[ネタバレ注意]『園田の歌』最新第3巻|園田と近野が高級リゾートホテルでも事件に巻き込まれる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、『外道の歌』に登場する「練馬区の殺人鬼」こと園田夢二が主人公の最狂公式スピンオフ『園田の歌』、その第3巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

園田の歌(3) (ヤングキングコミックス)

無表情の園田がどアップで表紙を飾っています。
その赤い瞳でなんだかこちらを見透かしているような、不気味さのあるイラストですね。

 

さて、この第3巻でも第2巻に引き続き、園田と近野は2人一緒に事件に巻き込まれることになります。

本編の方では園田は単独行動が多かったので、このスピンオフだけで描かれる彼と近野との会話劇は個人的に毎回楽しみだったりするんですよね。

 

今回の記事では、そんな『園田の歌』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『園田の歌』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『園田の歌』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『園田の歌』2巻の振り返り

以下の記事に『園田の歌』第2巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『園田の歌』3巻の見どころ&感想[ネタバレ]

近野に誘われ園田は海外高級リゾートホテルへ!

この第3巻では、園田が近野に海外の高級リゾートホテルのモニターのアルバイトに誘われたこと受けて、2人は7日間の間まだホテル以外何もない島で過ごすことになります。

そしてその島には彼ら以外にも通訳や料理人、医者も含めたスタッフ5人と、様々な国から集まったモニター11人がやってきていました。

初めはモニターとしての水質調査や人間観察、ビーチで遊んだりとリゾート地でバカンス気分を楽しんでいた園田と近野。

しかし、そんな平和な時間もすぐに終わり、彼らはさっそくトラブルに巻き込まれていくことになります。

 

優雅なリゾート地で近野はこれまでにない様子ではしゃいでいましたが、園田の方はやっぱり普段とあまり変わらないテンションでしたね。

最初にこの「リゾートホテルで7日間」という状況設定を見たときはモニター同士で何か起こるんじゃないかと思っていましたが、ここから事態は思わぬ方向へと進んでいきます。

 

スポンサーリンク

近野が復讐支援団体「朝食会」に拘束される!

1日目の夜、近野がホテルの廊下を歩いていると、突然このリゾートホテルのスタッフ2人に首を閉められて拘束されてしまいました。

この2人の正体は「朝食会」、あの本編でも活躍している「復讐支援団体」の一員でした。

そんな彼らが彼女を拘束した理由は、彼女が小学5年生の時に殺した“彼女の眼をからかってきた友達”の父親から「罪の重さを思い知り後悔させながら死なせるように」という依頼を受けたから。

ただ、その彼女の殺し方について2人が精神的苦痛か肉体的苦痛かで揉めている間に、なんとその部屋に園田が“取材”をしにしれっと入ってきたのです。

当然スタッフの1人にナイフを喉元に突きつけられる園田。

しかしそれでも彼がヘラヘラと「止めに来たわけではないので(笑)」などと言っていると、またそこに違った方向からのトラブルが発生してきました。

 

緊迫した状況なのにも関わらず余裕を見せる近野と普段通りすぎる園田のせいで、「朝食会」との温度差に思わず笑いがこみ上げてきてしまいました。

ただ、このリゾートに「朝食会」がいただけでも十分驚きなのですが、事態はここからさらに急展開を迎えていきます。

 

大型地震発生!避難した地下の先にあったのは!?

園田と「朝食会」が会話をしていると、なんとそのタイミングで大きな地震が発生し、彼らは自分たちの目的よりもとりあえず避難を優先してロビーに集まることにしました。

ただ、災害はこれだけにとどまらず、その地震が原因で発生した大規模な津波によって、彼らは迫りくる水から逃げるようにホテルの地下の避難所に追いやられてしまいます。

そしてその先にあったのは、小さな町ぐらいある広い空間と空と景色が映し出された全面液晶パネルの壁と天井、さらに地上にあったホテルと同等レベルの宿泊施設でした。

しかし、そんな設備が整っていても決して安全できる状況ではなく、通訳の人が逃げ遅れて一緒に避難できていなかったり、外の水が引くまでの1週間から10日の間絶対に外に出ることができないことなど、問題は山積みでした。

極限状態に追いやられ苛立ちを隠せないスタッフやモニターたち。

そこにさらに園田に近野、「朝食会」の2人という4人の“人殺し”もいるんですから、きっとこのまま何も起きずに全員無事生還、とはいかない気がします。

この第3巻は、参加者が3つのグループに分かれてそれぞれの建物に生活必用品を探しにいくシーンで終わっていたので、何か事件が起こるのは次巻ということになりそうです。

 

まとめ

『園田の歌』は1巻2巻が1冊で1つのエピソードが綺麗にまとまってたので、この3巻の「次巻に続く」という展開には非常にもどかしさを感じてしまいます…。

最初はてっきり参加者同士で何かトラブルがあるだけのエピソードかと思っていたのですが、「朝食会」がいたり自然災害が起きたりとかなり予想外の展開ばかりでしたね。

個人的には、この巻ではまだ園田と近野と「朝食会」の2人にしかスポットが当てられていなかったので、次巻以降で他のモニターたちがどんな動きを見せるのかが楽しみです。

第4巻の盛り上がりに期待大ですね。

 

『園田の歌』4巻の発売日は?

『園田の歌』第4巻は2020年の冬ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『園田の歌』第3巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『園田の歌』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
少年画報社
¥715 (2020/09/27 12:54:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

『園田の歌』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『園田の歌』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『園田の歌』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください