[ネタバレ注意]『豚の復讐』第3巻|武の妹を死なせた元同級生たちの卑劣な手口が次々と明かされていく!

Pocket

今回は、マンガアプリでも閲覧数上位にランクインし既刊も続々と重版されている、今もっともエグい異世界復讐マンガ『豚の復讐』、その第3巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

豚の復讐 3巻 【特典イラスト付き】 (ゼノンコミックス)

性格の悪さが滲み出たような表情をこちらに向けているのは、落ちこぼれなのにプライドだけは高い大病院の跡取り息子・三ツ屋茂幸です。

 

さて、この第3巻では上の三ツ屋と2人の女子生徒の3人の勇者となった元同級生たちと戦うことになります。

彼らも例に漏れず最低最悪な性格をしており、これまでの勇者たちと同様に強力なスキルを使って異世界の民たちを下劣な手段を用いて弄んでいました。

一方で武にはまだ何のスキルもありませんが、知恵を絞り、そして頼もしい仲間たちと共に、自分を虐げて妹を殺した彼らに復讐を成していきます。

今回も胸糞悪いシーンはいくつかありますが、それを耐えれば武たちがしっかり復讐をしてくれてスッキリするので、彼らの戦闘シーンに加えて処刑シーンにも注目ですね。

 

今回の記事では、そんな『豚の復讐』の第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『豚の復讐』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『豚の復讐』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「マンガBANG」で第2巻までが無料で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガBANG」をインストール

それ以降のエピソードが気になる方や巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『豚の復讐』第3巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『豚の復讐』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事には上記以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『豚の復讐』2巻の振り返り

以下の記事に『豚の復讐』第2巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『豚の復讐』3巻(9話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

奴隷となったドワーフを2人の女勇者から解放せよ!

この第3巻は、武が戦力の増強のために勇者に虐げられているドワーフに共闘を申し込みにいくところから始まります。

しかし彼らはすでに2人の女勇者のスキルで女子供を人質に取られて労働と服従を強制されており、ひとまず武とエルフのラドガの2人はヤツらの拠点へと様子を見に行くことになりました。

その女勇者のうちの1人は伊藤紗友美、一定範囲内の物を手の中に収める「欲望の手ギル・ガメール」というスキルを持ち、もう1人は山下早苗、他者に体の一部に触れている間その相手を操る「絶対の主従関係イエスマニアック」というスキルを持ちます。

そんな強力なスキルを持つ2人を相手に、オークの力と相手の能力を逆に利用した作戦でみごと彼女らを無力化することに成功した武。

ここから武はドワーフたちと共に、2人に家族を奪われたことに対する復讐を行なっていきます。

 

上記では割愛しましたが、伊藤と山下はドワーフに対して目玉を手中に収めたり労働時間以外は土下座を強要し続けていたりと、本当に卑劣なことをしていました。

34人もクラスメイトがいるのならその中の何人かは武の味方になってくれる人物のいるのでは、と思っていましたが、ここまでくるとそれも怪しく思えてきますね。

それとも、クラスのリーダー的存在だった安田が心の弱い元同級生をもうまくコントロールしてしまっているのでしょうか?

武の戦いに決着がつくのはまだまだ先のこととなりそうです。

 

家族を奪われた武とドワーフが女勇者に復讐を行う!

2人の女勇者を無力化した武はみんなと協力して彼女たちを丸太の上に寝かせ、それを2mくらいの高さの岩の間に掛けて垂れ下げさせた手足に網をくくりつけました。

そこからその網にドワーフたちが大きな石をどんどんとその網に乗せていき、彼女たちの手足に何10kgもの負荷をかけていきます。

そんな状況の2人にドワーフの人質を売った奴隷商の情報と、彼女たちが武の家が火事になる前に妹を家から出ないように仕向けていたことを聞き出した武たち。

ただそれで復讐をやめようとはせずさらに石を足していき、ついに伊藤の手足が伸び切った後で彼女へ向けて巨大な岩を倒して潰してしまいました。

そして次は山下の番となったところで、なんと彼女は網に伝った自分の血を通して1体のドワーフをスキルで操り、そのドワーフを人質兼移動手段としてその場から逃げていったのです。

こうして復讐は完璧には成し遂げられなかったものの、奴隷商の元へと売られたドワーフのほとんどが帰ってきて、彼らは今後武たちの力になってくれることになりました。

 

この話の最後に逃してしまった山下の様子が描かれていたのですが、鬼のような形相で武たちへの復讐を決意していました。

ただあそこまで手足が伸び切っていると腱も切れていてもう歩けないのではと思うのですが、きっとヒーラーのような役割を持つ勇者もいるのでしょう。

彼女の存在が気がかりではありますが、今回はとにかくドワーフたちが救われて武たちも戦力の増強ができてよかったですね。

 

ついに武の家に火をつけた元同級生の勇者が現れる!?

ドワーフたちを救い出したあと、彼らと一緒にドワーフの居住地である洞窟を拠点とし反撃の準備を整えていた武たち。

するとそこにいきなり空気より重い毒ガスが蔓延し始め、彼らは外へと出て行かざるを得なくなりました。

そして洞窟を出た先では、パラシュートを身につけて空に浮いている元同級生の三ツ屋が待ち構えていたのです。

彼は風を操る「統制されし乱気流タービュランスドミネイター」というスキルを持っており、それによってラドガの矢を退け、薬によって着けた火を風で操作して逃さないよう武たちを取り囲みます。

そんな状況で彼が武に言ったのが、それが「お前の家を焼いたのはこの俺だ」という一言でした。

はたして、強力なスキルを持ち妹を死に追いやった直接の原因を生み出した疑惑のある三ツ屋に対して、武たちは一体どうやって一矢報いるのでしょうか?

三ツ屋との戦いの決着、そして彼の犯行の真相が語られるこの後のシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『豚の復讐』第3巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

初めはオークだけだった武の仲間もエルフのラドガやドワーフたちが加わり、かなり頼もしくなってきましたね。

ただそれでも元同級生たちには与えられているスキルは彼らにとっては逆風でしかなく、今後も20人以上いるスキル持ちの勇者たちを力と策で倒していかなければなりません。

一番は武にもスキルが発現すればいいのですが、今はきっとそれも期待薄でしょうね。

また、この第3巻の最後には「この国の王都には王女がいて勇者の能力が効かない」という新たな情報が明かされていました。

次巻はそんな王女を巡って武と勇者たちの戦いが繰り広げられていくようです。

どんな展開が描かれていくのか、今から期待が高まります。

 

『豚の復讐』4巻(13話〜)の発売日は?

『豚の復讐』第4巻は2023年1月20日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

created by Rinker
¥653 (2023/01/28 21:34:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『豚の復讐』第3巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『豚の復讐』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『豚の復讐』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『豚の復讐』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『豚の復讐』はマンガアプリ「マンガBANG」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガBANG」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『豚の復讐』第3巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp