[ネタバレ注意]『死神坊ちゃんと黒メイド』最新第4巻|坊ちゃんとアリスの出会いと過去が明らかに!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で人気No.1の純愛コメディーマンガ『死神坊ちゃんと黒メイド』、その第4巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

死神坊ちゃんと黒メイド (4) (サンデーうぇぶりSSC)

つい寝てしまっている坊ちゃんに、アリスが冷えないようにと毛布をかけてあげています。
紫の印象が美しい表紙イラストですね。

 

コミックスが累計20万部を突破したこの作品。

「純愛ラブコメ」として推されているだけあって、読んでいるととてもほっこりした気持ちになってきます。

そしてこの第4巻には「むかしばなし」と「クリスマス」というタイトルの1話完結ではないエピソードも収録されています。

坊ちゃんとアリスの過去が描かれたり、新キャラの坊ちゃんの弟が登場したりと、読み応えのある1冊でした。

 

今回の記事では、そんな『死神坊ちゃんと黒メイド』第4巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『死神坊ちゃんと黒メイド』3巻の振り返り

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第3巻の見どころをまとめています。

坊ちゃんとアリスが」魔女のカフとザインに連れられて魔女の集会(サバト)に参加した第3巻。

そこでわかったのは、「坊ちゃんに呪いをかけた魔女はすでに死んでいる」そして「その呪いの解き方は誰にもわからない」ということでした。

それでもくじけず前向きに呪いと向き合う坊ちゃん。
第4巻ではまた何か手がかりが掴めるのでしょうか?

 

では、さっそく第4巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』4巻の見どころ&感想

坊ちゃんとアリスの相思相愛のきっかけとは?

第4巻では、アリスが坊ちゃんの館に初めてメイドとしてやってきたときのエピソードが描かれています。

幼い頃は仲が良かった2人。

ですが、呪いにかけられてから彼の心は荒んでしまい、始めはアリスのことを思い出すこともできずに彼女を拒絶していました。

しかしそれでも懸命に優しく坊ちゃんに尽くすアリス。

そんな彼女の優しさに耐えきれなくなった坊ちゃんは突然家出をしてしまうのですが、大雪のせいで屋敷に帰ることができなくなってしまったのです。

不幸な人生だったと死を受け入れようとする坊ちゃん。

ですがそこにアリスが現れ、「貴方のこと、愛している人もいるんです…!!」と言い、彼を屋敷へ連れ帰ります。

そして、ついに坊ちゃんは彼女の想いを受け入れ、彼女に惚れてしまったのです。

 

2人の相思相愛ぶりにはこんなきっかけがあったんですね。

にしても、最初は坊ちゃんがアリスのことを拒絶していたなんて驚きです。

 

長男の坊ちゃんを憎む次男・ウォルター登場!

イケメンで優しく、長男である坊ちゃんとはまるで正反対の彼の弟・ウォルターが初登場します。

基本完璧な彼ですが、家長を継ぎたいのに次男だから継げないという現実から“次男コンプレックス”を抱えており、長男であり兄である坊ちゃんのことが大嫌いです。

どうやらそのコンプレックスの裏には長男の「スペア」と呼ばれた過去がある様子。

「兄にかかった呪いがずっとこのままなら家長の座を自分のものにする。」

そんな考えをもって、彼は彼なりのやり方で魔女に辿り付こうするみたいです。

 

もしかしたら逆にウォルターのおかげで坊ちゃんの呪いが解けるかもしれませんよね。

今は坊ちゃんのことを憎んでいる彼ですが、いつか仲良くなった2人も見てみたいものです。

 

クリスマスにはみんな揃ってパーティを!

12月24日のクリスマスイブ、坊ちゃんの屋敷には妹のヴィオラやカフとザインも集まって、みんなで賑やかなクリスマスパーティが開かれます。

ツリーと部屋をクリスマスらしく飾り付けてパーティ開始、となったところに、こっそりヴィオラについてきたウォルターが突然サンタの格好で煙突から降って現れたのです。

坊ちゃんが屋敷に1人で住み始めてからあっていない2人。
実に十数年ぶりの再会です。

そしてウォルターは「先に呪いの真実に辿り着いた方が家長を継ぐ。」と宣戦布告し、坊ちゃんはそれを受け入れます。

 

みんなそれぞれの思惑はありますが、少しずつ坊ちゃんの呪いの真相を探ろうと協力してくれる人が増えてきましたね。

ウォルターが去ってから再開されたクリスマスパーティ、坊ちゃんもみんなも、本当に楽しそうでした。

 

まとめ

最初のころの登場人物は坊ちゃんとメイドのアリス、そして執事のロブだけでしたが、少しずつ増えてきて、最近は賑やかなシーンも多くなってきた感じがします。

特にカフとザインは本当に坊ちゃんを友人として慕っているようで、彼らが坊ちゃんやアリスと絡んでいるシーンは、読んでいるこっちにも楽しさが伝わってくるほどです。

まだまだこれからも登場人物は増えてくるのでしょうか?

個人的には坊ちゃんと仲良くできる明るいキャラに期待です。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』5巻の発売日は?

『死神坊ちゃんと黒メイド』第5巻の発売日はまだ未定のようです。

情報が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

オススメサービス!
本は“読む”から“聴く”時代へ

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください