[ネタバレ注意]『出会って5秒でバトル』最新第18巻|水族館でアキラたちと新たな能力者のバトル勃発!

Pocket

今回は、《厄災》が終了しいよいよ全ての始まりの真相へと迫っていく頭脳型デスゲームマンガ『出会って5秒でバトル』、その第18巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

出会って5秒でバトル(18) (裏少年サンデーコミックス)

「相手の能力をコピー&ペーストできる」という能力《贋作家》を持つ謎の多い男・獅子堂がクールに表紙を飾っています。

後ろの複数の手形はきっと彼の能力の発動条件である「右手で触れる」を表しているんでしょうね。

 

さて、この第18巻では《厄災》が終わって次の章へと進む前の導入のようなエピソードが描かれていきます。

言ってしまえば“つなぎ”のエピソードになるのですが、登場する敵の能力がトリッキーでおもしろい戦闘が繰り広げられ、さらには今後のストーリーに関わる重要な事実も明らかになるので読み応えはバッチリでした。

 

今回の記事では、そんな『出会って5秒でバトル』の第18巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『出会って5秒でバトル』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『出会って5秒でバトル』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『出会って5秒でバトル』第18巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、上記のコミック.jp以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『出会って5秒でバトル』17巻の振り返り

以下の記事に『出会って5秒でバトル』第17巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第18巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『出会って5秒でバトル』18巻の見どころ&感想[ネタバレ]

水族館を訪れたアキラたちを2人の能力者が襲う!

この第18巻では、別々に行動していたアキラとユウリ、霧崎と千歳が水族館で偶然出会い、そこで敵の襲撃を受けることになります。

最初に彼らの身に起きた異変は、アキラとユウリ、霧崎と千歳のそれぞれの小指が、突然出現した“赤い糸”によって結ばれてしまうというものでした。

それは鈴原ノ暖という敵の能力によるもので、彼女に触れられ「マーキング」されたものは近くの生物を引き寄せる体質になり、マーキングされたもの同士が触れ合うと「赤い糸」で結ばれて、それが切れると互いの心臓が爆発してしまうようなのです。

この副次効果的な「近くの生物を引き寄せる」というのも水族館という場所ではかなり厄介で、さらには鈴原と共に行動するもう1人の敵・二宮優の「あいてを物体に透過させられる」という能力も重なって、アキラたちは何度も赤い糸が切れる距離まで引き離される状況に追い込まれてしまいました。

しかしなんとかそのピンチを乗り越え水族館の2階へと辿り着いた彼らの前に、今度は二宮本人が現れたことにより、ここからは能力を駆使した直接対決が繰り広げられていくことになります。

 

水族館でダブルデートという“つなぎ”のエピソードかと思いきや、「赤い糸」と「透過能力」というトリッキーな能力を持った敵の登場で一気に面白くなってきましたね。

《厄災》での激闘を終えたばかりだったので「たまには平穏な日常回があってもいいな」と思って読んでいたのですが、このゲームが終わるまでは彼らにそんな時間は訪れなさそうです。

ただ、そんな束の間の水族館デートでも彼らの意外な一面が見れたりしたので、そういう意味ではなかなか貴重なワンシーンだったと思います。

 

アキラの起点で強敵タッグチームを打ち破る!

二宮の能力で2階から落下させられそうになっても「磁力の能力」でそれを防いだり、銃での遠距離攻撃に対しても「瞬間移動の能力」で一気に距離を詰めたりと、状況に合わせて複数の能力を使い分けていくアキラ。

そしてそれによってユーリと霧崎に攻撃のチャンスが生まれたのですが、二宮に彼自身の体を透過させられたためダメージを与えられず、さらにはユーリを人質に取られてしまうという展開になってしまいました。

しかし、そんな状況が極度のメンヘラ体質である鈴原が現れたことによって一変します。

彼女は二宮がユーリとくっついていることに激怒し、「二宮とアキラたちを殺してから死ぬ」と言って1人でユーリとアキラの相手をし始めたのです。

ただ、「一緒に死んでも幸せ」というメンヘラ理論を口にする鈴原に対してアキラは「馬鹿馬鹿しい」と一笑し、怒った彼女が襲いかかってきたタイミングで大砲を天井に向かって放ちました。

彼の狙いは瓦礫によって2人を同時に攻撃することで、“対象を1人しか選べない”二宮の「透過能力」を逆手に取ってどちらか一方を倒してしまうことでした。

そうして、二宮は鈴原に対して能力を使い自身は瓦礫の下敷きになったのですが、アキラはまだ生きている二宮を見て「熊切ならこうするはずだ」と言って、彼を助ける選択をしました。

ここで今回のバトルはおしまいか、と思ったその時、彼らの前に予想外の次なる刺客が現れることになります。

はたしてそれは一体誰なのか、その正体はこの第18巻の最後まで続く“資格”との激闘と一緒に、ご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『出会って5秒でバトル』第18巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

まとめ

アキラが千歳を能力の“相手”の対象に選んだり、霧崎にも「(能力について)知りたいなら話す」と言っていたりと、《厄災》での熊切との関わり合いを経て少しずつユーリ以外の仲間も信用してきているのが見て取れました。

彼の能力は信頼できる仲間がいればいるほど強くなるものだと思うので、ここから先でさらに強力でトリッキーな頭脳戦を繰り広げてくれることに期待が膨らみます。

また上記では割愛しましたが、この第18巻ではこの先の展開に大きく影響してくるであろう“とある1枚の写真”が描かれていました。

それはアキラの母と魅音に関わるもので、それに秘められた真実を巡って次巻ではいよいよアキラと父・橙夜との親子対決が幕を開けるようです。

はたして、親子であり互いに優れた能力者でもある2人の因縁の戦いは、どんな展開を見せてくれるのでしょうか?

次巻以降も目が離せません。

 

『出会って5秒でバトル』19巻の発売日は?

『出会って5秒でバトル』第19巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『出会って5秒でバトル』第18巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『出会って5秒でバトル』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『出会って5秒でバトル』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『出会って5秒でバトル』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『出会って5秒でバトル』第18巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください