[ネタバレ注意]『ブルーロック』第12巻|U-20日本代表戦レギュラーを賭けた適正試験が始まる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、サッカー界でも話題となっているFW特化の異色サッカーマンガ『ブルーロック』、その第12巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ブルーロック(12) (週刊少年マガジンコミックス)

目を引くショッキングピンクを背景に、驚異的な身体能力を駆使してシュートを放つ士道龍聖が表紙を飾っています。

 

さて、冒頭で「サッカー界でも話題」と書きましたが、この第12巻のコミックスの帯にはなんとあの日本代表FWの岡崎慎司選手からのコメントが記載されていました。

この漫画、なんでここまで深くFWを表現できるんだろう

引用:『ブルーロック』第12巻帯

サッカーの数あるポジションの中でも特にFWに特化したこの作品は、プロサッカー選手が読んでも深みを感じるほど掘り下げられているんですね。

そんな深さをキープしつつ、サッカーに詳しくない僕が読んでも十分面白いと思えるストーリーと絵を手がける両先生には、ただただ脱帽するばかりです。

 

今回の記事では、そんな『ブルーロック』第12巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ブルーロック』第12巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『ブルーロック』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『ブルーロック』第12巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ブルーロック』11巻の振り返り

以下の記事に『ブルーロック』第11巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第12巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ブルーロック』12巻の見どころ&感想[ネタバレ]

U-20日本代表戦レギュラーを賭けた適正試験トライアウトに挑む!

この第13巻から始まるU-20日本代表戦レギュラーをかけた適正試験では、現時点の総合評価でTOP6の人選を中心としたチームに分かれ、5VS5の1試合によって選考が行われます。

そのTOP6に選ばれたのは凛と士道、烏旅人と乙夜影汰、雪宮剣優と凪の6人で、彼らはそれぞれABCのチームに分けられ、残りの29人がどこに入りたいかを選んで5人チームが組まれます。

潔をはじめとする残り29人に求められるのはTOP6に対する「主張」と「共存」、その点において潔は凛のチームで未知の可能性にかけるか凪のチームで化学反応を起こすかを迷っていました。

しかし玲王との会話を通して「自分が隣に立っていたい人物」を基準に選び、凛のチームでプレイすることを決めた潔。

ここから、自身を喰いかねない凛の隣で、潔の“存在を証明”する戦いが始まります。

 

TOP6に凛と士道、凪の3人が入ったのはかなり納得できますね。
(ちなみにNo.7は蜂楽でした。)

また、プレーが描かれていないTOP6のうちの3人、烏旅人と乙夜影汰と雪宮剣優がどんな個性とプレーを見せてくれるのかにも期待が膨らみます。

 

2トップ・凛と士道は相性最悪!?

適正試験で凛と士道のいるチームに入り、如何に自分の存在をアピールするためにこの2トップの攻撃の形に“適応”できるかを考えながらプレーをする潔。

しかし序盤は超絶プレーを決める凛と士道に合わせるどころか、敵の超絶キープ力と圧巻のフェイント力を持つ烏と忍者の如き“動き出しオフ・ザ・ボール”と俊敏性をもつ乙夜の2人を相手に何もさせてもらえませんでした。

しかし、そんな彼の前に1つの付け入る隙が生まれます。

それは、フィールド全体を読んで計算してシュートポイントに辿り着く凛と、直感的に自分がゴールを決められる場所に飛び込む士道が同時に動いた時、2人の動きがぶつかってしまうという事でした。

そんな交わらない2人の衝突をきっかけに、ここから潔が戦局をひっくり返します。

 

綺麗なサッカーをする凛に対して野生的な士道の動きは毎回予想外で、この試合は何度も彼のむちゃくちゃなプレーに驚かされましたね。

また烏と乙夜の動きやプレーの演出もカッコよく、TOP6同士がメインにぶつかり合うこの適正試験はこれまで以上に読み応え抜群の試合となっています。

 

凛と士道を凌駕するために潔が導き出した“答え”とは!?

凛と士道の衝突をきっかけにこの2人を“連動させる”役割を担うことにした潔は、チームメイトの七星と氷織のサポートを受けて徐々にチームの一員として機能し始めます。

しかし“2人の役に立っているだけ”で後もう一歩何かが足りない、というところで彼は氷織からとあるアドバイスを受けます。

そしてそれを聞いて4-4で迎えたラストプレー、彼はこれまで培ってきたものを信じて全力でそのアドバイスに乗っかり、なんと凛と士道を超えてラストゴールを決めて見せたのです。

この瞬間のシーンはまさに鳥肌ものでした。

そんな彼が奇跡を起こす方程式に足を踏み入れたラストプレーは、ぜひ文字だけでなくマンガとして、ご自身の目でご覧ください

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『ブルーロック』第12巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているのでご活用ください。

 

まとめ

TOP6同士がぶつかる適性試験はハイレベルなプレーの連続でかなり読み応えがありましたね。

彼らの個人技もさることながら、その個性が噛み合った時の素晴らしい連携はまさに鳥肌ものでした。

こんな試合があと4試合も見れるなんてワクワクが止まりません。
残りの試合では誰のどんなスーパープレーが飛び出すのか楽しみです。

また、次巻予告にはこの適正試験が終わった後、U-20日本代表に挑む選抜が発表されるとの記載がありました。

11人全員がFWのドリームチームがどのように構成されるのか全く予想ができませんね…。

はたして潔は選ばれるのでしょうか?
次巻以降の展開からも目が離せません。

 

『ブルーロック』13巻の発売日は?

『ブルーロック』第13巻は2021年3月17日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

 

以上、『ブルーロック』第12巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ブルーロック』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『ブルーロック』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『ブルーロック』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『ブルーロック』第12巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください