[ネタバレ注意]『死神坊ちゃんと黒メイド』第12巻|坊ちゃんが呪いにかけられた真相が語られる!

Pocket

今回は、TVアニメの放送が2021年7月4日に決定し、今大注目を集める“世界一切ない両思い”を描くラブコメマンガ『死神坊ちゃんと黒メイド』、その第12巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

死神坊ちゃんと黒メイド(12) (サンデーうぇぶりコミックス)

雨の降るアジサイ畑で、坊ちゃんに傘を差し出され頬を赤らめるアリスが美しく描かれています。

 

〜追記〜
第13巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『死神坊ちゃんと黒メイド』の記事一覧

 

さて、TVアニメの放送開始を控えたこの『死神坊ちゃんと黒メイド』ですが、続々とアニメに関する情報が公開されてきていますね。

放送開始日は2021年7月4日(日)で、本PVでは坊ちゃんやアリスだけでなく、ロブやヴィオラ、カフとザインのキャストも公開されていました。

PV自体の出来も非常に完成度が高くアニメへの期待感を高められるムービーとなっていたので、まだご覧になっていない方はぜひ下の動画からご覧になってみてください。

 

今回の記事では、そんな『死神坊ちゃんと黒メイド』の第12巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『死神坊ちゃんと黒メイド』を無料で読む方法!

文字だけでなく『死神坊ちゃんと黒メイド』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1350ポイント分もらえるので、この『死神坊ちゃんと黒メイド』第12巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のコミック.jp以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』11巻の振り返り

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第11巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第12巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』12巻の見どころ&感想[ネタバレ]

ダレスがウォルターと同等になるために人間になる!?

魔術学校から戻ったダレスは、学校から無断で持ち帰ってきたちょっと胡散臭い感のある『魔女が人間になれる本』の内容を実行しようとしていました。

その目的は、「自分を救ってくれたウォルターと同等になって告白したいから」というなんともピュアなものでした。

そのためにダレスはそれぞれ1000項目もある必要なものと術の工程を確認していたのですが、最後の工程をみた瞬間彼女はその本をぶん投げてしまいます。

その理由は、1000項目目が「人間と接吻する」というものだったから。

しかし彼女はそれでも諦めようとはせず、ケトとテトの力も借りながらまずは必要な1000個のアイテムを集めるために動き出します。

 

最初こそ恐ろしい魔女という印象が強かったダレスですが、ウォルターと出会ってからはすっかりとっつきやすいキャラになってしまいましたね(笑)

彼女が人間になるまでの道のりは長く、また確実なものではないのかもしれませんが、今は素直に彼女がウォルターに想いを打ち明けることを応援したいです。

 

坊ちゃんの祖父母(の幽霊)が突然屋敷にやってきた!

ある雷雨の日、坊ちゃんの屋敷を訪れ「中で休ませてほしい」と頼んできた1人の女性をアリスは中へと招き入れました。

しかし服が一切濡れていないことに疑問を持ったアリスは「魔女の方ですか?」と聞くのですが、そんな彼女の正体はなんとすでに亡くなっている坊ちゃんの祖母・リズ(の幽霊)だったのです。

(ちなみにアリスは元々幽霊が見える体質で、坊ちゃんはザインからもらった「幽霊が見えて会話もできるメガネ」のおかげで彼女のことが見えています。)

そしてしばらくしてリズの夫であり坊ちゃんの祖父に当たるヴィクトル(の幽霊)もやってきて、少しの近況報告をした後、坊っちゃんはシャーデーと関わりのある彼から自身の呪いを解く手がかりになるかもしれない昔話を聞かせてもらえることになりました。

 

2人は若い時の姿で幽霊となっており、リズはアリスの母親のシャロンとよく似て明るくよく笑う性格の女性で、ヴィクトルは紳士的で優しい雰囲気をまとった男性でした。

また坊っちゃんはヴィクトルに憧れていたようで、彼からピアノを続けていることを褒められて嬉しそうにしている坊ちゃんをみていると、なんだかこっちまで嬉しくなりましたね。

このシーンからも、彼が坊ちゃんにとっていいお爺ちゃんだったんだろうな、というのが十分に読み取ることができました。

 

シャーデーが坊ちゃんに呪いをかけた真相が明らかに

シャーデーが坊ちゃんに呪いをかけてすでに死んでいることを知ったヴィクトルは、彼女との出会いから自身が死んで亡霊となるまでの全てのことを話してくれました。

まず彼が彼女と出会ったのは、妻のリズを不慮の事故で亡くしてしまった後のことでした。

後悔の念から途方に暮れていた彼の前に現れたシャーデーは、「20年分の寿命を支払うことで『妻と世界中を旅行する』という夢を死後に亡霊になることで叶えてあげる」という契約の提案をします。

そしてそれを躊躇なく受け入れたヴィクトルに興味を持った彼女は、「あなたを観察する」と言ってたびたび屋敷を訪れるようになり、次第に彼に惹かれていくようになりました。

しかし彼が年老いた頃にやってきたシャロンに強い嫉妬心を抱くようになり、ヴィクトルは「その感情を持ったまま自分と死に別れたために、彼女を歪ませて残してしまったのかもしれない」と口にしました。

その話を聞いて自分がシャーデーに呪いをかけられた時のことを思い出し、当時の彼女の気持ちを想って涙を流す坊っちゃん。

はたして彼女は、どんな気持ちで、どんな想いを込めて坊ちゃんに呪いをかけたのでしょうか?

 

物語の本質に迫るそのシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は、下記リンクからマンガアプリ「サンデーうぇぶり」をインストールし『死神坊ちゃんと黒メイド』の第170話をチェックしてみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、以下の記事にこの『死神坊ちゃんと黒メイド』第12巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、そちらもぜひご活用ください。

 

まとめ

この第12巻は上記で紹介したエピソード以外は1話完結となっているものが多く、坊ちゃんが熱を出してナース服のアリスが看病したり、ヴィオラとロブがまた少し仲良くなったり、カフとザインが同棲をし始めたりと、多種多様なドタバタ劇が繰り広げられていました。

個人的には坊ちゃんとアリスが、ザインの持ってきてくれた「幽霊が見えて会話もできるメガネ」以外のさまざまな魔法道具を試すエピソードが気に入りですね。

ちなみに、亡霊となったヴィクトルとリズは、シャーディーとの契約が「世界中を旅行する」だったために同じ場所に長くはとどまれず、この巻の最後にはこれからの行き先を書いたメモを坊ちゃんに渡して帰って行ってしまいました。

2度と同じ場所を訪れることもできないようなので再会するのは少し難しいかもしれませんが、また呪いが解けた後に違う場所でみんなで会うシーンが見れたら嬉しいですね。

様々な想いを背負って解呪のために一歩ずつ進んでいく坊ちゃんを、これからも応援していきたいです。

 

〜追記〜

『死神坊ちゃんと黒メイド』13巻の感想記事

以下の記事に『死神坊ちゃんと黒メイド』第13巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『死神坊ちゃんと黒メイド』第12巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『死神坊ちゃんと黒メイド』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『死神坊ちゃんと黒メイド』第12巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください