[ネタバレ注意]『死神坊ちゃんと黒メイド』第3巻|魔女集会へ潜入!呪いは解けるのか!?

スポンサーリンク


Pocket

今回は、既刊に大重版がかかるほどの大人気純愛コメディーマンガ『死神坊ちゃんと黒メイド』、その第3巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

死神坊ちゃんと黒メイド (3) (サンデーうぇぶりSSC)

きれいな黄色いバラを背景に、にこやかなアリスとそんな彼女に見惚れる坊ちゃんが描かれています。

 

いま徐々に注目度が上がってきているこの『死神坊ちゃんと黒メイド』。

コミックス第3巻の帯には、『名探偵コナン』の作者である青山剛昌先生からの、こんな直筆コメントも書かれていました。

俺ならアリスに触っちゃうけどな…(笑)

青山先生、もし先生が坊ちゃんで我慢できずにアリスに触っちゃったら、先生が彼女を死なせた犯人になってしまいますよ(笑)

 

今回の記事では、そんな大御所マンガ家も注目の『死神坊ちゃんと黒メイド』、その第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『死神坊ちゃんと黒メイド』のあらすじ

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』のあらすじと全体的な見どころをまとめています。

魔女から“触れた生物の命を奪ってしまう”という呪いをかけられている坊ちゃん。

「誰とも触れ合えない」ということに苦しみを感じている彼ですが、慕ってくれるメイドのアリスのおかげでなんとか楽しい日々を送れているようです。

いつの日か、この呪いが解ける日は来るのでしょうか?

 

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』3巻の見どころ&感想

魔女のカフと魔法使いのザインが登場!

ひどく雪の降る日、坊ちゃんは外でアリスの落としたピアスを凍えながらも探している最中に魔女のカフと出会いました。

そんなアリスを大切に想う坊ちゃんの姿勢に見どころを感じた彼女。
ここから彼女とその幼馴染の魔法使い・ザインとの交流が始まります。

そして、一緒に食事をしたりスケートをして遊んだりしたあと、カフから坊ちゃんに「魔女の集会(サバト)へ連れて行こうと思う」という提案がありました。

 

自分で呪いの手がかりを見つけるまたとないチャンスを得た坊ちゃん。

魔女にかけられた呪いのことは、きっと魔女にきけば何かわかるはず。
日時は次の満月の夜、アリスと一緒に魔女の中へと飛び込みます。

 

坊ちゃんとアリス、いざ魔女の集会へ!

次の満月の夜、カフとザインが坊ちゃんの屋敷へやってきました。

そして屋敷にある大きな鏡が魔女の集会への入り口となり、4人は鏡に中へと足を進めます。

そこに広がっていたのは不気味な魔女の世界。
人間の姿とはかけ離れた怪物たちもうようよしています。

そして始まった集会、ですがそれは出席をとって、「みんなで育てていたマンドレイクに花が咲いた」という報告だけであっさりと終わってしまいました。

しかしその後なんとか集会を仕切っていたボスと会話することができたアリス。

そこで彼女が聞いた内容は、なんと「坊ちゃんに呪いをかけた魔女はもうすでに死んでいること」「その呪いの解き方は誰にもわからない」ということでした。

「もう諦めた方がいい」とまで言われてしまった坊ちゃん。

しかし彼はそんなことでくじけることなく、「いつか真実にたどり着いて呪いを解くさ」といたって前向きでした。

 

なんだかストーリーが進むにつれて坊ちゃんが少しずつ明るく、そしてポジティブに「なってきたような気がしますね。

いつか呪いがとけ、坊ちゃんとアリスの2人が幸せそうに手を繋いでいるシーンを見るのが楽しみです。

 

まとめ

今回は初登場のカフとザインのエピソードがメインの巻となっていました。

ですがそれ以外にも雪合戦をしたり、2人で一緒にロブから隠れたり、童謡を歌ったり…。

そんなほっこりするようなエピソードも収録されていましたよ。

 

さて、呪いについて知りたかったことではなかったものの少しは理解が深まった第3巻。

第4巻ではまた別の角度からのアプローチに期待ですね。

 

〜追記〜

『死神坊ちゃんと黒メイド』4巻の感想記事

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第4巻の見どころをまとめました。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください