[ネタバレ注意]『サマータイムレンダ』第9巻|ついに菱形家の秘密やシデの正体が明らかに!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「少年ジャンプ+」で累計7000万閲覧を突破した離島タイムループサスペンスマンガ『サマータイムレンダ』、その第9巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

サマータイムレンダ 9 (ジャンプコミックス)

大量の赤子のような影に埋もれるように、窓の妹である菱形朱鷺子が描かれています。

 

〜追記〜
第10巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『サマータイムレンダ』の記事一覧

 

この第9巻では菱形家の秘密や慎平たちを何度も苦しめてきたシデの正体が明らかになり、一気に物語の真相へと近づいていく1冊となっています。

アプリで毎週1話ずつ読んできた方もこのコミックスで一気に読み進めてみると、また違った見方で物語を楽しむことができるかもしれませんよ。

 

今回の記事では、そんな『サマータイムレンダ』第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『サマータイムレンダ』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『サマータイムレンダ』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『サマータイムレンダ』8巻の振り返り

以下の記事に『サマータイムレンダ』第8巻の見どころをまとめています。

では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サマータイムレンダ』9巻の見どころ&感想[ネタバレ]

“影”の秘密を知る菱形家の真相が明らかに!

菱形家の地下で窓の父親が母親(“影”)に首を絞められている現場に遭遇した慎平たち。

とっさに潮が彼女の“影”に触れてハイネとのリンクを切ることで父親を助け出すことができたのですが、当の本人はそんな状況でも自分の目的のために彼らを皆殺しにしようとしていました。

しかし、それは澪の“影”が朱鷺子に姿を変えていたことで防ぐことができたのですが、それでも口を割らない父親を澪の“影”がコピーしようとすると、どうやら彼には“免疫”がありコピーができないようでした。

その事実を知って落胆の様子を隠せない窓の父親。

彼の目的、それは時間のない“影”だけの国で、自分と妻、そして子供である窓と朱鷺子も連れて“影”となり永遠に生きるつもりだったのです。

ただ、その目的も自分の“影”をもう作ることができないとわかり叶わぬ夢だと知った彼は、妻の“影”に励まされ、ハイネを追う慎平に協力するためにこれまでハイネの餌食となった者たちの名簿である裏カルテを手渡してくれました。

ここから、慎平はさらに“影”の真相に迫っていくこととなります。

 

今回のエピソードで窓の父親から「ハイネを殺せばすべての影は死ぬ」という衝撃的な事実も明らかになりました。

それを聞いた潮は「一昨日死んだ身やし今はボーナスタイムみたいなもんや」と気丈に振る舞っていましたが、この事実を知ってしまったことが後のストーリーにも大きく影響してくる気がします。

 

スポンサーリンク

ついに慎平たちを苦しめてきたシデの正体が判明!

窓の父親は裏カルテを慎平に渡した後、腕が4本ある巨大な影である“シデ”の正体についても話してくれました。

ヤツはハイネが最初に産んだ子供(“影”)であり、そのオリジナルの名は菱形紙垂彦、菱形医院の創始者だというのです。

そして慎平はその話を聞いて、自分が最初に訪れようとして初めて殺された場所である「日都神社」に足を運び、宮司の雁切さんに挨拶をして中に入れてもらいます。

腕時計に姿を変えていた潮によると雁切さんは“影”ではないようで、2人の会話はゲームや小説など、他愛もない内容から始まりました。

がしかし、慎平が「ヒルコ伝承」の話をすると雰囲気は重くなり、雁切さんは「その話が実話やと?」と笑ったのですが、それに対して慎平は「あなたはこれが実話だと知っている」と返します。

その彼の言葉の根拠となったのが、70年前のものなのにも関わらず今と変わりのない姿で雁切さんが写っている1枚の写真でした。

そして、「お前がシデだ」と彼に向かって銃を構える慎平の姿を最後に、この第9巻はここでおしまいとなります。

 

確信した強気な口調で問い詰める慎平を、鋭い目つきで睨み返す“菱形紙垂彦”こと雁切さん。

次巻はいきなり緊迫した状況からの幕開けとなりそうです。

 

まとめ

菱形家の目的やハイネの目的、そしてシデの正体も明らかとなり一気に真相へと近づいていったこの第9巻。

慎平がループできる猶予ももう少しはあるようなのですが、果たしてこの回が最後の週となるのでしょうか?

また、この巻の途中には「週刊少年ジャンプ」に掲載されていた出張読み切りも収録されていたのですが、その読み切り版が本編のストーリーに違和感なく繋がっていたのには驚きましたね。

本誌で読み切りを読んでこの作品が気になっていた方は、ぜひアプリやコミックスでも全編を通して読んでみてください。

 

〜追記〜

『サマータイムレンダ』10巻の感想記事

以下の記事に『サマータイムレンダ』第10巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『サマータイムレンダ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『サマータイムレンダ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『サマータイムレンダ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『サマータイムレンダ』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください