[ネタバレ注意]『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』第2巻|RTで炎上に加担したSNSユーザーに法律の裁きを!

Pocket

今回は、SNSトラブルやネット炎上から被害者を救い加害者に制裁を下す『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』、その第2巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~ 2 (黒蜜コミックス)

忙しそうに電話対応をしている彼女は、弁護士の業務を補助する職業“パラリーガル”の加賀見あかりです。

仕事はしっかりするものの言動にやや適当な一面が見える保田先生とは、いいバランスが取れている相方的存在となっていますね。

 

〜追記〜
第3巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『しょせん他人事ですから』の記事一覧

 

さて、この第2巻からは「双子アイドル歌手炎上編」が幕を開け、SNSで炎上してしまったアイドルが保田先生の元にやってきます。

今回も「アイドルの炎上」や「SNSでの過剰な誹謗中傷」など現実でも起きている出来事を彷彿とさせるような内容で、被害者の苦しみがよりリアルに伝わってきました。

呟いている方は軽い気持ちで叩いているようですが、彼らの情報開示請求が届いて初めて自分がしてしまったことの愚かさに気づき反省する姿はなんとも哀れでしたね…。

 

今回の記事では、そんな『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』の第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『しょせん他人事ですから』を無料で読む方法!

文字だけでなく『しょせん他人事ですから』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「マンガPark」でも公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガPark」をインストール

また、巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『しょせん他人事ですから』第2巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『しょせん他人事ですから』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【半額クーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事には上記以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『しょせん他人事ですから』1巻の振り返り

以下の記事に『しょせん他人事ですから』第1巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『しょせん他人事ですから』2巻(6話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

双子アイドル歌手が身に覚えのないいじめ動画で炎上!?

第2巻の依頼者は、「ヌーヌー」という“ハンサム&キュートな双子アイドルユニット”の兄であるリオです。

この2人は最近、事実無根の自分達の中学時代のいじめ動画がSNSで流出&拡散されたことによって、酷い炎上被害を受けていました。

そんな状況に対処するため、リオは保田先生に「まとめサイトの削除要請」と「つぶやきを拡散(RT)した3万人以上のアカウント全ての特定」の依頼しにきたみたいですね。

その相談に保田先生は「お金も時間も相当なものになる」と伝えたものの、「金が尽きるまでやる」と言葉を返すリオ。

結果的に特定は時間との兼ね合いで100アカウントに絞られましたが、それでもここから大量のSNSユーザーを相手にした先生たちの大仕事が始まることになります。

 

依頼の過程で2人のフェイクニュースが拡散されていく様子が描かれていたのですが、大半が面白半分や話題性だけでRTを行なっていました。

もともとファンだった人がショックを受けて拡散するのならまだわかるのですが、彼らに興味のなかった人たちまでが飛びついてRTしているのは意味がわかりません。

ただ、現実世界でも「関係のない人」や「実害を受けたわけじゃない人」がRTしているのをよく見ますし、もはやほんの些細なきっかけさえあれば誰でも炎上してしまうんでしょうね。

今は誰もがリオのように情報開示請求を簡単にできるわけではないので、法整備が今以上に進むまで炎上する側にもさせる側にもなりたくない、ならないようにしようと改めて思えました。

 

誹謗中傷や炎上に加担した人たちが追い詰められていく!

100アカウント分の情報開示請求を行なってから2ヶ月後、ようやく先生の事務所にSNSの開示データが届きました。

そしてリオもそのタイミングで記者会見を行い、「動画がデマであること」と「情報開示請求を行う」ことを公言します。

すると彼の元には炎上に加担した人たちからの謝罪のメッセージが届き始めたのですが、彼はそれでも一切手を緩めようとはしませんでした。

そこから、意見紹介が届いた人たちには家族にバレたり怯えながら対策を調べたり、誹謗中傷していた人たちを晒し上げる人たちによって逆に炎上させられたりと、様々な制裁が下ることになります。

中でも会社のパソコンから炎上に加担していた50代のおじさんは、会社の人にアダルトな女優好き全開のアカウントがバレるという恥ずかしすぎる事態まで陥っていました。

このおじさんに関しては、自業自得ではあるものの身バレや“その後”のことも含めると可哀想に思えるくらいネットのおもちゃにされるような制裁を受けているので、何をされたのか気になる方はぜひご自身で読んでみてください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『しょせん他人事ですから』第2巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

最近になって誹謗中傷に対する情報開示や慰謝料請求などのニュースをたまに目にするようになりましたが、きっとこれらは氷山の一角なんでしょうね。

芸能人に限らずYouTuberや一般人までもが日常茶飯事的に炎上し、そのほとんどが泣き寝入りをしているとなると、なんだかやるせない気持ちになってきます。

理想を言えば、今後もっとネット上でのトラブルに対する法が厳罰化されるなどして、誰もが殺人や窃盗を犯さないのと同じくらい「やってはいけないこと」という認識が広まればいいですよね。

その第1歩目として、多くの人がこのマンガを読んで「誹謗中傷をしたり無意味に炎上させたりするとどうなるのか」というのを学ぶのもアリだと思います。

ちなみに、今回の「双子アイドル歌手炎上編」はこの巻では終わらず、事件の一件落着は次巻へと持ち越しになります。

ラストでは「ヌーヌー」の妹であるリホが“中傷した人を中傷する人”が現れ出している現状に対して「情報開示請求をやめたい」と保田先生に電話するシーンが描かれていました。

はたして、「ヌーヌー」の2人は自分達に対する誹謗中傷に対してどのような決断を下すのでしょうか?

次巻の展開にも注目です。

 

〜追記〜

『しょせん他人事ですから』3巻の感想記事

以下の記事に『しょせん他人事ですから』第3巻の見どころをまとめています。

合わせてごらんください。

 

以上、『しょせん他人事ですから』第2巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『しょせん他人事ですから』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『しょせん他人事ですから』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『しょせん他人事ですから』は無料マンガアプリ「マンガPark」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガPark」をインストール