[ネタバレ注意]『出会って5秒でバトル』第12巻|厄災《ニガヨモギ》が参加者たちに襲いかかる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、累計150万部を突破した「マンガワン」でも圧倒的な人気を誇る頭脳派デスゲームマンガ『出会って5秒でバトル』、その第12巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

出会って5秒でバトル (12) (裏少年サンデーコミックス)

ユーリのストーカーで、前巻第11巻では参加者ではなく《監視人オブザーバー》だったことが明らかになった星野王子が表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第13巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『出会って5秒でバトル』の記事一覧

 

この第12巻の作者コメントに書いてあったのですが、どうやらマンガ担当のみやこかしわ先生と担当の方とで、この星野を表紙にするにあたって会議が行われたそうですね。

その議題は「表紙の星野に鼻血をたらすかたらさないか」。

結局「鼻血をたらしているとキモくて読者が手に取りにくいかも」という商業的な理由でこの表紙に決まったみたいですが(笑)

 

今回の記事では、そんな『出会って5秒でバトル』第12巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『出会って5秒でバトル』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『出会って5秒でバトル』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『出会って5秒でバトル』11巻の振り返り

以下の記事に『出会って5秒でバトル』第11巻の見どころをまとめています。

砂糖を操る能力者・甘村との戦いを通して、霧崎の「なんでも切れる」能力は物体だけでなく能力を切ることでその能力の強制解除ができるようになりました。

そしてその後、戦いが終わったと思いきや、いきなり彼らは4thプログラム特有のシステムである《厄災》に巻き込まれてしまいます。

その《厄災》の舞台は遊園地で、クリア条件は「城にたどり着くこと」。
しかしその敷地内にはゾンビのような「鬼」が大量に存在し参加者達を襲います。

彼ら以外にも熊切と沙道や万年青、そして星野もこの《厄災》に巻き込まれており、監視人たちにも様々な思惑がある様子。

はたしてユーリ達は生き残り4thプログラムへと戻ることができるのでしょうか?

 

では、さっそく第12巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『出会って5秒でバトル』12巻の見どころ&感想[ネタバレ]

霧崎と甘村が手を組み「抗体持ち」を討つ!

前巻の最後に《厄災》の中で合流していた霧崎と甘村の前に、能力を使って襲ってくる「抗体持ち」と呼ばれる鬼が姿を現しました。

その鬼は「触れた物体に磁力のような極性質を与える」能力を持っており、周りの鬼を固めて飛ばしたり、またそれを反発させて散弾のように攻撃してきたりと、トリッキーな戦い方で徐々に2人を追い詰めていきます。

しかし2人も能力強制解除の能力や砂糖を結晶化する能力を駆使してみごとな連携を取り、ギリギリな戦いではありましたがなんとかその「抗体持ち」に勝利を収めることができました。

その戦いの後、どこか体に違和感を感じる霧崎でしたが、ひとまず2人はそのまま目的地の城へと向かいます。

 

即席のタッグでありながら、トリッキーな相手に対して甘村が瞬時に戦局を見極め霧崎がそれを力で押し切る、といったなかなかハイレベルな能力バトルを見せてくれましたね。

霧崎の体調の変化は《厄災》の舞台に蔓延する毒の影響だと思うのですが、はたして彼らはこのまま無事城へとたどり着くことができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

《監視人》星野王子が能力を使いユーリを救う!

前巻で《監視人》である星野と彼のチームの参加者と合流したユーリは、遊園地全体の様子を確認するためにまずは管制室を目指す事にします。

初めは「手を拳銃に変える」能力を持つ黒木さんによって鬼を排除しながら進むことができていたのですが、森の中に潜んでいた「木を伸縮自在のムチに変える」能力の「抗体持ち」によって、ユーリと星野の2人以外が捕まってしまいました。

そんな状況で手を拳銃に変え自分以外を解放し、1人だけで犠牲になろうとする黒木さん。

しかしそれをユーリが許さず1人で鬼に挑むのですが、彼女もムチで捕まってしまいそうになったその時、なんと星野が「手を拳銃に変える」能力と「身体能力五倍」の能力を同時に使い鬼を殲滅させてしまったのです。

そんな彼の能力は「監視している対象と能力をリンクできる」という能力。

これまで頼りなさそうに描かれてきた星野ですが、彼がいればここから先は安全に切り抜けていけそうです。

 

星野の能力はさすが<監視人>といった感じの強力なものですね。

ただ、ユーリのためにとなりふり構わず行動している彼ですが、このままだと近い将来アキラの敵として立ちふさがりそうな予感がします…。

 

アキラが仲間を救うため自ら《厄災》へ!

消えたユーリと霧崎を助けるため、そして万年青から「3rdプログラムの貸しを返してくれ」という連絡を受けたため、アキラは自らの意思で《厄災》に挑みます。

しかし彼の「相手が思った能力になる」能力は鬼が相手では使えず、彼はバール一本で鬼の相手をしながら逃げ回ることしかできませんでした。

そんな中で、以前ユーリが話してくれた「家族で行った遊園地の赤い風船」の思い出話を思い出したアキラ。

そして追い詰められる中で一か八か敷地内にあった赤い風船を飛ばしたところ、その意図に気が付いたユーリが彼の元へと駆けつけてくれたのです。

“相手”ができたことでアキラの能力も復活し、これから《厄災》の攻略に挑む…といったところで、この第12巻はおしまいとなりました。

 

まとめ

《厄災》に入ってからこれまでとは違うタッグやチームでの戦いが描かれるようになり、思わぬ戦術が飛び出したりと読んでいて非常に面白かったですね。

魅音を除く他の監視者はこの《厄災》で参加者全員が死ぬと思っているようなのですが、はたして彼らはこれを切り抜け、元の4thプログラムに戻ることができるのでしょうか?

まだ魅音や万年青の目的や狙いなどもはっきりしませんが、ここからの展開は《厄災》終盤に向けて盛り上がっていくこと間違い無しでしょう。

次巻の続きが楽しみです。

 

〜追記〜

『出会って5秒でバトル』13巻の感想記事

以下の記事に『出会って5秒でバトル』第13巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『出会って5秒でバトル』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
小学館
¥650 (2020/09/27 15:52:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

『出会って5秒でバトル』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『出会って5秒でバトル』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『出会って5秒でバトル』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください