[ネタバレ注意] 『犯人の犯沢さん』最新第2巻|見た目はタイツ、頭脳はピュアな犯沢さんの奮闘記

スポンサーリンク



Pocket

今回は、本日4月11日発売の『名探偵コナン』の公式スピンオフマンガ『犯人の犯沢さん』第2巻の感想&見どころ紹介記事です。

その表紙がこちら。(画像をクリックするとAmazonの商品ページへ移動できます。)

名探偵コナン 犯人の犯沢さん 2 (少年サンデーコミックス)

犯沢さんが時計型麻酔銃で狙っているかのようにレジ打ちをしています。

 

『犯人の犯沢さん』の第1巻については以下の記事で紹介しています。

コナンファンの方にはぜひ一度読んでもらいたいですね。

 

さて、待望の『犯人の犯沢さん』第2巻ですが、さすが期待を裏切らないおもしろさでした。

都会になかなか馴染めずズレた努力を繰り返す犯沢さんに、笑ってしまいながらも応援せずにはいられませんね。

また原作の『名探偵コナン』ファンからすれば、いたるところに原作の小ネタが散りばめられているのもたまりません。

 

今回の記事では、そんな『犯人の犯沢さん』第2巻の見どころをまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『犯人の犯沢さん』1巻の振り返り

 

ある人物を探すために田舎から米花町にやってきた犯沢さん。

住む家も決まり、ようやく殺人計画に取りかかろうした矢先、スリに遭って全財産を失ってしまいます。

今月の家賃、今日のごはんのために働かなくてはいけない現実を突きつけられたところで、1巻はおしまいです。

犯沢さん

犯沢さんはこれからちゃんと米花町で生きていけるのでしょうか。

 

『犯人の犯沢さん』2巻の見どころ

犯沢さんのバイト決定!

犯沢さんのバイトは無事、レンタルビデオ屋のオープニングスタッフに決まりました。

そして初出勤の日に意気揚々とバイト先に向かうと、なんと店長が殺されています。

そこには犯沢さんの他に4人のオープニングスタッフが集められていたのですが、僕はこのメンバーに感動しました。

犯沢さん

なんと原作でも有名なエピソードの1つである「黄昏の館編」に集められた4人の探偵なのです。

黄昏の館

(大上さんだけは原作中で殺されているのですが名前が違いますね。弟さんでしょうか。)

とにかく登場人物のチョイスが本当に最高です。

ちなみの「黄昏の館編」は『名探偵コナン』の30巻に収録されています。気になった方はこちらからどうぞ↓

さっそく探偵たちに振り回されっぱなしの犯沢さんですが、彼らと一緒にバイトを頑張ってもらいたいです。

 

原作のイジリ方が最高

1巻に引き続き、『犯人の犯沢さん』では原作の設定をいい感じにイジってきます。

小五郎がいつも打たれている麻酔針は像をも眠らせるほど強力なものだそうで、何の耐性もない犯沢さんは打たれてから3週間目を覚ましませんでした。

探偵たちの難しい推理は犯沢さんには全部「もにゃもにゃ」に聞こえるようです。

他にも米花町で黒い服を着れば「黒づくめ」として捕らえられ、町民の観覧車のイメージは「外れて転がるもの」だそうです。

街中の人混みの中にナイトバロンやジンとウォッカがいたりと、とにかくいろんなところに原作の要素が散りばめられています。

それらを探しながら読むのも違った読み方ができておもしろいですよ。

 

ついにターゲットを発見か

日々の暮らしやバイトに追われ、当初の目的だった殺人計画が何も進んでいないことに気づいた犯沢さん。

まずそのターゲットを見つけるために取った行動が「縁結びの神社にお参りに行く」なんてやっぱり可愛らしいですよね。

そしてその次に行った場所が毛利探偵事務所だったのには笑ってしまいました。

結局小五郎はあてにならず、犯沢さんは帰ってきた蘭に怯えて事務所を後にします。

しかし、その帰り道でなんと、偶然にもターゲットを発見。

犯沢さん

その人物の顔は犯沢さんのセリフで隠れたまま、この2巻は終わってしまいました。

非常に続きが気になります。3巻が待ち遠しい…。

 

まとめ

 

1巻、2巻と話が進むにつれて犯沢さんの人間味が溢れ出てきており、次第に愛着が湧いてしまいます。

このまま犯沢さんはターゲットと接触し、本当の犯罪者となってしまうのでしょうか。

応援したいけどしたくないような、不思議な感覚です。

できればこのまま何もできずに田舎のお母さんの元へ帰ってほしいなあ(笑)

 

『犯人の犯沢さん』3巻の発売日は?

 

『犯人の犯沢さん』第3巻は2018年10月18日に発売予定のようです。

首を長くして、待っているとしましょう。

 

 

では、今回はここまでです。ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

スポンサーリンク

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください