[ネタバレ注意]『クジャクのダンス、誰が見た?』最新第4巻|真実と犯人への手がかりがまた心麦から離れていく…

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、現在と過去の事件が入り組んでいく中でまた新たな謎と伏線が満ちていくクライムサスペンスマンガ『クジャクのダンス、誰が見た?』、その第4巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

クジャクのダンス、誰が見た?(4) (Kissコミックス)

父の春生さんとよく一緒に通っていたラーメン屋台で、暖かそうなラーメンを前に物憂げな表情をしている心麦が描かれています。

 

さて、いきなりですが『クジャクのダンス、誰が見た?』、『このマンガがすごい!2024』オンナ編の第4位へのランクイン、おめでとうございます!

正直かなり話題になっているマンガなのでランクインするとは思っていましたが、謎や伏線が散りばめられている現段階で第4位というのには驚きました。

物語はこれから真相へ向けてさらに盛り上がりを見せてくると思うので、来年や再来年にはTOP3に入ってきていてもおかしくないですよね。

今後の展開にさらに期待が高まる嬉しいニュースでした。

 

今回の記事では、そんな『クジャクのダンス、誰が見た?』の第4巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『クジャクのダンス、誰が見た?』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『クジャクのダンス、誰が見た?』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『クジャクのダンス、誰が見た?』第4巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『クジャクのダンス、誰が見た?』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

さらに、下記記事には上記以外にも以下の記事に『クジャクのダンス、誰が見た?』を無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『クジャクのダンス、誰が見た?』3巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『クジャクのダンス、誰が見た?』第3巻の見どころをまとめているので、こちらから先にご覧ください。

 

スポンサーリンク

『クジャクのダンス、誰が見た?』4巻(13話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく『クジャクのダンス、誰が見た?』第4巻の内容に入っていきましょう。

ラーメン屋台店主・染田さんの過去が語られる

この第4巻では「走馬灯」というタイトルで、前巻の最後に河川敷で意識不明の状態で倒れていたラーメン屋台店主・染田さんの過去が描かれていきます。

どうやら彼は父親から継いだ畳屋をバブル崩壊の影響で潰してしまい、それをきっかけに奥さんに子供を連れて出て行かれたという過去があるみたいですね。

そして「もう死んでしまおう」と考えていた矢先に薬物を勧められてハマり、それを買うお金を稼ぐために偽ブランド品の偽造やサインの偽造に手を染めて、最終的には逮捕されたようです。

ただ、その取り調べを通して春生さんと出会い更生の後押しをされた彼は、出所後に昔ラーメン屋を出したかったことを思い出し、その後出した屋台で春生さんと再開した、という経緯が語られていました。

これだけなら心温まる話なのですが、その後には染田さんが事件に巻き込まれるきっかけとなった出来事も描かれていました。

彼は春生さんが殺される数ヶ月前に、突然現れた“あの人”から「春生さんから聞いた話を報告してほしい」と頼まれ、現金1,000万と薬物を渡されたようなのです。

はたして“あの人”とは誰で、一体何が目的だったのでしょうか?

その真相が染田さんの口から語られることはないまま、彼は息を引き取りました。

 

父・春生が松風に弁護を依頼した理由が明らかに!

この巻では第1巻から謎だった「なぜ手紙に春生さんが面識がないはずの松風弁護士に依頼するよう書いてあったのか」の理由が明らかになります。

その理由は、当時東賀山事件で遠藤友哉の父である遠藤力郎を弁護していた元弁護士の三木田辰雄さんが、春生さんに松風のことを推薦したからでした。

どうやら三木田さんは過去に刑事事件の勉強会で一緒になった松風を「人として真っ当だ」と感じたらしく、「彼なら真摯に向き合ってくれるのでは」と春生さんに紹介したようです。

その話を三木田さんの家で聞いた心麦と松風は、あわせて東賀山事件の被害者である林川家の当時の事業やその周辺の人間関係の話も合わせて教えてもらい、過去の事件とのつながりに関する新たな糸口を手に入れることができました。

そして彼らは最後に“林川歌”を引き取ったという親戚の津寺井さんの電話番号を教えてもらって、三木田さんの家を後にします。

謎が多かった過去の事件についても、徐々に手がかりが出てきましたね。

今後また2人が関係者から話を聞いていく中で、その事件に隠された真相が明かされていくのが楽しみです。

 

スポンサーリンク

まとめ

この第4巻では上記で紹介した以外にも、手紙の偽装を怪しむ警察が心麦に松風と距離を置くように伝えたり、検察の阿南検事が直接心麦を調べるために動き出したりと、警察や検察側でも動きが見られていました。

またその他にも松風の過去が語られたり、心麦が頼りにしている警察の赤沢さんと警察官だった松風の父親に繋がりが出てきたりと、細かな要素や伏線がたくさん詰め込まれた1冊となっていました。

真相へ近づこうにも謎がさらに謎を呼ぶ展開の連続で、改めて心麦たちが調べている事件の底の見えなさに不安感だけが募っていきます。

これらの伏線が今後の展開でどのように繋がっていくのかが非常に気になります。

上記では詳細を省いた「林川家の事業や人間関係の話」も含めて、この先に関わる重要なシーンの数々は、ぜひ絵と一緒にご自身の目でもご覧になっておいてください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『クジャクのダンス、誰が見た?』第4巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

『クジャクのダンス、誰が見た?』5巻(17話〜)の発売日は?

続く17話以降が収録された『クジャクのダンス、誰が見た?』第5巻は、2024年4月ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『クジャクのダンス、誰が見た?』第4巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『クジャクのダンス、誰が見た?』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『クジャクのダンス、誰が見た?』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『クジャクのダンス、誰が見た?』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『クジャクのダンス、誰が見た?』第4巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース