しようと心に決めます。

しかしそんな出来事の後で、実は彼女は先生が夏目の足を舐めるところをモロに目撃してしまっていたのです。

般若のような形相で愛田先生を頰を叩き、幸子にこのことを伝えようとするマル。

ですが彼女に愛田先生がド変態であることを伝えても信じてもらえず、「私よりあんな男を信じるんだ…」と、2人はそのまま喧嘩別れとなってしまいました。

そして、愛田先生はこんな2人の状況をも利用して、マルに罠を仕掛けます。

それは、自ら幸子の上履きを片方隠しそれを口実にクラス全員のバックの中をチェックして、マルの番になった時に彼女の目の前でその隠した上履きを落とす、というとても教師とは思えないことをやってのけたのです。

マルは当然「ハメたでしょ!」と声をあげるのですが、目に涙を浮かべてこちらを見つめる幸子を見て教室を飛び出して行きました。

 

だんだんとやることが露骨になってきた愛田先生。

ヤン沢たちを始め本性を知り敵となる生徒も増えてきた中で、彼はどこまで自らの愛を貫き通していけるのでしょうか?

ここから先の展開からも目が離せません。

 

まとめ

しかしよくこんなに次から次へと先生がピンチとなる展開を繰り広げられますよね。
常に変な緊張感が漂っている気がして、1冊読み終わる頃にはどこか疲労感まで感じています(笑)

また、上の見どころでは書けなかったのですが、実はマルはヤン沢たちの仲間の竹ノ内に告白され付き合っており、当然幸子や愛田先生のことも彼に相談しているんです。

次巻、好きな女の子の涙を見て復習を誓う竹ノ内が、ヤン沢たちとともにまた行動を開始するみたいですよ。

さらにその次巻予告には、突然幸子の家にやってきた彼女のお母さんが「転校しましょう」と話しているシーンも描かれていました。

いろんな出来事が次々と押し寄せてくるこの『ホームルーム』。
第6巻では一体どんな予想をはるかに上まわる展開が待ち受けているのでしょうか?

続きが楽しみです。

 

〜追記〜

『ホームルーム』6巻の感想記事

以下の記事に『ホームルーム』第6巻の見どころをまとめています。

合わせてごらんください。

 

では、ありがとうございました。

 

『ホームルーム』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
講談社
¥693 (2020/09/27 11:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ホームルーム』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『ホームルーム』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『ホームルーム』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください