[ネタバレ注意]『憂国のモリアーティ』最新第14巻|モリアーティとホームズの長き因縁に終止符が打たれる!

Pocket

今回は、物語の根幹となる“犯罪卿”モリアーティと“名探偵”ホームズの因縁についに区切りがつく、『憂国のモリアーティ』第14巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

憂国のモリアーティ 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ホームズも頼りにする、ベーカー街のストリートチルドレンによって構成されている「ベーカーストリート不正規隊イレギュラーズ」の隊長であるウィギンズがコインを手にクールに表紙を飾っています。

 

さて、タイトルや冒頭にも書きましたが、この第14巻でこれまで描かれてきた“モリアーティプラン”が完遂となり、モリアーティとホームズの長きにわたる因縁についに決着がつきます。

前巻第13巻でウィリアムが「“最後の事件”を始める」と宣言してからこの巻が終わるまではもう怒涛の展開の連続で、徐々に高まっていく緊張感に最後の最後までドキドキしながらページをめくっていました。

はたして、目的を成し遂げるのはモリアーティかホームズか。
衝撃のクライマックスをぜひご覧ください。

 

今回の記事では、そんな『憂国のモリアーティ』の第14巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『憂国のモリアーティ』第13巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『憂国のモリアーティ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『憂国のモリアーティ』第13巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『憂国のモリアーティ』13巻の振り返り

以下の記事に『憂国のモリアーティ』第13巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第14巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『憂国のモリアーティ』14巻の見どころ&感想[ネタバレ]

ウィリアムの死をめぐりそれぞれの想いが錯綜する

“モリアーティプラン”の最後として1人死を選ぶ決断をするウィリアム。

しかし、この考えはアルバート達と計画を始動した当初から1人覚悟をしていたことでもあったのです。

そのことに気付いたアルバートやルイスは怒りを隠せない様子でしたが、それぞれウィリアムの気持ちに応えるために自身の考えのもとで動いていました。

一方、女王からウィリアムの逮捕の勅命を受けたホームズもまた、彼を死なせまいと行動を開始していきます。

 

ウィリアムの仲間たちもホームズも、みんながウィリアムのことを大切に思っていることが伝わってきますね。

また、ホームズはウィリアムを友達だと認識しているのですが、ウィリアムもまた彼に信頼をおいているということがさまざまなシーンから伝わってきました。

 

ウィリアムがホームズに手紙で伝えたかったこととは?

さて、ウィリアムから最後の対決の場が書かれた手紙の他に、貧民街の住所が書かれた手紙をもらったホームズ。

早速彼がその場所へ行くと、そこにはウィリアムの遺書ともとれるホームズにあてた手紙が隠されていました。

その手紙を読んで、ずっと「自分と同じ気持ちで、自分のことを本当の友達だと思っていてくれていた」ということに改めて気付いたホームズは、より一層ウィリアムを救う決心を強くします。

 

ウィリアムからのホームズへの本音が書かれた手紙や、アルバートの回想で彼が初めから1人死ぬ計画であったことが描かれているシーンは、やはり切なくなってしまいましたね。

また、作戦決行前にアルバートやモラン大佐もそれぞれの想いを胸に覚悟を決めるシーンもグッとくるものがありました。

 

ついにウィリアムとホームズが直接対峙する!

作戦が始まると、ロンドンではウィリアムの策略によって至る所で火事が起こっていました。

そして市民や貴族たちはそれを実行したのが犯罪卿だと認識すると、当然のようにモリアーティ家に怒りの矛先を向けます。

しかし、その前に火を消し止めることが最優先です。
そうしなければ、市民は生活を奪われてしまいます。

火が出ているロンドン塔は王室のもので、人も住んでいません。
しかし、ロンドン塔の火を消し止めることが出来なければ貧民街へと火の粉が及びます。

そこで、市民と貴族たちは協力し合って消火活動を行います。

ある程度、消し終わったところで、タワーブリッジにモリアーティとホームズがいることに気付く英国民たち。

彼らは2人の対決を見守っていましたが、しばらくして2人はタワーブリッジからテムズ川へと落下してしまったのです

その後、捜索が行われたものの2人の姿が発見されることはありませんでした。

それから月日は流れ、アルバートは女王陛下の許しがあるにもかかわらず自身の幽閉を望み、ルイスはアルバートが就いていたMI6に就くことを決めていました。

 

まるで最終巻のような展開と切なさが散りばめられていた巻でした。

特にタワーブリッジでのウィリアムとホームズの対決のシーンは本作全編を通しても1番の見どころと言えるでしょう。

しかし、最後の1ページでやはり2人が生きているであろうことが匂わせられており、物語は新たな章へと続いていくようです。

今後の展開にますます期待が膨らむ1冊でした。

 

まとめ

モリアーティとホームズの対話が多く、お互いに信頼していたことが明らかになりました。

ライバルでもあり友達でもある。そんな新たな2人の関係性もよかったですね。

これから先、ホームズとおそらく生きているであろうウィリアムの2人がどのような道を歩んでいくのか楽しみです。

 

『憂国のモリアーティ』15巻の発売日は?

『憂国のモリアーティ』第15巻は2021年8月4日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
¥528 (2021/07/27 21:46:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『憂国のモリアーティ』第14巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『憂国のモリアーティ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『憂国のモリアーティ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『憂国のモリアーティ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『憂国のモリアーティ』第14巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください