[ネタバレ注意]『極主夫道』最新第2巻|祝!「このマンガがすごい!2019」オトコ編第8位!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、みごと「このマンガがすごい!2019」のオトコ編第8位に輝いた任侠ギャグマンガ『極主夫道』、その第2巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

極主夫道 2巻 (バンチコミックス)

「不死身の龍」がキャベツを片手にこちらを睨んでいます。
どうやら買い物中のようですね。

 

さて冒頭にも書きましたが、この『極主夫道』が2018年12月11日に発売されたムック本「このマンガがすごい!2019」でオトコ編第8位に輝きました。

本当におめでとうございます。

「次に来るマンガ大賞2018」でもWeb編第3位に輝くなど、今まさに注目を集めているこのマンガ。

1話完結で読みやすく、その上絵がとてもわかりやすく上手なので、この機会にぜひ一度手に取ってみて欲しいですね。

 

今回の記事では、そんな『極主夫道』第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『極主夫道』1巻の振り返り

以下の記事に『極主夫道』第1巻の見どころをまとめています。

元がヤクザなのにも関わらず、今はバリバリの専業主夫をしている「不死身の龍」。

強面な表情なのに可愛いキャラ弁を作ったり、近所の子供を預かって一緒に遊んだりと、激しいギャップおもしろさを生んでいます。

第2巻ではどんな主夫っぷりを発揮してくれるのでしょうか?

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『極主夫道』2巻の見どころ&感想

運動不足の龍が体を動かして汗を流す!

第2巻では龍が体を動かしていい汗を流すシーンが多く描かれていました。

ご近所の奥様たちに連れられてエアロビやヨガを体験したり、ママさんバレーの助っ人に駆けつけたり…。

ただ、どんな時でも龍が真面目に取り組んでいるので、その一生懸命さがまた逆に笑いを誘ってくるのです。

本人なりの全力笑顔でエアロビを楽しんでいる様子は最高でした(笑)

これからもどんどんヤクザとは場違いなところに足を運んでいって欲しいものです。

 

「不死身の龍」の“かもしれない運転”

僕の好きなエピソードの一つに、龍が“かもしれない運転”をする話があります。

奥さんの美久と一緒に車を見に来た龍。

そこで試乗させてもらえることになったのですが、美久さんの「『かもしれない運転』でね」の一言で、龍の過剰な“かもしれない”が発揮されたのです。

「不死身の龍」として狙われる身にあった彼は店員や通行人をヒットマン“かもしれない”と思ったようで、車の中でずっと1人で慌てふためいていました。

そして最終的には車から降り、車の購入は見送りに。

龍の想像の中でおじいちゃんがカゴからロケットランチャーを取り出してきたのには笑ってしまいました。

よくこれで免許が取れたものですね(笑)

 

嫁・美久のご両親が登場

第2巻の最後のエピソードに美久さんのご両親が初登場します。

お義母さんの方はもうすっかり龍と打ち解けていたようなのですが、どうやらお義父さんはまだ距離を感じてしまっているようでした。

そこでお義父さんがした提案が「2人でキャッチボールをする」というもの。
2人は公園へ出かけます。

しかし、キャッチボールを通して親子の心の会話をしたいと考えていたお義父さんでしたがうまくいかず、最終的には龍の豪速球をくらって吹っ飛んでいってしまいました。

2人が完全に打ち解けるのはまだまだ先のこととなりそうです。

 

まとめ

この第2巻は龍がいろんな人と絡むエピソードが多かったですね。
怖い印象を持たれがちの龍ですが、どうやら待ちの人からの人望は厚いようです。

絡む人ごとにまた違った龍の一面を見ることができておもしろく読んでいくことができました。

ただ、前巻から気になっていた龍がなぜ専業主夫になったのかというような過去の話はなかったですね。

いつか描かれるのでしょうか?
個人的に気になっているので楽しみです。

 

『極主夫道』3巻の発売日は?

『極主夫道』第3巻は2019年6月8日に発売だそうです。

Amazonでも予約・購入ができますよ。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください