[ネタバレ注意]『血の轍』第7巻|歪んでいく親子の愛はどこへ向かうのか…?

スポンサーリンク


Pocket

今回は、累計100万部を突破した究極の毒親が描かれる衝撃作『血の轍』、その第7巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

血の轍 (7) (ビッグコミックス)

静一と静子が仲睦まじく寄り添う様子が描かれています。

これだけ見れば微笑ましいワンカットなのですが、作品の背景を知っているだけにどうしても不気味に感じる部分はありますね…。

 

〜追記〜
第8巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『血の轍』の記事一覧

 

また、この第7巻の帯にはあの伊集院光さんの激賞コメントが記載されていました。

一切の前情報なしで全巻即買いすべき傑作。

引用:『血の轍』第7巻コミックス帯より

確かになんの前情報もなく、タイトルと作者、表紙の雰囲気だけで全巻買ってもきっと後悔はしないと思いますね。

もうこの段階で『血の轍』を読んでみたくなった方は、以下の記事は読まずに今すぐ下記の「漫画全巻ドットコム」でポチってください(笑)

日本最大のコミック全巻セットショップ

 

今回の記事では、そんな『血の轍』第7巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『血の轍』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『血の轍』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『血の轍』6巻の振り返り

以下の記事に『血の轍』第6巻の見どころをまとめています。

吹石さんと別れたあと、雨の中を泣きながら歩く静一の前に彼をずっと探していた母親の静子が現れ、互いに謝りあった2人は手を繋いで家に帰りました。

その後、静子はしげちゃんが落ちたあの日のことについて自ら語り始めたのですが、なんと一番肝心な彼女がしげるを突き落とした事実だけは「しげちゃんが勝手に落ちた」と嘘を貫いたのです。

そして静一もその嘘を受け入れ、次は静子が彼を問い詰める番へと移ります。

脱衣所から静一が履いていた“吹石さんとベッドでキスをした時に汚してしまったパンツ”を持って来て、「これ、何?」と冷たい視線を向けながら尋ねる静子。

静一はその質問にどもりながら答えていくのですが、途中で腕を引っ張られて家から追い出され、「ママが嫌いな人は僕も嫌いになるから…!」という約束をすることでなんとか家に入れてもらうことができました。

続く第7巻は、その次の日に意識不明の状態から目を覚ましたしげるに家族で会いにいくという展開から幕を開けます。

 

では、さっそく第7巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『血の轍』7巻の見どころ&感想[ネタバレ]

目を覚ましたしげるは何を語るのか…?

第6巻の最後に目を覚まして「ちょうちょ」という言葉を発したしげる。

それを見て静一も静子も彼に声をかけたのですが、返ってきた言葉は「だれ?」という一言だけでした。

その後は静子がいくら話しかけても反応がなく、静一たち家族は今日のところはこれで帰ることにして、その帰りにうどんを食べることにします。

ただ、静子は帰りの車の中からずっとどこか上の空で、父親が「どうしたん?」と聞くと「しげちゃんが思い出してくれないんだったら…私…どうやって出ていけるん」と遠い目をして答えていました。

そして、続けて「ぜんぶこわれてほしい」と呟く静子。

そんな妻の様子に、静一の父親はもう頭を抱えるしかありませんでした。

目を覚ましたしげるが全部喋ってしまうんじゃないか、とドキドキしながら読んでいたのですが、どうやら静子は逆に全部明らかになって欲しかったようですね。

あまり隠すそぶりを見せなくなってきた彼女の行動ひとつひとつに、こっちがハラハラさせられます。

 

スポンサーリンク

母との約束で静一が吹石さんに別れを告げる

静一が学校に行くと、机の中に吹石さんからの手紙が入っていました。

その内容は、2人でいた夜の後のこと、吹石さんがまだ静一と一緒にいたいと思っていること、そして靴とジャージを返すから放課後裏門で待っている、というものでした。

そしてその日の放課後、裏門へ行った静一は吹石さんに「お母さんともう吹石には近づかないって約束したんだ」「僕が、いやなんだ」「もう飽きた」と告げたのです。

約束を守った、と満足そうな顔で家に帰った静一。

しかし、そのことを母・静子に伝えると、「近くなって言ったんべに」と冷たい態度で返されただけでした。

そうして、彼はその後も吹石さんとは一切関わりを持たないまま、季節は12月へと進んでいきます。

 

静子が「近くなって言ったんべに」と言うシーンは、静一が嬉しそうに報告していた次のページに見開きで顔のどアップとともに描かれていたんですよ。

ページをめくって右のページ一面の顔を見たときはかなりゾワっときましたね…。

 

静一と静子、2人でしげちゃんの家へ

ある日、静一が学校から帰ると母・静子から「お義姉さんから電話があったんさ」と言われ、2人でしげるの家に行くことになります。

そして彼の家に着くと静子の振る舞いはこれまで通り「しげるの回復を願うおばさん」のようになり、彼女がおばさんと台所に立っている間、静一はしげると2人になりました。

するとしげるが「…ここどこ?」と言って立ち上がり母親を探し始めたのですが、その直後に転けそうになった彼を静一が後ろから抱えて支えるような形になります。

その体勢になった瞬間、落ちた崖の上で見た蝶が舞う光景を思い出し「おばちゃん…?」と呟いたしげる

その声を聞いた静一は、支えていた彼を前へ突き飛ばしました。

泣くしげるの声を聞いて台所から駆けつけてきたおばさんと静子。

そしてしげるは、泣き止んだかと思うと睨むような目つきで静子を指さしたのです。

おばちゃんが…ぼくを…」「落とさないで!」とパニックになるしげるを見て、おばさんは静子に「静子さんがしげるを落としたなんてこと、ないやいね?」と尋ねました。

すると、静一が「だまれ!」とおばさんを突き飛ばし、静子も目に涙を浮かべながら「お義姉さん、あんまりです」と言って2人はしげるの家を後にしました。

帰ろうとする2人を睨むおばさんとしげるの目。
おばさんがこれで納得したようには思えませんが、第7巻はここでおしまいです。

 

まとめ

最後のしげるの告白シーンはページをめくる指が重く感じるほど緊迫した雰囲気が漂っていましたね…。

目だけのコマや口だけのコマが多く描かれ、その演出が次のセリフや行動のインパクトを強めていたように思えます。

はたして、静子がしげるを落としたことはバレてしまうのか、それとも彼女が自らバラしてしまうのか。

次巻第8巻はこの巻以上の緊張感あるシーンが続きそうです。

 

〜追記〜

『血の轍』8巻の感想記事

以下の記事に『血の轍』第8巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『血の轍』第7巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『血の轍』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
小学館
¥650 (2020/09/18 19:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

『血の轍』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『血の轍』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『血の轍』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください