[ネタバレ注意]『サマータイムレンダ』最新第6巻|ついに“島”や“影”、そして“タイムリープ”の秘密に触れる…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、マンガアプリ「少年ジャンプ+」で累計閲覧数が驚異の3200万回を突破した大人気タイムリープサスペンスマンガ『サマータイムレンダ』、その第6巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

サマータイムレンダ 6 (ジャンプコミックス)

“影”たちにおかあさんと呼ばれる、いまだ謎に包まれた小さな女の子が表紙を飾っています。

それにしてもやけに赤い表紙ですよね、どうしても“血”がイメージさせられます…。

 

さて、この第6巻ですが、ついに“島”や“影”、表紙の少女、そして慎平のタイムリープなど、これまで明かされてこなかった様々な秘密や謎が一気に明らかになっていきます。

予想もつかない展開が続き、作品史上一番の盛り上がりと読み応えを兼ね備えた大満足の1冊となっていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『サマータイムレンダ』第6巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『サマータイムレンダ』を全巻無料で読む方法>

文字だけでなく『サマータイムレンダ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むと31日間マンガが読み放題になるので、この『サマータイムレンダ』全巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『サマータイムレンダ』5巻の振り返り

以下の記事に『サマータイムレンダ』第5巻の見どころをまとめています。

潮と潮の“影”自身から語られた、潮の過去と死の真相。

そして真実を知って改めて決意を固めた潮、慎平、窓の3人は窓が以前から怪しいと思っていた旧病棟へと忍びこみました。

そして旧病棟の地下に進んだ彼らがたどり着いたのは“影”たちの巣。

ここは“影”にとって一体どういう意味を持つ場所なのか…。

 

では、さっそく第6巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サマータイムレンダ』6巻の見どころ&感想

“影”の巣の奥で待ち受けていた意外な人物とは…

前巻第4巻の最後で赤ちゃんのような影が大量に3人に襲いかかってきましたが、そのピンチを潮の力と窓のライターとスプレーを使った即席火炎放射器でなんとか切り抜けることができました。

しかしここで1つ問題が。
潮が腕の痛みを堪えきれなくなってきたのです。

どうやら潮(の影)が本体(影)に負ったダメージはオリジナルをコピーし直さない限り修復しないそうなのですが、彼女の場合はそのオリジナルがすでに火葬されてしまったためにもう回復は不可能に。

それでも潮を二度と死なせないために、なんとかして手当をしようとする慎平と窓でしたが、そんな3人の前にとある人物が姿を現します。

それは、なんと窓の妹で澪の親友である朱鷺子でした。

人間でありながら“影”を従え3人に迫る彼女。

今の状況で勝ち目はないと悟った慎平は武器を捨て、大人しく彼女の言う通りに後をついていくことにします。

 

以前からあやしい雰囲気を出していた朱鷺子でしたが、まさかこのタイミングで3人の前に立ちはだかるとは…。

そしていよいよ、このストーリーの核となる部分が明らかになっていきます。

 

“影”たちの母・ヒルコ様登場!彼女の目的とは一体…?

こうなったら知れるところまで真相を知ってからループしようと企む慎平は、朱鷺子に連れられて洞窟のさらに奥にある祭殿のようなところにたどり着きました。

そしてそこにいたのが、“影”たちの母・ヒルコノミコト
彼女がまさに表紙に描かれているような格好でその中央に座っていたのです。

ここから驚きの真実が次々と朱鷺子と“影”自身の口から語れていきます。

これまで何度も苦しめられてきたしおりの影の正体こそがこのヒルコ様だったこと、窓の父の病院「菱形医院」は代々ヒルコ様に“食事”として死体を与え続けてきたこと…。

中でも一番衝撃的だったのが、そのヒルコ様の食事のために、なんと潮のオリジナルの死体が火葬されずにすり替えられており、彼らの目の前に運ばれてきたことでした。

彼らの目の前で、ヒルコ様の“食事”が始まります。

 

これでしおりの“影”が他の“影”と違って妙にしぶとかったことや、3週目の祭の時の朱鷺子の意味深な発言の意味が明らかになりましたね。

さて、このまま潮のオリジナルはヒルコ様に食べられてしまうのでしょうか?

いや、そんなことはありません。
ここから慎平と潮の反撃が始まります。

 

慎平と潮の反撃開始!ヒルコ様を止められるのか!?

ヒルコ様が潮の死体に手を伸ばしたその時、慎平が潮に呼びかけてネイルガンをプリントしてもらい、彼女を捕まえている“影”に釘を3発打ち込んで救出することに成功しました。

そのままの勢いで潮がオリジナルを奪還、さらに危険を承知でヒルコ様と周りの“影”に反撃を開始します。

潮が“影”を倒して道を切り開き、慎平が相討ち覚悟でヒルコ様にネイルガンを向けます。

しかし、そのタイミングで彼の後ろに祭の時にいた4本腕の巨大な影が現れ、慎平の指を全て切り落としてしまったのです。

そしてその後、4本腕の“影”が語り出したのは慎平の右目の秘密

なんと慎平の右目はいくつもの平行世界を観測でき、その観測した世界を「事実」として描写(レンダリング)するという、神の力とも言える能力を備えていたのです。

ですがそれを知っている“影”はその力を発動させないために、慎平を死なせようとしません。

彼自身「詰んだ。」と諦めかけたその時、南雲先生が銃を持って現れ慎平に向けて最後の一発を放ちました。

そして、その銃弾は“影”によって防がれてしまったものの、慎平は持っていた毒を飲み干して死ぬことができ、彼は潮と一緒に5周目へとタイムリープしていきました。

 

5周目のスタートは南雲先生に「君はタイムトラベラーだ」というところからです。

続きが木になるところではありますが、この第5巻はここで終わってしまいました。

 

まとめ

この記事では見どころとして3つのシーンを取り上げましたが、正直この巻全てが作品全体の見どころといっても大げさではないので、まとめるのにかなり苦労してしまいました。

しかしやっぱりいくら文字で書いても、この巻の魅力全ては決して伝わらないと思います。

ぜひ実際に単行本を手に取り、気になるところをなんども読み返したり、これまでの巻を引っ張り出してきて伏線や繋がりを再確認してみてほしいです。

 

さて、次巻はいよいよ慎平の5周目が始まりますね。

4周目に得た情報はかなり役に立つことでしょう。

“影”に一矢報いることができるのか、楽しみです。

 

『サマータイムレンダ』7巻の発売日は?

『サマータイムレンダ』第7巻は2019年8月2日に発売予定だそうです。

今から発売が待ち遠しいですね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『サマータイムレンダ』全巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください