[ネタバレ注意]『サマータイムレンダ』最新第11巻|ひづると竜之介VSシデの激闘決着!はたして生き残るのは…?

スポンサーリンク


Pocket

今回は、希望と絶望が繰り返され常にクライマックス感が漂う離島タイムリープサスペンスマンガ『サマータイムレンダ』、その第10巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

サマータイムレンダ 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

背中合わせの南雲先生(南方ひづると南方竜之介)と、その奥に前々巻で正体が明らかになったシデの姿が描かれています。

 

さて、この巻では前巻から描かれてきた南方ひづる&南方竜之介とシデの戦いに決着がつきます。

互いに能力を駆使した予想外で先の読めない展開が連続するため、かなり緊張感のあるワンシーンとなっていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『サマータイムレンダ』第11巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『サマータイムレンダ』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『サマータイムレンダ』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『サマータイムレンダ』10巻の振り返り

以下の記事に『サマータイムレンダ』第10巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第11巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サマータイムレンダ』11巻の見どころ&感想[ネタバレ]

南方ひづると南方竜之介がシデの体を壊す!

この第11巻はさっそくひづるの体を使った竜之介とシデとの戦いから幕を開けます。

潮以上の素早さで間合いを詰めて攻撃し、武器にしていたハンマーが壊されても日都神社の神宝・天沼矛で一気にシデを追い込む竜之介。

ただその後の一撃はハイネには届かず、その隙にシデにも再生されてしまいました。

そして少しの会話の後、再び攻めてきたシデに対して竜之介は天沼矛を2つに折って投げつけてからジャンプしてシデの頭に手を置き、なんとシデの“空の体”に入り込んで内側から彼の体を破壊したのです。

それによって竜之介はシデの体を素材に生まれたのですが、ひづるは肉体の限界を迎え気を失ってしまい、今度はそのタイミングで出てきた“影”のロズに乗った朱鷺子がシデに襲いかかったシーンで場面は切り替わります。

 

最初の一撃の後の会話では、しずるが竜之介を死なせてしまった時の想いを語ったり、シデの「エンディング」という言葉に含まれるハイネとは別にある目的について問い詰めたりしていました。

最終決戦感が漂う今回の戦いですが、物語としてはまだまだ明かされていない謎がたくさんあるみたいですね。

「エンディング」がどこに向かっているのか、ぜひともその最後を見届けたいものです。

 

スポンサーリンク

ひづるが命を賭して慎平に黒幕を伝える!

場面は変わって、澪と窓を追ってアランの畑にやってきた慎平と澪の“影”。

ですがそこに2人の姿はなく、その場にいたシデが言うには彼らはもうすでにハイネに食べられてしまっているそうです。

その後、澪の“影”がシデを殺し、2人のもとにやってきたなぜか瀕死の状態になっている朱鷺子から「竜之介さんを助けてあげて」と言われ、死んだ彼女の記憶を読んだ後慎平は自害して9周目のループへと進みます。

澪の“影”に運んでもらって畑に向かう途中の澪と窓を止め、ひづると竜之介がシデと戦っている虎島に向かう慎平。

しかし彼がそこについた時はもうロズと朱鷺子がシデにやられる瞬間で、なんと竜之介はすでにシデにやられてしまっていたのです。

どうやら慎平が9周目のループをしたことでシデとハイネも9周目に付いてきており、そこでシデは竜之介の戦いを8周目ですでに見ていたために全て見切って圧勝したようですね。

ただハイネは慎平が来てからは戦おうとせず去っていき、慎平は10周目のループでひづると竜之介を助けようとするのですが、もう次のループの始点では澪と竜之介のどちらもを助けることはできなくなっていました

そんな状況を受けてひづるは、慎平に「ハイネはシデに利用されているだけだ」と伝え、自分の中にいる竜之介の“影”を慎平に移して「どんでん返しちゃれ」という言葉を最期に命を落とします。

今回の戦いで慎平は潮だけでなく南雲先生も失ってしまいました。

 

ループの始点がギリギリになってしまったことで、ついにやり直しが効かないところまで来てしまいましたね…。

この一連の物語の最初から常に頼しすぎる見方だった南雲先生がいなくなってしまったのは残念でなりませんが、慎平の体に移った竜之介が今後どんな活躍を見せてくれるのかは楽しみです。

 

9周目の祭の夜、最初に会った潮の“影”と再開する!

ひづるの死から5時間後、慎平たちはシデもハイネも倒せないままこちら側の戦力だけが削られている現状に、半ば戦意を喪失しかけていました。

ただ、澪の“影”に死んだ潮が記憶だけはネックレスの貝殻に残していることを教えてもらった慎平は、ここであることに気がつきます。

それは、3周目の祭りの夜に会ったまだ何も知らない潮の“影”が、今の9周目のそのタイミングで帰ってくるということでした。

つまり、その潮の“影”に貝殻に残された記憶をスキャンしてもらえれば、8周目まで共に戦ってきた潮の“影”が復活するというのです。

そして彼らはその希望をもとに作戦を立て、いよいよ3周目に見た「エンディング」が訪れる祭の日を迎えます。

 

この第11巻は祭が始まる裏で、根津さんと慎平の体に入った竜之介が会話をしているシーンでおしまいとなっていたので、作戦が決行されるのは次巻のようですね。

これまで以上に緊迫感を伴う展開から目が離せません。

 

まとめ

勝手に南雲先生はキーパーソンだから最後まで生き残って一緒に戦ってくれると思っていたので、死んでしまうという展開はかなりショックでしたね…。

ただ、前巻でやられてしまった潮がまた復活するかもしれないという展開には胸が熱くなったので、この第11巻は感情が色々と忙しかったです(笑)

さて、毎回慎平たちが命がけでシデとハイネを倒そうとしているためにずっとクライマックスかというような緊張感が続いていますが、いよいよ祭りの日に進んだということでどっちに転んでも終わりの時が近づいてきましたね。

はたして、潮は無事に復活することができるのでしょうか?
そして、シデがハイネを利用して成し遂げようとしている目的とは一体何なのでしょうか?

まだまだ謎があり思惑が錯綜する今後の展開に期待が膨らみます。

 

『サマータイムレンダ』12巻の発売日は?

『サマータイムレンダ』第12巻は2020年11月4日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
集英社
¥660 (2020/09/29 16:53:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『サマータイムレンダ』第11巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『サマータイムレンダ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『サマータイムレンダ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『サマータイムレンダ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『サマータイムレンダ』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください