[ネタバレ注意]『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第5巻|夏期講習に合宿に、受験生最後の夏休み!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、既刊全巻が大増刷されるほど話題と注目を集めているリアル中学受験マンガ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』、その第5巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (5) (ビッグコミックス)

この第5巻は夏休み真っ最中ということで、黒木先生と佐倉先生のバックにも夏らしい青空が描かれていますね。

 

〜追記〜
第6巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』の記事一覧

 

夏期講習に入り、生徒だけでなく保護者に受験の心構えを説明するシーンも合ったこの第5巻。

読んでいると実際の塾でも言われていそうな耳の痛くなるような言葉も、黒木先生の口からたくさん言われていました。

そういった意味でも、さすがリアル中学受験マンガだと思います。

 

今回の記事では、そんな『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』4巻の振り返り

以下の記事に『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第4巻の見どころをまとめています。

成績トップの生徒である島津くんが夏期講習を無断でサボり朝から行方不明になるという事態から始まった第4巻。

受験も山場を迎え、ここからメンタル面などのナイーブな部分に触れるエピソードも多くなってくるのでしょう。

また、黒木先生が密かに行なっている塾外での活動を佐倉先生が知ってしまうというシーンもあり、彼の抱えている秘密ももうすぐ明らかになっていきそうな予感がします。。

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』5巻の見どころ&感想[ネタバレ]

学年最下位の王羅くんが塾に来る理由とは?

この第5巻でいよいよこれまでちゃらんぽらんな姿しか描かれてこなかった学力6年生最下位の王羅くんにスポットが当てられます。

塾に来ても勉強をしようとはしないのに、なぜか毎日塾には顔を出す王羅くん。

実は彼の家は母子家庭であまり裕福ではなく、他の友達が遊んでいるようなゲームやカードを持つことができずに、同学年の輪に入ることができていませんでした。

それでも「塾には自分の居場所がある」、そういう気持ちだけで塾に顔を出していたようですね。

しかしそれでも集団塾でおしゃべり等で周りの生徒に迷惑をかけていることには違いないため、黒木先生は彼を集団塾から退塾させて系列の個別指導塾に回すという対処をしました。

ただ、彼のようなタイプの子にはマンツーマンで先生が指導してくれる個別指導の方が合っている気がします。

塾が変わってしまったので今後彼が登場することはなさそうですが、どうかこのまま子供らしく、それでいて勉強も頑張っていってもらいたいですね。

 

黒木先生が保護者に中学受験の厳しさを伝える!

夏季合宿を控えたある日、その合宿について塾生の保護者たちへ向けたガイダンスが開かれます。

しかし、そこでまず黒木先生が保護者の皆さんに伝えたのは、合宿のことではなく今後の受験に対する心構えについてのお話でした。

彼はいきなり「夏休み明けの模試で第一志望との偏差値の乖離が15ポイント以上なら、その時点でその学校を諦めてください!」と目標への可能性のタイムリミットを告げます。

そしてさらに子どもたちへの受験の意識付けとして「受験を『自分ごと』にさせること」が重要だと続けました。

受験まで「あと6ヶ月」という期間に対して“まだ”や“もう”といった様々な認識をしていた保護者たちに、その気持ちを汲み取った上で心構えを一新させた黒木先生。

こういった一面を見ると、勉強のことだけではない広い意味での「中学受験のプロ」だということを実感させられますね。

その後、不安に感じている保護者の皆さんへ向けてきちんと合宿へ参加する重要性の説明をしているあたりも、経営者としてプロだと思います(笑)

 

Ω選抜試験を終えいよいよ夏季合宿へ!

中堅クラスから最上位クラスの「Ω」へ上がるためのΩ選抜試験が実施されました。

そしてその結果の発表が行われた合宿初日。
なんと2名の生徒がΩクラスへの昇級を果たしたのです。

1人は前巻のOB・OG訪問をきっかけに自分の目標を持つことができた柴田さん、そしてもう1人は成績TOPの島津くんとの喧嘩をきっかけに彼とライバル関係になった上杉くんでした。

この2人はこれまでのエピソードで家庭環境や受験に対する心境なども描かれており、すっかり僕も感情移入してしまっていたのでこの昇級はとても嬉しかったですね。

しかし、合宿でいきなりΩクラスに放り込まれた2人は授業のスピードについていくだけで精一杯の様子。

またこの合宿は他校者と合同で行われているため、吉祥寺校では成績トップの島津くんも他校者の成績トップの生徒を目の当たりにしていい刺激を受けているようです。

果たしてこの合宿を乗り越えた後、生徒たちにどんな変化が現れるのか。

気になるところではありますが、この第5巻はここでおしまいです。

 

まとめ

教室の雰囲気や合宿、そして子どもたちを見守る立場の保護者など、いろんなところでだんだんと受験に対する緊張感が増してきましたね。

僕自身が塾講師のアルバイトの経験がある分、自分自身の経験や受け持った生徒のことをこのマンガの登場人物に重ねて読んでしまうことも多く、余計な気疲れもしている気がします(笑)

そして次巻では長かった夏期講習も終わり、いよいよ第一志望を諦めるかどうかの瀬戸際となる9月の模試の結果までが描かれるそうです。

果たして生徒みんなが第一志望を狙える県内まで学力を伸ばせているのか?

楽しみでもありつつ、少し不安にも感じてしまいます。

 

〜追記〜

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』6巻の感想記事

以下の記事に『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第6巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!