[ネタバレ注意]『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻|狂気の殺人鬼との決着が描かれ物語は新たな“過去の事件”へ!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、50人もの死者を出した病院内連続変死事件の犯人との直接対決、そして“洗脳の傀儡師”が相手となる3つ目の事件へと挑む『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査 3 (少年チャンピオン・コミックス)

下着姿の学生たちの中に1人だけ制服を着て笑みを浮かべている青年。

彼こそが五代が挑む3つ目の“過去の事件”「練馬区監禁連続殺人事件」の犯人である「幸坂潤之介」です。

この巻から始まる彼の事件に関するエピソードは、これまでの2つとは少し違ったスタートから話が進んでいくので、より一層先の読めない展開が描かれていました。

真犯人が明らかになった前巻から続く「病院内連続変死事件」の決着も合わせて、今回もかなり緊張感と読み応えのある1冊となっていましたよ。

 

 

今回の記事では、そんな『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』の第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』を無料で読む方法!

文字だけでなく『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「マンガBANG」でも第2巻まで無料で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガBANG」をインストール

それ以降のエピソードが気になる方や巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事には上記以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』2巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第2巻の見どころをまとめているので、まずはこちらからご覧ください。

 

スポンサーリンク

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』3巻(8話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

病院内連続変死事件の“真犯人”と直接対決!

この第3巻は前巻の最後、「病院内連続変死事件」を起こしていた犯人が看護師の舞城静香ではなく、患者として入院していた赤江はるというお婆さんだったことが明らかになったところから幕を開けます。

どうやら彼女は製薬会社の研究員として働いていた経験をもとに作った自作の毒薬を納得のいくものに仕上げるために、まさに“人体実験”として院内の患者を次々と殺し回っていたようですね。

そして最後には「子どもたちとの時間を邪魔してきてムカつくから」という理由で、自殺の末に未来で犯人とされている舞城に罪を被せる計画を立てていたようです。

そんな彼女の犯行を目の前で暴いて見せ、ペラペラと語り出した彼女の自供をゲーム機で録音することに成功した五代。

しかしそんな彼を前に「強力な筋肉増強剤を毎日飲んでいる」と言う赤江は、お婆さんとは思えない気迫と力でどんどん小学生の姿をした五代を追い込んできます。

はたして五代はやっとの思いで突き止めた真犯人を捕らえ、無事に現代へと戻ることができるのでしょうか?

予想外のラストを迎えるこのエピソードの結末は、ぜひご自身で読んでみてください。

 

五代が次に挑む鬼畜殺人鬼は“洗脳の魔術師”!

現代に戻ってきた五代が次に挑む過去の事件は、2011年に発覚した「練馬区監禁連続殺人事件」です。

これは犯人の幸坂潤之介という男が、幼い子供も含めた2家族を監禁し計9名を無惨に殺したという事件のようですね。

ただこの事件の“胸糞悪さ”は、その幸坂の殺し方にありました。

なんと彼は言葉巧みに被害者家族に付け入って1人ずつ懐柔していき、暴力で彼らの生活の全てを管理し“洗脳”した後に、被害者に自分の家族を家族を殺させるよう命令し実行させたのです。

そんな事件を起こした幸坂につけられた殺人鬼名は“洗脳の傀儡師”。

まさに鬼畜でサイコパスな彼の犯行を止めるため、五代はまた覚悟を決めて飛高警視正の超能力で過去へと送られていきます。

 

五代が送られた過去はまさかの殺人鬼の高校時代!?

五代が過去に送られることになり、今回も僕は今まで通り上記の監禁殺人事件の被害者のうちの誰かと意識だけ入れ替わって事件を防いでいくものだと思っていました。

しかし過去に送られた五代が目を開けると、どういうわけか彼は教師として教壇に立っていたのです。

ちなみに事件の被害者の中に教師はいなかったため、困惑しながらも日高が間違って別の事件の過去に送ったのだと考える五代。

そんな彼の耳に聞こえてきたのは、なんと学生時代の幸坂潤之介の声でした。

ただ、幸坂が逮捕されたのは彼が40代の頃のことで、起こした事件も彼が学生時代から継続して実行していたようなものではないはずです。

つまり五代は自分が未来で把握していない事件で幸坂に殺される“この教師”の立場から、これから彼が起こすなんらかの犯行を阻止しなければならないというわけです。

この第3巻では「ある1人の女子生徒の事故死」を手がかりに、幸坂のいる学校の状況を把握していくところまででおしまいとなります。

ただその過程で幸坂の怪しい一面もいくつか出てきていたので、今後の展開に備えてその内容が気になる方はぜひご自身の目でチェックしてみてください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回から始まった3つ目の事件のエピソードは、これまでとは違い成人男性の体なので捜査はしやすそうですが、犯人の情報がない時代に飛ばされるのは予想外でしたね。

相手の幸坂も“洗脳”を得意とし他人を操って自分の手を汚さずに犯行を行うだけに、一筋縄ではいかなそうです。

ただ、この時代で五代が彼が起こす何かしらの事件を防ぐことができれば、そもそもこの先の未来で監禁事件自体が起こらず被害者も生まれないということですよね?

学生時代の幸坂によって世間に知られることなく殺されていた被害者たちを救うためにも、彼には一刻も早く幸坂の化けの皮を剥がしてほしいものです。

次巻以降の彼の活躍に期待が高まります。

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』4巻(12話〜)の発売日は?

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第4巻は2023年4月7日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

 

以上、『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』はマンガアプリ「マンガBANG」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガBANG」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『サイコ×パスト 猟奇殺人潜入捜査』第3巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース