[ネタバレ注意]『桃太郎殺し太郎』第2巻|鬼子・ロクロウに桃太郎が率いる“剋鬼隊”の脅威が迫る!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、鬼が存在する世界で“桃太郎”と“桃太郎殺し”による人間同士の戦いが繰り広げられる『桃太郎殺し太郎』、その第2巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

桃太郎殺し太郎 2 (ヒューコミックス)

“御三家”と呼ばれる“正統桃太郎役”の面々の前に覚悟を決めたような表情で立っているのは、犬飼家の”桃太郎役”である犬飼静三郎に支えていた春川七郎という女性剣士です。

彼女は前巻で“桃太郎殺し”のロクロウに殺されてしまった静三郎の仇を討つために、自ら地獄の道を歩んでいくことを決心していました。

鬼側の主人公をロクロウとするなら、七郎はいわば人間側の主人公ですね。

今はまだ力不足で修行を続けている彼女ですが、ここから剣術を磨き上げて仇であるロクロウに対しどんな戦いを見せてくれるのかが楽しみです。

 

今回の記事では、そんな『桃太郎殺し太郎』の第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『桃太郎殺し太郎』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『桃太郎殺し太郎』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『桃太郎殺し太郎』第2巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年4月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『桃太郎殺し太郎』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『桃太郎殺し太郎』1巻の振り返り

以下の記事に『桃太郎殺し太郎』第1巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第2巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『桃太郎殺し太郎』2巻(6話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

人間界の総力を結集した“剋鬼隊”が結成される!

この第2巻は、前巻でロクロウと戦った雉子宮家正統桃太郎役の雉子宮源一郎の元に、猿飛家正統桃太郎役の猿飛千太郎が話をしにやってくるところから幕を開けます。

2人は桃太郎役の1人を討ち取り源一郎に深傷を負わせた“桃太郎殺し”についての情報を共有した後、改めて相手を恐るべき事態を引き起こす敵として認識しました。

そしてその事態に対応するために千太郎が提案したのが、1000年ぶりとなる御三家合同による“対鬼特化部隊”「剋鬼隊」の設立です。

御三家にいる正当桃太郎役と準桃太郎役、それから全桃太郎候補者から各家の達人や豪傑衆も結集させた「剋鬼隊」は、まさに人間界の総力を結集した軍団となります。

そんな彼らが鬼と1人の人間である“桃太郎殺し”を討ち取るため、武力を整え鬼界へと乗り込んでいきます。

 

人間であるロクロウをめぐって鬼の間で意見が対立!?

人間たちが「剋鬼隊」を結成している一方で、鬼たちの間では鬼同士による対立が起きていました。

どうやら鬼たちの中には人間に助けられることに強烈な拒否感を抱いている若手集団がいるようで、彼らはロクロウがこれからの人間との戦いに混ざっているのが許せないようですね。

そんな彼らは初登場時からいきなり一緒にいたロクロウとガムジンに奇襲をしかけてきて、普通の人間ならバラバラになってしまうほどの威力で容赦無く彼に斬り掛かってきたのです。

しかしロクロウは盛大に吹っ飛ばされはしたもののその攻撃自体は刀で防いでおり、落下の衝撃もうまく散らしたことで大きなダメージにはなっていないようでした。

その後、あの攻撃を耐えて生きて戻ってきただけでなく桃太郎役の犬飼静三郎の首を持ってきたことにより、若手の鬼たちからも「利用価値がある」と認められたロクロウ。

そして彼は迫る「剋鬼隊」の脅威に対し、頼もしい戦闘力を持つ鬼たちと共に彼らを迎え撃つことにします。

 

桃太郎役率いる人間と鬼たちの決戦が幕を開ける!

互いに戦いの準備を進める中で、先に攻撃を仕掛けてきたのは桃太郎役が率いる「剋鬼隊」の人間たちでした。

彼らは鬼たちが暮らす集落の1つに真正面から攻め入り、彼らを全滅させた後でそこを今後の戦いの拠点にしたのです。

しかし鬼たちもそこから後手に回るようなことはなく、夜になってから500を超える鬼たちが集落を取り囲み、ロクロウが単騎で隊員を討つという連携戦術を仕掛けていきます。

この第2巻では、集落に入ったロクロウを「鳥獣を自在に操る能力」を持つ猿飛千太郎が操る犬と彼が率いる侍や忍が取り囲み、ついに戦闘が開始されるというところまででおしまいとなります。

はたして、桃太郎役と鬼、互いの尊厳をかけたこの大戦で勝ち旗を上げることになるのは一体どちらなのでしょうか?

次巻の激闘に期待が膨らみます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は桃太郎側と鬼側の戦いは少なく、それぞれが大戦に備えるようなエピソードがメインでした。

上記の見どころでは桃太郎役とロクロウの行動を中心に紹介しましたが、他にも魅力的なキャラがたくさん登場しており、次巻以降での彼らの活躍も楽しみです。

特に表紙にもいる七郎はなりふり構わず強さを求めた結果、最後のページでかなり強そうな雰囲気を出していたので、どんな成長を遂げているのか期待ですね。

とにかく次巻からは本格的に「桃太郎VS鬼」の戦いが始まりそうなので、それを最大限楽しむためにも重要なシーンが多いこの巻にはぜひ目を通しておいてほしいです。

「今すぐ読みたい!」という方は以下の記事にこの『桃太郎殺し太郎』第2巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

『桃太郎殺し太郎』3巻(14話〜)の発売日は?

続く14話以降が収録された『桃太郎殺し太郎』第3巻は2023年9月4日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

created by Rinker
¥748 (2024/04/15 14:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『桃太郎殺し太郎』第2巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『桃太郎殺し太郎』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥673 (2024/04/15 14:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

『桃太郎殺し太郎』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『桃太郎殺し太郎』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『桃太郎殺し太郎』第1巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース