[ネタバレ注意]『ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと』最新第1巻|Web広告で話題の社畜×ゾンビマンガ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、TwitterなどのWeb広告で話題を集めている「社畜」×「ゾンビ」×「青春」のちょっと変わったギャグマンガをご紹介します。

そのマンガがこちら。

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (1) (サンデーGXコミックス)

ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと』です。

 

「街の人たちが突然ゾンビになって襲ってくる」という、ここだけ聞くとよくある“ゾンビもの”の作品なのですが、このマンガはそれだけではありません。

後にあらすじも載せますが、このマンガはあの『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督にも大絶賛されているのです。

僕も読んでみましたが、確かにあの映画が好きな人はきっとこのマンガにハマること間違いなしだと思います。

 

今回の記事では、そんな『ゾン100』第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ゾン100』のあらすじ

以下に『ゾン100』のあらすじを載せておきます。

ゾンビ増殖でブラックな人生変わった!
汚部屋でゾンビ映画を観て「会社に比べりゃ天国だよな」とつぶやく男・天道輝(24)は、かなりのブラック企業に入社して3年目。
憧れの経理・鳳さんへの恋もままならず、いよいよ正常の向こう側に踏み込んでいた。
ある朝、管理人が住民を「食べて」いるのを皮切りに、街ではゾンビが増殖開始。迫る死者たちに追われる輝が感じたのは……

ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜 1|小学館

上記リンクから第1話が試し読みできます。

会社よりゾンビのいる世界の方が天国に思えるほどのブラック企業に勤めている天道という男が主人公です。

あらすじ最後の一文「迫る死者たちに追われる輝が感じたのは……」と書かれていますが、大体の予想はつくことでしょう(笑)

 

では、さっそく第1巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ゾン100』1巻の見どころ&感想

天道輝の会社は超がつくほどのブラック企業!

天道の勤めている会社はブラック企業の特徴を全て掛け合わせたような、まさにブラック企業の中のブラック企業です。

まず新入社員歓迎会の後に、解散せず会社に戻ってそのまま2日間徹夜で仕事をさせられます。

サービス残業は当たり前、絵に描いたようなパワハラ上司に身体を壊すまで働いてこそ一人前という風潮…。

当然そんな会社に丸2年以上も勤めている天道はもうまともな判断もできなくなっており、「電車に飛び込めば明日会社に行かなくてもいいのに」という危険な考えにまで至っていました。

 

どうやらブラック企業に勤めている人は「辞めればいい」という判断すらできないほど精神的にやられてしまうそうですよ。

ただ、今の日本にここまでのブラック企業は存在しないと思うので、新入社員の方や就活生の方は安心してください(笑)

 

ある朝、目覚めると街がゾンビまみれに!

かなりの急展開なのですが、前日まで何事もなかった世界がいきなりゾンビで溢れかえります。

出社しようとして家を出て、ゾンビに追われて自宅へUターンすることになった天道がまず考えたのは「今日から会社に行かなくてもいいんじゃね?」ということでした。

そこから彼はブラック企業に搾取された2年間以上の月日を取り戻すべく、たくさんのやりたかったことをかたっぱしからやっていくことに決めたのです。

ゾンビのいる街に自転車を飛ばし、ゾンビとなった社長に会社を辞める意思を伝え、ゾンビになった好きな人に想いを伝え、コンビニでビールを買い占める天道。

冒頭の様子とは打って変わって、その彼のキラキラした表情はまさに青春のようでした。

ここで彼は「ゾンビになるまでにしたい100のこと」をノートにまとめます。

 

あらすじにあった、ゾンビの世界を「会社に比べりゃ天国だよな」と言っていたのは皮肉ではなく本心だったようですね。

周りはゾンビだらけですが、彼ならこの世界でもずっと生き延びていきそうな予感がします。

 

天道の他にもゾンビになっていない生存者が!

ゾンビだらけとなってしまった世界ですが、どうやらまだ天道以外にも生存者はいるようです。

1人はこの世界の状況を冷静に分析し、ゾンビにならないために万全の備えと戦略を練る女性・三日月閑。(表紙の女性です。)

2人目は天道の大学時代の同級生で、卒業後もエリート街道を突き進んでいた竜崎憲一朗(通称:ケンチョ)です。

そして天道は「親友と朝まで飲んでバカ騒ぎをする」という目標を叶えるために彼の元へバイクを走らせ無事に合流。

みごとゾンビを振り切り、ビルの屋上でお互いのこれまでの想いをぶつけ合って、本当に朝まで2人で飲んでいました。

 

第1巻はここでおしまいです。

三日月さんとケンチョはこれから先のストーリーにも大きく影響してきそうですね。

このゾンビまみれの世界を救うとしたら、きっと彼らなのでしょう。

 

まとめ

僕もこのマンガをWeb広告で知り、面白そうだとずっと気になっていたのですが、いざ読んでみると想像をはるかに超える面白さでしたね。

勢いがあって笑いどころも多く、シンプルに楽しめるマンガでした。

さて、ここからの展開ですが、このままずっとゾンビから逃げ回るのか、それとも世界えお元に戻す方法があるのか…。

次回予告を見ても全く見当がつきませんが、とにかく楽しみです。

 

『ゾン100』2巻の発売日は?

『ゾン100』第2巻は2019年7月に発売予定だそうです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください