[ネタバレ注意]『SPY×FAMILY』第3巻|祝!「このマンガがすごい!2020」オトコ編第1位!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「このマンガがすごい!2020」のオトコ編でみごと第1位に輝いた「ジャンプ+」が誇るスパイ家族コメディマンガ『SPY×FAMILY』、その第3巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

SPY×FAMILY 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

表の顔は市役所事務員という公務員でありながら、裏の顔は<いばら姫>というコードネームを持つ殺し屋であるヨルさんが表紙を飾っています。

美しい佇まいですが、手に持つ武器とその先の血が恐ろしいです…。

 

〜追記〜
第4巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『SPY×FAMILY』の記事一覧

 

さて、冒頭にも書きましたが、「次にくるマンガ大賞2019」Webマンガ部門第1位に続き「このマンガがすごい!2020」オトコ編でも第1位、おめでとうございます!

本当に素晴らしい快挙ですよね。

またこの結果を受けて、『SPY×FAMILY』が連載中のマンガアプリ「ジャンプ+」において史上最速で累計100万部を突破したという偉業も合わせて達成したみたいですよ。

家族ものでほっこりしたシーンもありつつすれ違いコメディで笑いを生み、しかも登場人物がこれだけみんな魅力的…。

改めて考えてみれば要素盛りだくさんの贅沢なマンガですよね。
それらが絶妙に絡み合いこのおもしろさを生み出しているのですから、今回の快挙にも納得がいきます。

 

今回の記事では、そんな『SPY×FAMILY』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

SPY×FAMILY』第3巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『SPY×FAMILY』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『SPY×FAMILY』第3巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『SPY×FAMILY』2巻の振り返り

以下の記事に『SPY×FAMILY』第2巻の見どころをまとめています。

補欠合格ではあったものの、何とかロイドの目的の1つであったイーデン校に入学することができたアーニャ。

そして彼の次のミッションは“アーニャを優等生に育て上げる”というものだったのですが、彼は彼女の学力や言動を見てそれを諦め、その代案として彼女をデズモンドの息子・ダミアンと“ナカヨシ”にする作戦をとることにします。

しかしそのダミアンは最初からアーニャに対して見下すような態度を取り、初めは笑顔で我慢していた彼女も限界を迎え、なんと彼の顔面にパンチを喰らわせ初日からいきなり減点を受けてしまったのです。

波乱の幕開けとなったアーニャの学校生活ですが、はたしてこんなスタートで彼女はロイドのミッションを成功に導くことができるのでしょうか?

またトラブルの予感は学校だけではなくフォージャー家でもしており、ヨルさんの弟でありロイドの敵である国家保安局の秘密警察でもあるユーリが姉の結婚を知って突然彼らの家にやってくることになりました。

はたしてロイドとヨルさんはこのユーリの訪問をうまく乗り切ることができるのでしょうか?

 

それでは、さっそく第3巻のないように入っていきましょう。

 

『SPY×FAMILY』3巻の見どころ&感想[ネタバレ]

ロイドとヨルさんは弟のユーリをごまかし切れるのか?

ヨルさんの弟であるユーリを温かく迎えたロイドですが、ロイドは彼が我が家にとって害をなす存在であるかどうか、ユーリは彼が姉にふさわしい存在であるかを見極めるために内心目を光らせます。

しかしどうやら彼は姉のヨルさんに対してはどこか判断が甘くなるようで、「どうして結婚のことを黙ってたの?」という問いに対してヨルさんがした「忘れてたからです!」というちょっと苦しい言い訳もすぐに信じたようでした。

そして食事をしながらの会話の中でユーリが国家保安局の秘密警察であることを見抜いたロイドは、彼から敵国の情報を掴むために逆に信頼を得て親交を深めようとします。

酒に酔ったユーリが言い出した「今ここでキスしてみろ」という無茶振りも何とか(キスをせずに)乗り切り、夫としてヨルさんを幸せにすると宣言したところでユーリはまだ不満はありそうでしたが渋々と帰っていきました。

ただ、秘密警察という立場でありながらロイドを姉を奪った男として敵視しているユーリの存在は、今後のストーリーに大きく影響してきそうな気がします。

 

ヨルさんもそうだったのですがユーリも酒癖が悪いようで、そんな2人の掛け合いが妙にハイテンションでおもしろかったですね。

今回はロイドだけが彼の正体に気がつきましたが、ユーリが彼の正体に気づいた時はかなり重た目の波乱が起きそうな予感がします…。

 

スポンサーリンク

体育のドッジボールでアーニャは活躍できるのか!?

この第3巻の中で個人的にはダミアンとアーニャが同じチームのドッジボールクラス対抗戦のエピソードがお気に入りです。

この対抗戦に勝ったクラスには特待生になるための星がもらえるという噂がありアーニャもダミアンも張り切っていたのですが、小学生とは思えないガタイの良さを持つ相手のクラスの陸軍少佐の息子・ビルによって一気にピンチに追い込まれます。

しかしアーニャはビルの心の声が聞こえるのでどこにボールが飛んでくるかが分かり、彼のアタックを全て避けることができました。

結局それでもビルに有効打は与えられずアーニャたちはそのまま負けてしまったのですが、ダミアンがアーニャを庇うシーンがあったりと、これまでとは違った一面が見れたエピソードでした。

 

アーニャはロイドのミッションを知っているので、それに協力しようとできないなりにも一生懸命取り組もうとするのが健気で可愛いですよね。

何かきっかけさえあればダミアンとも仲良くなれる気もするのですが、今はまだもう少し先のこととなりそうです。

 

アーニャが社会貢献で星をゲット!

アーニャが勉強や実技教科で好成績を取り星を獲得するのはほぼ無理だと判断したロイドは、もう一つの道である社会貢献での星獲得を目指すため彼女を連れて親子ボランティアに参加します。

しかし彼女はさっそく花瓶を割ってしまったり仕事を放り出したりして、ボランティアですらクビになってしまいました。

2人して肩を落として帰ろうとしたその時、何とアーニャがプールで溺れかけている少年の思念をキャッチして自らそのプールに飛び込んで助けに行ったのです。

そのおかげで少年とアーニャは追ってきたロイドによって引き上げられ、何とか一命を取り留めました。

そして、その人命救助の功績が讃えられ、アーニャは1年生で第1号かつ最速記録更新で1つ目の星をもらうことができました。

アーニャの活躍に喜ぶロイドとヨルさんを見て「えっへん」と誇らしげな表情を見せるアーニャ。
その顔はこれまでの中で一番キラキラした笑顔でした。

 

まとめ

今回はロイドとヨルさんとアーニャの3人の絆が深まるようなエピソードが多かった気がしますね。

ミッションのための偽装家族とはいえ、時間が経つにつれて互いが互いを思い合うようになってきているので、話が進むにつれてこのまま本当の家族になってほしいという気持ちが強くなってきてしまいます。

そしてこの第3巻の最後でチラッと描かれていたのですが、どうやら次巻では1匹の“犬”がまた新しい家族に加わりそうな雰囲気がありますね。

何やら未来予知のような能力を持ってそうな犬なのですが、はたしてフォージャー家とどのような関わり方をするのでしょうか?

次巻以降の展開も楽しみです。

 

〜追記〜

『SPY×FAMILY』4巻の感想記事

以下の記事に『SPY×FAMILY』第4巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『SPY×FAMILY』第3巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『SPY×FAMILY』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
集英社
¥528 (2020/10/01 15:33:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

『SPY×FAMILY』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『SPY×FAMILY』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『SPY×FAMILY』第3巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください