[ネタバレ注意]『出会って5秒でバトル』最新第14巻|多々良りんご率いる「チームりんご」VS最狂の爆弾魔・少年X!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、累計150万部を突破した頭脳×異能のデスゲームマンガ『出会って5秒でバトル』、その第14巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

出会って5秒でバトル(14) (裏少年サンデーコミックス)

あどけない顔をして実は“価値のあるものを爆弾に変える能力”を持つ爆弾魔である少年Xが表紙を飾っています。

 

さて、前巻第14巻まではアキラも巻き込まれている《厄災》の中でのエピソードが中心でしたが、この第15巻では1冊まるまるを通して、再び多々良りんごVS少年Xのバトルが描かれていきます。

少年Xの非道な作戦やりんごと香椎鈴の共闘など、これまでとはまた違ったバトルを見ることができる、読み応えのある1冊となっていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『出会って5秒でバトル』第14巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『出会って5秒でバトル』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『出会って5秒でバトル』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『出会って5秒でバトル』13巻の振り返り

以下の記事に『出会って5秒でバトル』第13巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第14巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『出会って5秒でバトル』14巻の見どころ&感想[ネタバレ]

少年Xが多々良りんごに宣戦布告!

りんごが少年Xと戦い重傷を負って眠っていた3日間の間に、彼はりんごから奪ったタブレットに入っていた「参加者」リストを使って次々と能力者を殺し回っていました。

しかしその過程でりんごを殺し損ねていることに気がついた少年Xは、なんと国会議事堂を爆弾で占拠して人質を取り、SNSを通して彼女に議事堂に来るようメッセージを送ってきたのです。

それを見て、自責の念からその場へ這ってでもいくと決意を固めるりんご。

そして北島さんと香椎も一緒に行くと言ってくれ、獅子童も含めた「チームりんご」4人で少年Xを倒すために行動を開始します。

 

この会話の流れで、獅子童の「相手の能力をコピー&ペーストできる」という能力も明らかになりました。

「相手の能力の1/10コピー」「能力無効化」「体液から拷問具生成」「コピー&ペースト」という4つのトリッキーな能力を持ったチームができましたね。

これらを駆使してりんごがどんな作戦を実行していくのか、必見です。

 

スポンサーリンク

少年Xが始めた“人間オークション”、その狙いとは!?

数人の子供たちとその先生、議員(最初の犠牲者)とその秘書、そして警官1人を人質に取った少年Xは、「命は本当に平等なのか」「命に価値があるのか」を確かめるために“人質解放オークション”を始めました。

それは世界中の人たちから優先的に解放してほしい人間に金銭を投資してもらう寄付型のクラウドファンディングで、彼はその中で一番寄付額の多かった人間は解放を約束すると言うのです。

子供の方が寄付が集まりやすいことや、秘書がコネを使ってお金を集めたことなど、オークションの価格変動について細かくコメントしていく少年X。

しかし、彼の本当の狙いはただ命の価値を計ることだけではありませんでした。

彼の能力は“価値のあるものを爆弾に変える能力”、つまり人に値段をつけさせて“人間爆弾”を製造することこそが彼の本当の目的だったのです。

5円玉で人の頭を吹っ飛ばすほどの爆発力を持つ彼が、数千万の値がついた人間を爆発させたら一体どれほどの被害が出てしまうのか…。

彼の目的を阻止しようと動く「チームりんご」の行動に、さらなる緊張感が伴っていきます。

 

このオークションの最中に少年Xの過去回想が挟まっていたのですが、どうやら彼はあの万年青と血の繋がらない兄弟であり、彼を殺してゲームに巻き込んだ張本人だったようですね。

この繋がりが今後の展開に何か影響してくるのでしょうか?
謎の多い男である万年青の秘密が明らかになる時が楽しみです。

 

チームりんご VS 少年X!はたして勝つのは!?

人間オークションが進む中、ようやく香椎が国会議事堂に姿を現しました。

りんごの立てた作戦通り香椎は1対1で少年Xに挑み、ペーストされた「能力無効化」の能力で仕掛けられていた爆弾の爆発をくぐり抜け、一気に間合いをつめて《鉄の処女アイアンメイデン》で少年Xに斬りかかります。

しかし、彼の方が1枚上手だったようで、背後に仕掛けられた爆弾で香椎は吹っ飛ばされ、物陰に隠れて隙を伺っていたりんごと北島さんも見つかってしまいました。

そんな彼女に「人質の中から爆発させる1人を選べ」と言う少年X。

それを聞いて当然りんごは拒否の態度をとるのですが、続けて少年Xは「1人も選べない時は人質全員を爆発させる」と脅しをかけます。

どうやら彼はりんごが自分と真逆な人間だと認識しており、そんな彼女がどんな答えを出すのかを知りたいがためだけにこんな計画を思いついたようですね。

しかしそれに対して「これ以上誰も殺させない」と答えたりんごは再び作戦を実行し、合図とともに床に落ちた香椎の血から針を生成させ、その隙に足に生成してもらったバネで少年Xに飛び掛かったのです。

そして、少年Xの爆発能力をコピーしたりんごは手に持った硬貨を自爆覚悟で爆発させようとしたのですが、先に手に持っていた硬貨を爆発させた少年Xによって能力発動前に吹き飛ばされてしまいました。

その後、少年Xはりんごの“選択”を受けて「全てを終わらせる」と再び硬貨を手にしたのですが、その瞬間になんと香椎が勝利宣言をします。

実は、人質として捕らえられていた警官は獅子童の変装で、彼は少年Xに硬貨を持たされるときに彼の能力をコピーしており、彼の意識がりんごに向いている間にその能力を香椎にペーストしていたのです。

そうして、このチームりんごと少年Xの戦いは香椎が少年Xが手に持つ硬貨を爆発させたことによって決着となりました。

この第14巻は、ド派手な爆発と香椎のキメ顔とともにおしまいとなります。

 

まとめ

今回はこのマンガが頭脳派デスゲームと称されるにふさわしい能力バトルを繰り広げてくれましたね。

能力者同士の一騎討ちももちろん面白いのですが、今回のように能力者たちがチームを組んでそれぞれの能力を組み合わせて戦うバトルもまた違った良さがあるように思えます。

また、最後には香椎によって少年Xがりんごのことが好きだという事実も明かされていたので、もし今回のバトルで彼がまだ生きているようであれば、次巻以降でりんごたちとどんな関わり合いを見せてくれるのかも楽しみですね。

そして、予告によると次巻はまた《厄災》の中で物語が進んでいくようです。
はたして誰が《厄災》を生き残るのか、こちらの展開も気になります。

今から次巻の発売が待ち遠しいです。

 

『出会って5秒でバトル』15巻の発売日は?

『出会って5秒でバトル』第15巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

『出会って5秒でバトル』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『出会って5秒でバトル』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『出会って5秒でバトル』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『出会って5秒でバトル』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください