[ネタバレ注意]『ギフト±』最新第22巻|環救出作戦開始!愛怜の非人道的な目的も明らかに!

Pocket

今回は、様々な思惑が交差し予測不能の展開が続く臓器売買ミステリーマンガ『ギフト±』、その第22巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ギフト± 22

“クジラ”を解体する側だった環が逆に手術台の上に横たわる様子が描かれています。

 

さて、この巻では今まで環が求め続けてきた琢磨先生がついに彼女に最接近することになります。

はたして彼女に会うことができたのか、という点も見どころではありますが、それに加えて彼がこれまで彼女に対してどういう思いを抱いてきたのか、という心理描写も見逃せないポイントでしたね。

 

今回の記事では、そんな『ギフト±』の第22巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ギフト±』を無料で読む方法!

文字だけでなく『ギフト±』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「マンガTOP」でも無料公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガTOP」をインストール

また、巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1350ポイント分もらえるので、この『ギフト±』第22巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のコミック.jp以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ギフト±』21巻の振り返り

以下の記事に『ギフト±』第21巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ギフト±』22巻の見どころ&感想[ネタバレ]

琢磨先生たちは愛怜の元から環を救い出せるのか!?

この第22巻は今や愛怜が現当主となった秋光家から、琢磨先生、桜田、廣瀬、多江さん、梨世の5人が協力して環を救い出す作戦から幕を開けます。

桜田と廣瀬が車の中から遠隔で指示を出し、琢磨先生と梨世が潜入、それを多江さんが屋敷内から手引きをするという手筈の通りに、ひとまず屋敷内に入り込んだ琢磨先生と梨世の2人。

このままスムーズに事が進むかと思った矢先、なんと突然梨世が単独行動を開始したことをきっかけに計画が崩れ始めたのです。

そうして、廣瀬からの指示は途切れ、琢磨先生と多江さんは愛怜に捕らえられてしまいました。

 

梨世は単独行動の末に昏睡状態のタカシになにやら注射を打っており、その後タカシの指がピクッと動く描写がありましたが、この巻で彼女の目的は明らかにされませんでした。

廣瀬は彼女のことを「俺達の敵側だ」と言っていましたが、個人的にはどうもそんな感じにも見えないんですよね。

彼女の思惑がこの先の展開にどう影響してくるのか気になります。

 

愛怜の真の目的が明らかに!

愛怜にとらえられ多江さんとは別々の部屋で監禁されることになった琢磨先生。

そんな彼に、愛怜は秋光家を乗っ取り環に固執する本当の目的を語り始めました。

それは、ガンの巣食った自分の臓器を琢磨先生の手によってパーフェクトドナーである環の臓器と全交換をするという、とても常人には理解できない非人道的な目的でした。

どうやら愛怜は以前に環に手を組もうと提案しそれを断られ、また粗悪に作られた自身の遺伝子によって生まれたガン細胞を消そうと色々試した結果、最後に残った手段として琢磨先生を利用しようとしているみたいですね。

当然琢磨先生は愛怜の言っていることが理解できず協力を拒むのですが、環に会いたい、環から解放されたいという想いから、その2人の手術を引き受けることになります。

また、上記以外にも愛怜には別の目的もあり、それは手術の際に環の卵子をもらって自分の精子と受精卵を作り、自分たちの分身である拒絶反応のないドナーを大量生産するというものでした。
(愛怜って“男”だったんですね…。これを知った時も衝撃的でした…。)

はたして琢磨先生は環と愛怜の手術を成功させ、目覚めた環と生きたまま再開することができるのでしょうか?

いよいよ次巻、琢磨先生による手術が始まります。

 

一応移植した愛怜のガンは環にうつらないとはいえ、探し求めていた娘とのファーストコンタクトが手術台で、しかもガンに犯された細胞を移植していくなんてたまったものではないですよね…。

愛怜が琢磨先生を選んだ理由が「腕が確か」かつ「環を絶対に殺さないから」というのも虚しい話です。

環に対する罪悪感に長年縛られ、「彼女を救いたい」という建前の裏に「彼女から自由になりたい」と願う彼が行う手術の先にはいったい何が待ち構えているのでしょうか?

次巻以降の緊張感漂う展開から目が離せません。

 

まとめ

この第22巻では、琢磨先生が捕まってから廣瀬が死んだはずのジャーナリストとコンタクトを取り、その後彼に曹の元へと連れて行ってもらうシーンが描かれていました。

そこで廣瀬は曹に“取材”を申し込み、初めは互いに探るように、そして徐々に本題へと入っていくところまでが描かれていたのですが、こちらの盛り上がりもまた次巻ということになりそうです。

 

数巻前から環自身ではなく彼女を取り巻く人たちを中心に物語が進んでおり、それぞれの思惑が交錯することで全く先の読めない展開が続いていますよね。

それが今回、愛怜と琢磨先生が接触したことで一気に動き出した感があります。

ちなみに次巻予告には手術室で環と愛怜の手術が今まさに始まろうとしている様子が描かれているのですが、同時に「それが執行されようとする刹那で“彼ら”が足掻く!」といった一文が書かれていました。

はたして、誰がどう動き出すことによってこの手術が阻止されることになるのでしょうか?

次巻はこれまでよりもさらに緊張感のある展開となっていきそうですね。
気になる展開に目が離せません。

 

『ギフト±』23巻の発売日は?

『ギフト±』第23巻は2021年11月29日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
¥748 (2021/10/19 22:10:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『ギフト±』第22巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ギフト±』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥594 (2021/10/19 14:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ギフト±』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『ギフト±』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『ギフト±』はマンガアプリ「マンガTOP」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガTOP」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『ギフト±』第22巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp

 

さらにコミック.jp以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください