[ネタバレ注意]『約束のネバーランド』第13巻|祝!コミックス世界累計1000万部突破!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、世界累計1000万部を突破し、TVアニメも大反響を読んだ超人気脱獄ファンタジーマンガ『約束のネバーランド』、その第13巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

約束のネバーランド 13 (ジャンプコミックス)

不思議な部屋をバックにエマ、レイ、ノーマンの3人が描かれています。
この3人が一緒に表紙に登場するのは第5巻ぶりでしょうか?

 

〜追記〜
第14巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『約束のネバーランド』の記事一覧

 

さらに、原作の白井カイウ先生がこの第13巻の作者コメントに書いていたのですが、この表紙にはこれまでの第1〜12巻カバー絵のモチーフがこっそり散りばめられているそうです。

僕も探しては見たのですが、「エマの足元にある鍵が第3巻の表紙に描かれていた鍵と同じかな?」くらいしか見つけられず、なかなか難しいですね…。

また時間を見つけて探してみようと思います。

 

今回の記事では、そんな『約束のネバーランド』第13巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』第13巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『約束のネバーランド』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『約束のネバーランド』第13巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

『約束のネバーランド』12巻の振り返り

以下の記事に『約束のネバーランド』第12巻の見どころをまとめています。

ついに“支援者”とコンタクトを取ることができた第12巻。

しかし“支援者”はエマたちと今は会えない状況らしく、その間に彼らは“七つの壁”探しを進めておくことにしました。

そしてクヴィティダラと呼ばれる遺跡のような場所でヒントを得てシェルターへと戻ってきたエマたちでしたが、その直後、なんとラートリー家が急襲を仕掛けてきたのです。

ひとまず秘密の逃げ道から外に出ることができた彼らでしたが、ユウゴとルーカスの2人が「敵を追ってこれないようにしておく必要がある」と2人でシェルターに残ることにします。

はたして2人は無事に生き延び、再びエマたちと合流することはできるのでしょうか?

 

では、さっそく第13巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『約束のネバーランド』13巻の見どころ&感想

ユウゴとルーカスがラートリー家を迎え撃つ!

敵にエマたちを追わせないためにシェルターに残ったユウゴとルーカスは、全ての元凶であるラートリー家に対して恨みを晴らすかのように銃を構え敵を迎え撃ちます。

激しい銃撃戦の末、8人いた敵を2人にまで減らすことには成功したのですが、その途中でルーカスが重傷を負ってしまいました。

「僕を置いていけ」と言うルーカスでしたが、それに対して「15年前お前を置いて逃げどれだけ自分を呪ったと思っている」と返すユウゴ。

そして残る敵を可燃ガスが充満する武器庫まで誘い込んだ2人は、銃の火花で着火を行い、自分たちもろともその部屋を爆破しました。

エマたちが世界を変える。
2人はそう信じて、かつての仲間が待っている場所へと旅立っていきました。

 

その後のシーンで、エマは自分の夢にユウゴが出てきたことで2人の死を直感的に感じ取っていました。

ユウゴは最初は嫌味なキャラとして描かれていましたが、最後にはみんなの兄貴分のような存在だっただけに、ここで死んでしまうのは本当に残念です…。

 

ラートリー家のアンドリューが再びエマたちを襲う!

エマの仲間のうち5人が、シェルターの脱出から1日経っても姿を見せないユウゴとルーカスを心配し、夜中に独断でシェルターの近くまで戻ろうとしていました。

しかし、その途中でなんと2人と一緒に武器庫の爆発に巻き込まれたはずのアンドリューが致命傷ながらも彼らを追いかけてきており、彼の手によって5人のうち3人が殺され、2人が捕まってしまったのです。

エマたちが“人”を撃てないことを分かった上で挑発を繰り返すアンドリュー。

そんなピンチを打開してくれたのは、ユウゴから狙撃の訓練を受けていたオリバーでした。

彼は殺すのではなく手と肩の関節を破壊し、アンドリューの無力化を狙ったのです。

それでもまだ彼は殺意をむきだしにしていましが、その最後は野良鬼に喰われて死ぬと言うなんともあっけない最後でした。

その後、アンドリューから直接2人の死の事実を聞かされたエマたちは、その時だけは涙をこらえずに大声をあげて泣いていました…。

 

アンドリューの執念は恐ろしいものでしたね。
彼は目が飛び出し、骨が見えているにも関わらずシェルターから彼らを追ってきていたんですよ…。

仲間の犠牲もありましたが、ひとまずこれでラートリー家の襲撃はひと段落です。

 

ついにW・ミネルヴァとの繋がりが!?

シェルターを失ったエマたちは、次の目的地としてミネルヴァさんが電話で来るように言った「ライオンのあご」と言う場所を目指します。

年齢が幼い子たちも含め55人という大所帯での移動でしたが、みんなで食糧を調達したりしながら確実に目的地へと歩を進めていました。

そんな中で、彼らは野良鬼に襲われている2人の人間に遭遇します。

エマ、レイ、ドンが2人を助けると、なんと彼らはミネルヴァさんの仲間でエマたちを探していたと言うのです。

2人の案内でミネルヴァさんのアジトまで向かうことになったエマたち。

しかし、そのタイミングで怪我をしていたクリスの容態が悪化し、急遽近くにある農園から薬を盗ってこなくてはならなくなりました。

次巻、ミネルヴァさんと会う前に、彼らは農園へと潜入します。

 

まとめ

ユウゴとルーカスとの別れのシーンは胸が痛くなるほど悲しかったです。

それもどのキャラも魅力的にみせる両先生のなせる技だからこそですね。

そしていよいよ次巻、これまで描かれてこなかった“W・ミネルヴァ”の姿が明らかになります。

エマの「私は全食用児を解放したい」という望みの実現に向けて、また大きく歩を進めることができそうですね。

時間も楽しみです。

 

〜追記〜

『約束のネバーランド』14巻の感想記事

以下の記事に『約束のネバーランド』第14巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『約束のネバーランド』第13巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください