[ネタバレ注意]『死神坊ちゃんと黒メイド』第6巻|坊ちゃんに呪いをかけた魔女の正体が明らかに!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、既刊全巻に大重版がかかるほどの人気を誇る新感覚ラブコメマンガ『死神坊ちゃんと黒メイド』、その第6巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

死神坊ちゃんと黒メイド (6) (サンデーうぇぶりSSC)

坊ちゃんとアリスがハロウィンのようなランプの付いた廊下を歩いていますね。

 

〜追記〜
第7巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

 

上の画像には表示されていませんが、この第6巻の帯には「令和に語り継ぎたい新感覚ラブコメ」というちょっと変わった作品紹介の一文が記載されていました。

「昭和生まれの名作」と呼ばれる作品があるように、令和の時代も進んだ頃にはきっと今僕たちが読んでいるマンガも「平成生まれの名作」と呼ばれたりするんですよね。

その頃にはどんなマンガが「名作」として挙げられているか、今から予想してみるのもおもしろそうですね。

 

今回の記事では、そんな『死神坊ちゃんと黒メイド』第6巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『死神坊ちゃんと黒メイド』を無料で読む方法!

文字だけでなく『死神坊ちゃんと黒メイド』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』5巻の振り返り

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第5巻の見どころをまとめています。

坊ちゃんが呪いをかけられた頃の使用人たちの日誌が出てきたりと、少しずつ物語が動き出した第5巻。

しかしその日誌の存在が明らかとなったことをきっかけに、魔女たちのボス的存在であるダレスもその「呪いについての何か」が明らかにならないよう動き始めたのです。

また、十数年ぶりに本邸へと呼び出されました坊ちゃんはお母様に「呪いを解く期限は春まで」と言われてしまいます。

はたして坊ちゃんは春までに呪いを解いて家長となり、アリスと結婚することができるのでしょうか?

 

では、さっそく第6巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』6巻の見どころ&感想

カフとザインの関係に進展が?

第6巻ではカフとザインのサーカスでの様子が初めて描かれます。

どうやら2人は魔女である事を隠してサーカスに在籍しているようなのですが、迷惑を考えてずっと長く居座るつもりはないみたいですね。

そんな状況でカフに「人と魔女、どちらとして生きたい?」と聞くザイン。

どうやら見た目が人間であるカフの安全を考えての発言だったようですが、それに対しての彼女の返事は「お前と一緒ならどちらでもいい」というものでした。

その後も、サーカスの出番の前に手を繋いだり、2人の出会いが描かれていたりと、この第6巻ではこれまで描かれてこなかった2人の違った一面を見ることができました。

 

サバサバしてそうな2人でも恋愛のことになると意外とウブなんですね(笑)

坊ちゃんとアリスの2人の両想いとは違い、2人の場合はかなり不器用さが目立つせいかなんだか応援したくなります。

 

ついに坊ちゃんに呪いをかけた魔女が明らかに!

ある日坊ちゃんがアリスの入れた紅茶を飲んでいると、いきなり精神だけをダレスに呼び寄せられます。

彼女の要件はある人物への説得の頼みだったのですが、その内容はなんとザインが時間を操れるほどの魔法の天才で、それを隠している彼にもう一度魔法を使わせたいというものでした。

当然坊ちゃんは断ったのですが、その後彼女は坊ちゃんの呪いを解くことができるかもしれない魔女を説得の賄賂として屋敷に送ってきたのです。

そうして屋敷に現れたのが、上半身が人間で下半身がタコの魔女・アメリアでした。

彼女はダレスとは違って親切で、さっそく触手で坊ちゃんに触れ解呪をしようとしてくれたのですが、結果として呪いを解くことはできませんでした。

その理由が、呪いをかけた魔女が彼女よりも格上の魔女だったから。
そして彼女が口にしたその魔女の正体、それはダレスの双子の姉でした。

 

どうしてそんなすごい魔女が坊ちゃんに呪いをかけ、そして死んでしまったのか、今回はそこまでは明らかになりませんでしたが、呪いの正体にはまた一歩近づくことができましたね。

アメリアはダレスの姉に「一度も魔法で勝ったことがない」と言っていましたが、果たして呪いを解くことはできるのか?

気になるところではありますが、第6巻はここでおしまいです。

 

まとめ

このマンガはストーリーの核に迫る話と余談のような話が入り混じって出てくるので、おもしろさもありながら興味が途切れず、ラブコメとは思えないほど読み応えがあるんですよね。

上では紹介しませんでしたが、この巻には赤ずきんや幽霊やプールやゴルフなど、バラエティに富んだエピソードが収録されていましたよ。

弟であるウォルターの女装姿も必見でしたね(笑)

全て見どころではあるのですがここでは紹介しきれないので、気になる方はぜひ手にとって読んでみてください。

 

〜追記〜

『死神坊ちゃんと黒メイド』7巻の感想記事

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第7巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』は無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「サンデーうぇぶり」をインストール

さらにマンガを無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください