[ネタバレ注意]『出会って5秒でバトル』最新第11巻|累計100万部突破の大人気頭脳派デスゲームマンガ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「マンガワン」で週に100万人に読まれている超人気頭脳派デスゲームマンガ『出会って5秒でバトル』、その第11巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

出会って5秒でバトル(11) (裏少年サンデーコミックス)

一瞬誰?と思いましたが、彼女はいつも魅音のそばにいるヤンさんですね。
作中ではあまり目立たないポジションですが、カラーとなると表紙映えしますね。

 

さて、タイトルにも書きましたがこの『出会って5秒でバトル』、みごとコミックス累計100万部を突破したそうです。

おめでとうございます!

マンガアプリ「マンガワン」の看板作品であるのはもちろんのこと、他のマンガサイトでも週間ランキングでTOP10以内に見かけることが多く人気っぷりがうかがえます。

王道の能力バトルマンガなので、この100万部を通過点としてもっともっと人気を集めていくことでしょう。

 

今回の記事では、そんな『出会って5秒でバトル』第11巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『出会って5秒でバトル』をおトクに読む方法>

文字だけでなく『出会って5秒でバトル』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『出会って5秒でバトル』をおトクに読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『出会って5秒でバトル』10巻の振り返り

以下の記事に『出会って5秒でバトル』第10巻の見どころをまとめています。

アキラと橙夜の探り合いのような親子の会話から、なんと彼も能力者であることが明らかになった第10巻。

さらにそこにアキラ狙いの第四監視人チームがやってきて、彼らとアキラと橙夜チームの三つ巴の戦いが始まりました。

結果としてこの戦いは第四監視人チームの全滅で幕を閉じたのですが、彼はこれからもアキラの前に立ちはだかる大きな壁となっていきそうです。

そして続く第11巻は、砂糖を操る能力者に捕らえられてしまった円とユーリを円のバアちゃんが刀1本で助けたシーンの後から始まります。

ここからバアちゃんの大活躍が始まるのでしょうか?

 

では、さっそく第11巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『出会って5秒でバトル』11巻の見どころ&感想

霧崎覚醒!なんでも切れる能力を新たな境地へ!

砂糖を操る能力者・甘村によって捕らえられた霧崎とユーリを助けてくれた彼のバアちゃん。

実は彼女はただ剣の達人というだけで、能力者でもなんでもありませんでした。

そしてそのままの勢いで剣を剣を振るうバアちゃんでしたが、甘村が砂糖からブドウ糖を抽出し彼女の傷口から大量に注入したため、急性の高血糖状態となり倒れてしまいます。

そんな再び訪れたピンチを前に、霧崎の能力が覚醒します。
なんと彼の「なんでも切れる」能力は物体だけでなく、彼女の能力まで切って能力の強制解除をさせてしまったのです。

最終的に霧崎はその能力を使って彼女を縛っていた「橙夜が甘村に授けた使命」を切り、彼女を無力化することでその場は一件落着となりました。

 

バトルマンガではよくあることですが、能力の覚醒やレベルアップって単純にワクワクしますよね。

他のキャラ達の能力も霧崎と同じように新たな境地を迎えるのであれば、ここからの能力者同士のバトルはより激しい戦いになっていきそうです。

 

参加者たちに《厄災》が襲い掛かる!

霧崎の道場での戦いが終わったと思いきや、そこにいきなり4thプログラム特有のシステムである《厄災》と呼ばれる存在が姿を現します。

そいつはいきなり霧崎達に襲いかかり、彼とユーリ、甘村を攻撃して溶かし、別の場所へと送ってしまったのです。

そしてユーリが目覚めたのは遊園地のような場所でした。

さらに彼女が持っていたスマホには「あなたは厄災《ニガヨモギ》に飲み込まれました。4thプログラムに戻る方法はひとつ 城にたどり着け」という文章が。

非常にシンプルなクリア条件ですが当然それを阻止するような障害もあり、遊園地内にはゾンビのような「鬼」が大量に存在し参加者達を襲います。

果たしてユーリ達はこの《厄災》から逃れ、無事4thプログラムに戻れるのでしょうか?
ここから、4thプログラムとは別の戦いが始まります。

 

4thプログラムの最初に魅音が言っていた《厄災》がここで現れるとは…。
僕は正直忘れていました(笑)

4thプログラムも激しさを増してきた局面でのこの《厄災》イベント。
これが本戦にどう影響してくるのでしょうか?

 

熊切 VS 沙道!《厄災》の中でのバトル!

《厄災》にまきこれる前から戦っていた熊切と沙道の戦いは《厄災》に巻き込まれた後も続きます。

影人形を操って遊園地内にいる「鬼」を熊切の元へと誘導した沙道は、彼を動く観覧車に捕まらせ観覧車の下とゴンドラの中の両方から彼を追い詰めます。

そんな状況に為す術もない熊切は観覧車の頂上付近で落下。

これによって沙道は勝ちを確信するのですが、熊切は「2秒間無敵になる」能力で「鬼」の襲撃を無傷で乗り切っており、油断した彼を捕まえ「鬼」に食わせることで勝利を掴みました。

しかしそんな彼にも「鬼」の襲撃が。

「2秒間の無敵じゃ間に合わない」と覚悟を決めた彼を助けてくれたのは、なんとアキラチームと因縁のある万年青だったのです。

どうやらユーリや霧崎、熊切以外にも多くの参加者が《厄災》に巻き込まれているようですね。

様々な思惑が交差するこのイベントですが、自体が大きく動き出すのは次巻となりそうです。

 

まとめ

まさか《厄災》が鬼ごっこを模したようなイベントとは意外でしたが、どうやらまだ明かされていない監視人たちの思惑があるようですね。

万年青によるとこれは最終プログラムに進む6人を絞るための「間引き」とのことですが、果たしてユーリ達は生き残ることができるのでしょうか?

また、ユーリをこのプログラムに参加させた(無理心中に巻き込んだ)星野王子が参加者ではなく監視人の1人だということも明らかになり、彼の存在がこの先の展開の大きな鍵となっていきそうです。

今はまだ謎が膨らんでいくばかりですが、この《厄災》が本線にどうつながっていくのか楽しみですね。

 

『出会って5秒でバトル』12巻の発売日は?

『出会って5秒でバトル』第12巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『出会って5秒でバトル』をおトクに読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください