[ネタバレ注意]『食糧人類Re:』第5巻|管理者・辻の凄惨な過去が明かされ物語は急展開を迎える!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、宿敵である管理者の辻の過去と真の目的が明かされ、物語は世界の真相へと迫る新展開を迎える『食糧人類Re:』、その第5巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

食糧人類Re: -Starving Re:velation-(5) (コミックDAYSコミックス)

刀を構えて不敵な笑みを浮かべる管理者の辻が表紙を飾っています。

そして今回、前巻の最後に登場した後ろの黄色い障子の奥にうっすらと書かれている異形の化け物の正体も明らかになりますよ。

 

〜追記〜
第6巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『食糧人類Re:』の記事一覧

 

さて、タイトルや冒頭にも書いたとおり、この第5巻ではこれまで管理者として天沢たちの前に立ちはだかってきた辻によって急展開を迎えることになります。

彼の不可解な行動や語られる過去、そして天沢たちと共に新たな作戦が開始されたりと、惹きつけられる内容とともに先の展開への期待感が高まるような1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな『食糧人類Re:』の第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『食糧人類Re:』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『食糧人類Re:』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『食糧人類Re:』第5巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年6月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『食糧人類Re:』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『食糧人類Re:』4巻の振り返り

以下の記事に『食糧人類Re:』第4巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『食糧人類Re:』5巻の見どころ&感想[ネタバレ]

辻家にいた化け物の正体と辻の凄惨な過去が語られる!

前巻の最後に辻家で目を覚ました天沢たちは、辻から朝食を振る舞ってもらいながら彼の家にいた4足歩行をする異形の化け物の正体と、彼が経験してきた凄惨な過去を聞かされることになります。

まずその化け物の正体は、辻の一人息子である辻博史が「増殖種復活プロジェクト」による2年間の臨床試験を受けた成れの果ての姿だそうです。

ではなぜ彼がそんな臨床試験を受けることになってしまったのか。

それは彼が反社会性力の一員であり、そのグループでさらってきた天人に献上される最高肉質の下民の子供2人を家の2階でかくまっていたからでした。

そしてそれが近所の人の目にとまって警察を呼ばれてしまい、息子を逃すために警察組織に抵抗した辻と一緒に拘束されてしまったのです。

そこから博史は臨床試験を、辻は反社会的人格を矯正する再教育プログラムを2年間受けてから、今の家に戻ってきたみたいですね。

しかしそれでも彼の社会への復讐心は消えておらず、息子の願いである「世界の現体制の根本からの破壊」を叶えるためにずっとその機会を伺っていたようです。

そしてここから辻は天沢、柚、増殖種である穂秋、元管理者である万智音というコマが揃ったこの状況で、その“願い”を実現させる作戦を決行していきます。

 

宮廷に潜入した天沢が目にした天人の衝撃の真実とは!?

“現体制の破壊”を目的とし「そのための爆弾も用意してある」と口にする辻は、その“爆弾”を手に入れるために天沢に1つ“お遣い”を頼みます。

それは「天人のいる宮廷内に潜入し、あるものを撮影してきてほしい」というものでした。

最初は「そんな危険なこと天沢1人で大丈夫か?」と思ったのですが、ここで彼の身体に関する衝撃の事実が明らかになります。

なんと彼は前巻で山引を通して穂秋の細胞を分けてもらって復活したためにすでに増殖種となっており、また寝ている間に辻によって右の眼球にカメラを埋め込まれていたのです。

それによって「天人への肉体提出者」として宮廷に入り体をバラバラにされた後でも、みごと再生してそのまま宮廷内部に潜入することができていました。

そしてそこから彼が宮廷内部で目にしたものは、この天人が支配する世界の根幹を揺るがす超重大な真実だったのです。

はたしてそれはいったいどのような真実なのか、その衝撃のシーンはぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『食糧人類Re:』第5巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

前巻まで学校で市民や管理者を相手に戦っていたのにも関わらず、今回でいきなり国家を相手取って反乱を起こすことになったのには正直驚きましたね。

ただ次々と早いテンポで予測不能な展開が描かれていくので、中だるみを感じることもなくむしろどんどんとこの恐ろしい世界観に引き込まれていっています。

前作の『食糧人類』も全7巻と比較的コンパクトにまとめられていますし、この続編の『Re:』もその辺りまでで物語をたたんでしまうのでしょうか?

次巻では宮廷に潜入した天沢によってこの天人の真相も明らかにされていきそうですし、謎めいたこの世界の全貌が明かされるのもそう遠くはなさそうですよね。

今回同様次巻もどんな展開になるのか全く予想がつきませんが、きっと想像を遥かに超える衝撃展開が待ち受けていることでしょう。

辻と手を組んだ天沢たちの活躍に期待が膨らみます。

 

〜追記〜

『食糧人類Re:』6巻の感想記事

以下の記事に『食糧人類Re:』第6巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『食糧人類Re:』第5巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『食糧人類Re:』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『食糧人類』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『食糧人類』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『食糧人類Re:』第5巻を無料読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース